磨き続き
0

    とにかくひたすら磨きます、現在ピカール使用中。
    ただ磨くだけなので、youtubeとかDailymotionでアニメ見ながらやってます。
    出来ればビルヌーブの映像見ながらがいいのですが、変な音楽でアレンジされていていまいち見る気が起きません。やはりレース映像でないと‥。
    カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ジョーシン模型コンテスト
    0
      先日、日本橋のキッズランド本店に寄ると、第2回模型コンテスト開催との事。
      良いタイミングなので、フジミの126C2を出す事に決めました(今回はタミヤ以外も出品大丈夫)。

      せっかくなので研ぎだしてピカピカにしようと思い、しこしこ磨き始めたらコクピット横のカウル部分にヒケがあることを発見。


      画像ではあまり分かりませんが実物を見ると分かります、裏面の成型がひびいていたようです。
      突貫工事で製作したのでザッとしか処理してなかったんですね‥、みなさんもこの部分はしっかり下地を作りましょう、目立ちます。
      カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 01:12 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      日本一早い、フジミ126C2完成!’07。
      0
        完成しました!





        といっても、ダンパーやリアウィング、エアダクトなど時間切れな部分はそのままです。
        気になるウィンドスクリーンの厚みは裏からふちが薄くなるように削ってやります(BT50やMP4/5Bのウィンドスクリーンみたいな感じ)そうすると薄く見えます(屈曲率もそれほど気になりません)その後、1500番まで磨き、裏からクリヤーブルーを吹くと透明になりよい感じになります(研ぎ出しの要領です)
        組立ては本当にスムーズに行きます。ですが、細かいパーツを付けていくと最後のさいごで干渉し始めます。
        J16はロールバーステー基部と干渉するので後ろ部分を削っておく、H5とH6は全体的にはめ込みがキツイ&上部が干渉するので塗装する前にゆるゆるぐらいに削っておくと良いと思います。あとはD10これも大幅に干渉するので今回は付けていません。ここらへんを気を付ければ良いのではないでしょうか。

        全体的にノーズ以外は120点なキットでした。細かい事を言えばなぜタイヤ接合部が四角なのかとか、しょぼいラジエーター、モノコック内部をもうちょっと‥とかありますが、1日あれば組める非常に組みやすいキットなので是非とも組んでみる事をオススメします、目からうろこですよ!

        最後に、主な良い所と改善してほしい所を‥。

        良い所
        エンジン周り

        126以外のなにものでもありません、恐ろしくカッコいい。ここ眺めてるだけで一日つぶせるぐらいです。やはりF1はエンジン付きだなぁ‥とあらためて思いました。
        足回り

        ステアリングはジャンクパーツからもぎってきたのでアレですが、このディスクといい非常にこだわっています。また仮組みの際パーツ穴がきつめなので、バラバラにならないのはすばらしいと思います。スナップフィットではない大人向けのこういった配慮は今後も是非していただきたいです。
        エアダクト
        今回はブラックでしたが、なんとこれ無垢の成型です。今後どうするんでしょうねー、楽しみです。

        改善してほしい所
        フロントノーズ

        やはり太いです。ノーズコーンとモノコックを合わせてみましたが、こんなに左右空きができるのか?資料も他のキットもほぼ面イチかちょっと出っ張るぐらいなのに‥。この部分はよほどの上級者でもない限り修正不可能なので残念な所です。
        タイヤ

        まず素材が最悪です。樹脂が流れる際の波紋のような線が出ています。そしてタイヤ剥きしようとするとベトベトし始めます。ゴミその他をすべてくっつけるのでたちが悪いです(ただこれはタミヤでもたまにあるので一概には言えませんが)あとは形状ですね、本物っぽくないです。

        とりあえずこんな所でしょうか。
        しかし今回はなんとブログ閲覧数が倍以上!このキットの注目度はすごいですね。フジミさん今後もガンバッてくださいねー、期待しています!

        カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 19:10 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
        日本一早い!?フジミ126C2エンジン塗装’07。
        0


          仮組みだけでも出来のよさを表していたエンジン‥、塗装しました。
          ‥!!スゲー、こんだけかっこよくなるエンジンは見たことありません!!

          塗装はBT46の時に試したミラークロームを使用。その上からエンジンはシルバーとゴールドを混ぜた物、エキゾーストは焼けをブラックやブルーでウェザリングしてからフラットブラックとクリヤーオレンジを混ぜクリヤー茶色?にしたものでそれらしく吹いてやりました。湿度が高くカブってしまったのですが、それが逆にエキゾーストっぽくなったので大成功です。
          あとは、43モデラーならお約束のプラグコード(ヒロのパイピングコード0.4mmとテグス3号0.285mm)や結束ベルト(0.1mm洋白板1mm切り出しと電球コードをほぐした銀線)を2〜3やりました。

          本来密度を出すには(特にターボエンジン)もっとゴチャゴチャやらなければいけないのですが、このエンジン、素組みで質感をしっかりだしてやれば十分です!
          見ほれて1時間ぐらいぼけーっとしてしまいました。
          カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 14:13 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
          フジミ126C2、明日も続きます!
          0
            予定だとボディー以外は無塗装で完成にする予定だったのですが‥、明日も休みだったー(おじいさんおばあさんありがとう)
            という訳で、エンジンも全て塗装して完成させます。
            ベルギーGPも見ずに三日三晩作りまくり、模型界の阿部定となります!

            そんな訳でコメントは明日返しますのでよろしくお願いします。
            カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            (今の所)日本一早い!?フジミ126C2キット塗装’07。
            0
              頑張りまして、カウル塗装まで行きました。


              ボディ形状はともかくとして、表面もきれいでスーピタッと合いは抜群、バリもほとんどないのでとても気持ち良いです。
              ただカウルのふちやNASAダクトの処理が不満。全てが厚いので薄々にします。タミヤだとこういう所は確実に処理しているので一考の余地ありです。
              使用したのはクレオスのモンザレッド、この頃はこんな感じの明るい赤だったと思います(昔Mrクラフトでみたフェラーリのノーズコーンもこんな感じだった)
              今回特筆すべきはデカールです。カルトグラフではないのでどうなるかと思いましたが思ったより良いです。タミヤもそうですが最近のデカールはクリヤーにも強いし非常にレベルが向上しています。
              だからこそ逆にカルトグラフのすごさが分かります(余白がないとか発色のよさ、版ズレがないなど)5年後ぐらいには追いついてほしいですね。

              ほかに気づいたことは、組み方によってパーツA5とA8がモノコックと干渉します。

              ロールバーが通る部分も少し引っかかります、また前側の出っ張り部分も塗膜が厚くなるにしたがって干渉してきます。この部分はしっかり削っておくといいです。

              続く
              カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 15:55 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
              日本一早い!?フジミ126C2キットレビュー’07。(MG風)1
              0
                とうとう購入しましたフジミの126C2!
                日本橋のジョーシンで購入(予約出来た)、14日の13時には入荷の電話がかかって来たので仕事帰りに寄って来ました。
                おそらく出ないだろうとまで言われていた物なので、現物を手にするまでは半信半疑だったのですが‥、いやいいですね、何年ぶりの1/20プラキット新作でしょうか!

                とりあえず現在製作中なので写せる所だけアップします。
                1.ボディー
                発売前の画像で言われていた事ですが、やはりノーズが太い、というか断面にした時の円弧が大きすぎるというか‥。ただ改めて実車画像と見比べると同じと言えなくもない。意見が分かれる所です。
                2.エンジン

                何がすごいって、これですよ!私はもっとチャチいのを想像していたのですが‥!
                このキット、パーツを眺めるだけでなく組んでみると本当の凄さが分かると思います。これを機会に今までのマイナスイメージを是非脱却してほしいです。

                今はとりあえずこんな感じです。明日へ続く
                カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 21:44 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
                << | 2/2PAGES |