モデラーズフェスティバル2017に参加予定&アニメ録画記
0

    今年も大阪南港で開催されるモデフェスに参加いたします。
    開催日は11月4・5日とありまして、今回は4日に参加致します。
     
    出品物、F1はタミヤ1/20ロータス79と、フジミ1/20フェラーリ248F1、オートモデラーの集いでリクエストがあったタミヤ1/20ティレル020テストカラー。


    自動車は、ハセガワのカストロールセリカとタミヤのセリカGT-R(ST185の形のです)を持っていきます。

    それと名古屋の師匠しょーじさんが「作例のCB400SFとGSX400Sカタナと一緒に並べるから!」と言う事で、GSX400Sカタナを置く予定です。
     


    アニメ録画、2017秋期は、

     

    鬼灯の冷徹 2期
    キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series
    妖怪ウォッチ
    スナックワールド
    RWBY VOLUME5

     

    今年からは、視聴でなく録画になってしまいました。
    ラインナップも今までの方向ではないですね、血は争えないという事でしょうか(笑)
    僕はかろうじてRWBY VOLUME5を見ています。
     

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 08:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    第5回関西オートモデラーの集いに行く
    0

      毎年恒例になった関西オートモデラーの集いに行って来ました。
      今回は定刻に間に合いました。

       

      同日、8月26・27日に浜松でバイクモデラーズミーティングがあり、若干オートバイ関連が少なかった様に思います。

       

      ブロックタイヤは自作です!実際に手を動かして形にしてしまったのが凄い。

       

      今年の静岡ホビーショーでの衝撃作品、ルーフが可動するロードスターが展示されていました。

      可動のスイッチ押しました、もう言葉が出ません…。

      雅ビルヌーブさん、SLS AMG GT3。

      エンジンの実車感を出したり、スケールに合った表現方法は、ある程度のレベルを超えたらセンスが左右すると思います。

       

       

      F1は、かなり昔に見た事があるものもありました。

      展示会は新作だけでなく色々な作品が出品されるので、デカールの劣化や、クリヤーのひび割れ、カウルの変形等、経年変化の考察にも参考になります。

      93年からナロートレッドになりますが、weveのティレル020Cはフロントサスをそのまま使用しているのでタイヤが細くなった分リヤが狭くなるんです。

      言われるまで気がつきませんでした、流石です。

       

      最後に僕が置いた卓です。
      Ken-1さん、かっぱコーヂさんの作品は横綱相撲ですね。HIGH-GEARedさんのMR2シリーズは、とうとう名前の由来になったメカドックVerが登場。カーモデラーCHi~さんのフル開閉オールドフェラーリ、EX9 modelさとしさんの美しいボディラインのバードケージ75と、常に人だかりがありました。

       

      そして自分です、今回も3点。

      タミヤ 1/20 マクラーレンMP4/5B

      パイピングが若干地味?でもやっとここまで来ました。

      残念ながらカウルが間に合いませんでしたが、11月に大阪南港でモデラーズフェスティバルがありますので、なんとか完成につなげます。

       

      タミヤ 1/24 ボルシェ911(993)GT2 + スタジオ27 ポルシェ911GT2  GITANES BPR'95 デカール

      珍しいのか意外と注目されてました。カラーリングもカッコ良くジタンカラーが栄えます。

       

      グンゼ 1/24 トライアンフ TR2 ルマン

      簡易版の方です。ホイールはやっぱりエッチングの方がカッコいいかも。幌が直前になってどこかに行ってしまいました(泣)

      こちらも珍しいからか、割と注目されてました。

       

      そして最後は恒例の集合写真、良いですね!

       

      今年も昼飯は新世界で串カツ、夜は焼肉(Y様ありがとうございました)心もおなかも満足な一日でした。

      帰りに寄ったトイショップで、面白いモノも仕入れる事が出来ました。

      これからも皆さまよろしくお願いします。

       

      カテゴリ:模型イベント・展示会 | 22:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      第5回関西オートモデラーの集いに参加予定
      0

        今年も参加いたします。
        タミヤ 1/20 マクラーレン MP4/5Bを持って行く予定です。

        頑張っていますが、スクリーンもミラーも未完成なのでカウルは難しいかな?
        他には
        タミヤ 1/24 ポルシェ911(993)GT2(ジタンカラーデカール使用)
        グンゼ 1/24 トライアンフTR2 ルマン
        を持っていく予定です。

         

        8月27日、日本橋ボークスの8階で開催です、よろしくお願いします。
         

        カテゴリ:模型イベント・展示会 | 07:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        和歌山プラモデル合同展示会2017に行く
        0

          和歌山プラモデル合同展示会2017、2日目に展示させて頂きました。

           

          久々にJR天王寺駅まで出て和歌山へ。
          朝食をご当地駅弁にしようと色々探したのですが、どこにも無い!?駅員さんに聞きましたら、天王寺駅ではもう無いそうです、非常に残念…。

           


          国鉄型車両も残っているし駅弁なんて何処でも買える…と思ってましたが、時代はどんどん変わっていきますね。
          阪和線もかなりの数がステンレス系新型に置き換わっていました、スカイブルーの豪快な振動を体感出来るのも、いよいよ難しくなって来ました。

           

          和歌山駅からはこちら。車内がだいぶくたびれてるなと思いつつ(勝手なもんだ…)布施屋駅で下車。

           

          会場に到着です。

           

          ゾイド、最近は塗料も進化しているので、こういった近未来系のものにきっちり塗装をすると栄えますね。

           

          なんでもシャア専用祭り

          どこを向いて走っているのか、やっと意味が分かりました(笑)

           

          バイク、今回も展示卓パワーが凄い。マニアを唸らせる車種選択等さすがでした。

           

          カーモデル、ガルパンも入っています。雅ビルヌーブさんの漫画での解説、展示手法の変幻自在さが凄いです。

           

          トラック、今年も和歌山展示会の目玉です。ちょっと見切れてますがジオラマについて同好の氏と熱く語る姿も。

           

          創作・模型コンテスト人気作。こちらも和歌山展示会の目玉です。モデラーよりも一般の方からの人気が高い様です。

           

          キャラ系。tanizaemonさんのラストオルフェンズは3日程とか!電飾やダメージ表現、ベースなどツボを押さえた作品です。

          こちらもゾイド、そして最近人気のFAG(フレームアームズ・ガール)そしてガンダム。ニューガンダムとフミナ、なに作っても上手い人は上手い。

           

          宇宙戦艦・懐プラ。こちらは思い入れ・愛を感じます。最近作るのが面白くないという人はコレを見て原点を思い出しましょう。

           

          飛行機、色々なアクションができる様だった零戦は、じっくり見てみたかったです。

           

          AFV、メカとフィギュアがバランス良く同居するのがこのジャンル、カーモデラーはどうしてもリアルフィギュアの塗装が難しい。

           

          鉄道模型、今年は大ジオラマではなくミニタイプでした、きゃわわ。

           

          キッズコーナー。こちらも原点ですね、パッと組んで楽しむという事も大切。

          僕は毎度沼にはまるので…諦めてます(笑)

           

          そしてF1です。今年は1/12が3台!FW14BとFW16の並びはなかなかないので目に焼き付けました。

          カーボン塗装、FW16はツヤ有りの方に振っていました。自分も最近カーボン部分はもう少しツヤがあっても良いんではないかと思っていたので、色々参考になりました。

          レベルのF2002はじっくり見るのは初めてです、良いですね!

           

          1/12 モデルファクトリーヒロ ウィリアムズFW16

           

          1/12 タミヤ ウィリアムズFW14B

           

          1/12 レベル フェラーリF2002

           

          1/20のF1。FW16はスケール違いが揃いました。塗装の色味とか面白かったです。

          BARも3台、ホンダは当時色々言われていましたが、今に比べたら凄く活躍してたんだよな…と思いました(泣)

          ジャガー、タイヤはちょっと形状が角張っています、オープンホイールはタイヤを如何に上手く表情つけられるかがポイントです。

           

          招待作品、コンテスト優勝作。いずれは動く所まで…とのことらしいです。

          おなじみKen-1さん。前日は山口さんの超絶作品や渡辺さん(別府観光港!素晴らしい)も展示していました。

          最後に自分のです。まずはヤマト2520。これはこれで格好いいんですが、やはり3型カタナの様な感じになってしまっているのは否めない…。

          次に今期、魔法陣グルグルが再アニメ化なので持っていきました。知っている人は知っていて嬉しかったです。

          ククリは当時JAFCON(ワンフェス?)で購入した、ピンクキャット&3Dさんのモノです。あまりに可愛くて原型師のRyoさんに感想を送ったりしました。チャチャもあるのでいつかは完成させたいです。ギップルはフルスクラッチ、ホビージャパン96年8月号に載ったので探してみて下さい。白いのは自分の師匠しょーじさんの原型のさっぱり妖精です、確か扇子は自作せよと言う男らしい仕様だった筈(笑)。

          F1は、静岡ホビーショーで展示したモノの凱旋帰国です。

           

          今回は後半から、特撮好きDJのSO-MAさんや、ゼネプロ好きアイドル店長イオリンクスさんとお話が弾みまして、最後までお相手してもらいました。

          次はミスティメイでも完成させて持っていくかな(笑)

          最後に株式会社ウェーブ様提供の賞品を、じゃんけん大会で山分け!ありがとうございました。
          来年も開催予定との事ですので、みなさまも是非。

          カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          静岡ホビーショー2017に行く その3
          0

            メーカー展示です。

             

            タミヤブース、実車のタイレルP34も再び見ることが出来、グッドイヤーのジャケットを着て一緒に撮影も出来ました。

            さらに1/20・1/12のP34 1976年型も「グッドイヤー付き」で再販になり嬉しい限りです。

             

            エブロブース、欲しいモノが一杯!

            ロータス91中嶋テスト仕様まさかの製品化、フィギュア自作して組み合わせる人続出だろうなあ。

            ブラバムBT18、ユニオンから出ていた生沢仕様はF3でしたか、選択が非常に渋い。

            ロータス49Bも形になっていました。ロータス49シリーズはジムクラークから、ヒル、リント、シフェール、アンドレッティも乗っていたとか。60年代を代表する車種なのでなんとか一台は作りたいです。

            ちなみにマクラーレンマイスターKen-1さんと一緒に「今年のマクラーレンMCL32は!」と直撃した所、かなり厳しい表情をされていました。特にアロンソの件は衝撃だった様です。

            哀しいホンダF1の現状ですが、撤退という方向へは行っていない様なので、長くジワジワと続けてトップへ返り咲いて欲しいです。

            そのあかつきには…という感じですね。

             

            アオシマ・BEEMAXビーマックスブース

            マクラーレンMP4/2に続き、こちらもF1ファンには感涙のブラバムBT52、実物は予想以上にカッコイイ、途中で青白から白青とカラーリングが替わるので、改造好きの方にもお勧めです。46・50・52と並べて見たいですね。

             

             

            総括です。

             


            今回の静岡ホビーショー、自分は12日の前日搬入に行くべく、仕事が終わり次第荷物を持って新幹線に乗って行きました、大阪からだと新幹線で2時間で到着し、バスに乗り21時〜22時の会場入りに間に合いました。

             

            そして無事本隊と合流、前打ち上げと称して桜エビと刺身をたらふく食べました。静岡の海鮮モノはおいしいですね。

             

            当日私たちの西館は、割と涼しく快適に展示出来ました。

            差し入れの浜松餃子もおいしかったです、ありがとうございました。

            そして打ち上げ、またしても桜エビと刺身をたらふく食べました(☆)

             

            それにしても初めての静岡ホビーショー、個々に撮影していたら追いつきませんね(笑)

            いつもの5倍ぐらい話をしたという事も理由です。

            とにかく普通の展示会とは色々とレベルが違いすぎて、圧倒されていました。

            また来年も行きたいです!

             

             

            さて遠方に来たからには、川原模型資料館的には必携のヤマケイ(山と溪谷社)日本の鉄道です。

            今回は6 東海道本線、表紙のブルートレインがEF65です。

             

            昭和と今の静岡駅、30年前は出来たてほやほやです、建物はほぼ原型を留めていますね。

             

            改札口、当時は自動改札なんて出来るとは思いもしなかったでしょう。

             

            色々楽しみすぎてあっという間に夜中になってしまいました、翌日は用事があったので帰宅するのですが…、新幹線はもうありません。

            とくればもうおわかりですね(笑)寝台列車です。


            本日のセカンドイベント、サンライズ瀬戸出雲B寝台のシングル下段に乗りました。
            「静岡で乗りこむのは、僕ぐらいなもんだろ」と思いましたが、以外と多かったのにはビックリ。

             

            最後の電車寝台が作られた20年前の車輌とは思えないほど車輌も車内も綺麗で(ブルートレインの客車はくたびれたのが多かった)しっかり整備・更新されているのでしょう。

             

            念願のシャワーも出来たので嬉しかったのですが、タオルを忘れたのは痛い、シャワー浴びた後だった…(泣)

            使いたい人は乗る前にタオル等を購入しておいた方がよいでしょう。

             

            大阪には停車しないので少し戻らなければいけないのですが、寝転がりながら展示会の余韻に浸るのは最高!

            よい2日間でした。

            カテゴリ:模型イベント・展示会 | 00:39 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
            静岡ホビーショー2017に行く その2
            0

              自分の作品です。

               


              フジミ 1/20 タイレルP34 1977年型 日本GP

              フロントラジエーターの配線が外れていたので、修理しています。タミヤブースに1976年型の実車が来ていた相乗効果?で好評でした。

               

              タミヤ 1/20 ブラバムBT46 南アフリカGP
              ノーズ内にも手を加えていたからか、会場でカウルを開けると思ったより見栄えが良かったです。サカーカーと並べると違いも良くわかります。

               


              タミヤ 1/20 マクラーレンMP4/8 ヨーロッパGP
              今回のサプライズ改造アイテムです。
              モノコック上とノーズ内、さらにカーボンブレーキの再現を追加しました。作例ではタイムアップで開けませんでしたが、クリアランス等の調整は行っていたのです。

               

              カウル固定はネオジム磁石(先っぽの長方形がじつはネオジム磁石です)+0.4mm洋白線。ぴっちり閉めるコツは、軸を打って位置を固定し無塗装状態のクリアランスを保ち続ける事。塗装やディティールアップで確実に浮いてくるので、その都度厚さを削ったり内部パーツを変更したりします。

              モノコック開口部はブラックサフ塗装のみでしたので、極細綿棒に薄め液をつけて、丁寧にそぎとった後、マスキングしてEXクリアー+クレオス蛍光レッドエアブラシしました。

               

              その後マスキングテープで大体の形をとってから、

               

              モデラーズのカーボンパターンデカール2(もしくはスタジオ27カーボンデカール C (綾織り・メタリックグレイ)SS)をサークルカッターで切り抜き。全て一体にすると微妙なサイズ調整が出来ないので、分割して貼りつけています。最後にマスキングしてEXクリヤー+フラットベースなめらか・スムースをエアブラシ。

              キワはラプロスの4000〜8000番で馴染ませて、カウルを開けても閉じても違和感が無い様にしています。

              こんな感じできっちりやったんでシャープな感じになりました。この点に関してはティレル020テストカラーのリベンジ出来ましたね。

               


              ダンパーはキットのダンパーを切り刻み、板ナマリで輪っかを作ってカーボンデカールや赤いカラーデカール、自作ビルシュタインのデカールを貼って再現しています。0.5mmフレキシブルワイヤーでチラッと見えるスプリングも制作。メインダンパーの横は0.8mm真鍮パイプ+0.5mm洋白線にアクステオンの1/20 サスペンションベースセット内の適当なものを切って留め具を作り瞬着で固定。

              真ん中の機器はタミヤMP4/8のギアボックス上部付け根を切り取ってひっくり返した物を適当に削って、自作デカールを貼りつけています。

              ダンパー脇の黒いものはTopスタジオのコネクター極小を上下つなぎ合わせてハセガワのフィニッシュシート黒を巻き+0.15mmエナメル線を通しました。下の留め具は、キッチンテープ細切れです。

              青いケーブルは熱収縮パイプ(これは当時名古屋の大須で購入したもので、今は売っていないかもしれません)を伸ばし、中に0.15mmのエナメル線をいれてしなりが出来る様にしています。端には1.1mm真鍮パイプの輪切りでソケットを。ケーブルはすこしオーバースケールかな?

              サスとダンパーを繋ぐクランクは、アクステオンの1/20 サスペンションベースセット (その中のMP4/7のパーツ)を使用しました。

               


              ノーズは、一旦土台を0.1mm洋白板で作ってから、穴を開けて真鍮パイプのステアリングシャフトや配線をハンダ付けして、エクセルエポでペタッと貼りつけ。2.0mmプラ棒や1.0mmプラ板の細切れ、自作デカールで計測機器?類を作っていきます。パイピングはこちらも細い0.15mmエナメル線や髪の毛を使いました。

               

              デカールに関して、こちらの方は現場合わせで、よく切れるアートナイフを使いちょっとずつ合わせて行きました。

               

              ブレーキはスタジオ27のマクラーレン MP4/8 ブレーキセットです。これにタミヤ純正改造のホイールナットを合わせて完成です。

              ちなみにマクラーレンのホイールナットは調べると赤青ではなくただのガンメタルでしたので、若干エッジを削って金属の地を出してやるとそれらしく見えるでしょう。

               

              続きます。

              カテゴリ:模型イベント・展示会 | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              静岡ホビーショー2017に行く その1
              0

                静岡ホビーショーに初めて行ってきました。世界最大級の模型展示会と言われるだけあって非常に大きな規模、さらに様々な方が集まるのもうなずけます。

                13日・14日、チームKen-1 feat. 鳶色の会に見に来て頂いた方、本当にありがとうございました。

                 

                今回1/43モデラーの上村アキヒロさんに初めてお会い出来、お話と握手して頂きました。舞い上がるというのはこういうことですね。
                またリンクして頂いている、雑食モデラさんTHE GREAT DECEIVERさんに10年ぶりにお会い出来ました。20年連続出場表彰式は生では見られませんでしたが、ルマンの会さんのfacebookで見させて頂きました、本当に凄いです。

                POOH熊谷さんともお会い出来ました。模型話もポイントを突いてきて流石。そして良い人でよかったです。

                職業型師の偏った?F1工作室さんも初対面、気になっていたホームページとブログの件を聞くことが出来ました、リンク更新する予定です。やっぱりスクラッチで大きいのは会場映えしますね。

                日曜日にも西館のこちら卓に来て頂いた方もおられた用で、有りがたい事です。

                 

                さてF1模型のジャンルは…、というかもう規模がデカすぎて(笑)目に焼き付けて来ました。

                是非お目当てを見つけて、静岡ホビーショーに行ってみてください。

                 

                 

                 

                自卓ですが、艦船とカーモデルです。

                 

                鳶色の会、早野さん、小スケールですが電飾です。

                ハイギアードさん、豪華客船は一般の方からの人気高し。

                そして山口さん、新作の1/350隼鷹はメンバーやお客さんから感嘆の溜息が洩れておりました。

                また、展示会参加もこの方のご助力のおかげです、ありがとうございました。

                 


                カーモデル、Ken-1さんは前作マクラーレンMP4/6、ブラバムBT46サカーカーとフェラーリF1。
                モデルカーズ作例の新作、特にマツダ787Bが人気でドアオープンとチャージカラーのオレンジが一際輝いていました。

                谷左衛門さんはF2007、実はこの方の展示台座(例 マクラーレンMP4/7フェラーリF2007)が非常に気になっていて、今回色々レクチャーして頂きました。
                自分は車単体で完結してしまうタイプなので、センスの良い人の存在は重要です。

                 

                続きます。

                 

                 

                カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                静岡ホビーショー2017に参加予定&アニメ視聴記
                0

                  静岡ホビーショー2017に参加いたします。
                  モデラーズクラブ合同作品展チームKen-1 feat. 鳶色の会です。

                  ツインメッセ静岡・西館2階 227番、展示物は車組と船組でこんな感じです。
                  私は13日の土曜日に行きます。
                  出品物は、タミヤ1/20マクラーレンMP4/8(ドニントン)、タミヤ1/20ブラバムBT46(南アフリカGP)、フジミ1/20タイレルP34(デパイユ77年型)を持って行きます。
                  MP4/8は、先日のタミヤF1純正のホイールナット改造部品を採用してパワーアップしてますのでお楽しみに。

                   


                  2017冬期は視聴完了

                  オルフェンズ2期
                  けものフレンズ
                   
                  オルフェンズ2期
                  私がアニメに期待するのは、夢とか希望とか非現実、新たな表現などです。
                  2期はそこら辺が微妙で残念な感じでした。
                  けもフレは、夢とか希望とか非現実とかが上手い具合にまざり合って非常に面白かったです。
                  CGなのに妙親近感ある感じも新しかった、動物園の飼育員さんの説明が入る所も絶妙で(現実なんですけど、妙に非現実でおかしい)動物に興味を持たせる意味でも非常に良かったと思いますね。

                   

                  カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                  モデラーズフェスティバル2016に行く
                  0

                    5日、6日、見に来て頂いた方ありがとうございました。
                    去年よりさらに盛況でした!自分らの卓も増えてパワーアップ(Ken-1さん山口さんありがとうございました)、カー・艦船モデルの布教に努めました。

                     

                    会場の様子です。

                     

                    自卓全景は内側からしか撮ってなかったので、ここここここを参考にしてください(ギラドーガなんて凄くてヘッドハンティングされて行ってしまいました)
                    ずらっと並んだ最高峰の作品を堪能。そんな中で艦船やキャラクター系のマスキング塗装(甲板のラインや武器のライン)でほとんど段差やビビりがないので凄いなと思っていたのですが、その理由を聞くとフワッと塗っているからとのこと。カーモデラーはクリヤー塗装するのでしっかり塗っておかないとと下地が浮いてきたりするので、どちらかというと厚く塗る傾向があるんですが、今後色々チャレンジしてみようと思います。

                     

                    F1新作は、

                     

                    Ken-1さん、タミヤ1/20ロータス99T新旧、キャメルカラーの方が若干濃いのですが、こちらの方が写りが良い。
                    タイヤのロゴ、当時はGOODYEAR EAGLEだったのですが、現存する車輌はほとんどGOODYEAR EAGLE F1になっています。ここら辺を頭に入れて作ると、自己満足度が高まりますよ。
                    ちなみに幅狭タイヤになった黄色グッドイヤーからは、テンプレート吹きつけではなくプリントになっています。フォーミュラカーの特徴の一つはむき出しのタイヤなので、ポイントをおさえて存分に再現してあげると、より深くF1模型を楽しめると思います。

                    アオシマ(ビーマックス)1/20MP4/2Bの完成品が見れたあなたは物凄くラッキーです!割とおもしろいキットとの事ですよ(笑)

                    フジミ(モデラーズ)1/20F92A、これは僕もいつか作りたい。速くは無かったけど欲しいマシンですよね。

                     

                    他卓、

                    昨年のジョーダン191・ウルフWR1に加えてフジミ1/20タイレルP34が増えていました。やっぱり格好いい!非常に丁寧な仕上げでした。フロントタイヤのダクトホースを付けると、より末期の恐竜的進化のP34が再現出来ると思います。

                     

                    そして自分の。

                    タミヤ1/20ティレル020テストカラー。やっと完成しました。
                    今回は隣の世界ブラックマント同盟さんが90年代のティレルをほぼコンプリート(!)で展示していたので、お願いして一緒に並べさせてもらいました。

                    こう見ると日本人とティレルの関係はかなり強いですね。アルボレートが乗っているのも良い(僕の最初のバイクのヘルメットは自家塗装のアルボレートカラーでした)

                    「ベロフとブランドルの014が出ないかな」との事、さすが上を行く!
                    写真は無いですが、フェラーリも1/12でT3T4T5126C2と展示されており、T4とT5の違いもじっくり見比べる事が出来(全然違いました)他所でまず見れない老舗の風格を感じました。

                     

                    マクラーレンMP4/8(マルボロロゴ)
                    無事レストア出来ました。一部ひび割れや蛍光の浮きがありますが、改めて磨いたり、上から再販のデカールを貼ったりして、現在でも遜色ないレベルまで仕上げました。

                     

                    タミヤスロットカーキングコブラ
                    「懐かしい」とか、「これ作った人は?」と反応があったのがうれしいです。ブルーはシルバーの上から色の源シアンを吹いています。こちらもボディのみのキットなのでシャシーは1.2mmプラ板、ホイールはフジミのGT40を流用しています。

                     

                    ハセガワコスモスポーツ マラソンデラルート
                    キットは良く見るのに完成品をあまり見ない車種です。

                     

                    当時出来なかったというのは、このフォグランプ。キットのプラスチックでは余り実感がないので自作したのですが、強度が出ず挫折。

                    右端が当時のです、金属切って頑張って作った当時の自分凄い(笑)ところがステーは瞬着でイモ付けしていたのでポロポロ折れる。今は0.2mm洋白板に真鍮パイプをハンダ付けなので御覧の通りです。

                     

                    同じように、当時はエポキシで接着した虫除けシールドも、すぐにはがれてポロリ。今回は、洋白帯板に穴を開けてT2Mのピンでとめる事で強度と脱落を防止、自分が満足出来る完成度になりました。

                     

                    そして偶然持参されていたビルヌーブさんのマットビハイクルとコラボ!旧車ハセガワつながりで2000GTタイムトライアルとも一緒に撮影しとけばよかった。

                     

                    最後は、とんかつを食べて打ち上げ。(ビルヌーブさんありがとうございました!)

                     

                    昔出来なかった作品も完成でき、いろんなコラボも出来て、非常に楽しい一日になりました。
                    また皆さんよろしくお願いします。

                    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    モデラーズフェスティバル2016に参加予定&アニメ視聴記
                    0

                      今年も大阪南港で開催されるモデフェスに参加いたします。
                      開催日は11月5・6日とありまして、今回は6日に参加致します。

                       

                      出品物、F1はタミヤ1/20ティレル020テストカラー。
                      前回展示した1/20マクラーレンMP4/8も持って来て!と言われたのですが、同じではつまらないので、ホームページに掲載している方(マルボロカラー)をレストアして持参します。
                      自動車は、タミヤスロットカーロータス40に続いて第二弾のキングコブラ、ハセガワの1/24コスモスポーツマラソンデラルート(当時出来なくて挫折した部分を再度チャレンジ!)して持っていきます。

                      今日は大阪ホビーフェスがありかな〜り迷ったのですが、こちらの製作を優先しました。

                       

                       

                      2016夏期は視聴完了


                      Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
                      総天然色ウルトラQ

                       

                      シン・ゴジラ
                      RWBY

                       

                      うーん、全部アニメでは無いような…。
                      サンボル、虚淵さんのどんでん返しの内容は、本当に自分好み。セリフも良いし、中国語?やアクションも斬新!さらに2期決定で大喜び中です!
                      ウルトラQ、オリジナルのモノクロじゃなきゃ!と最初は思っていましたが、着色も自然で、見ている内にこっちの方が良いかなと思いはじめてしまいました。もちろん内容は文句なしのおもしろさ、何度見ても最高です。ただ、最後のあけてくれ!、録画ミスで結局見れず(泣)くやしー!
                      シン・ゴジラ、初代ゴジラが一番好きだなーと思っている自分には、グッと来ましたよ。さらにやりたいことやりまくったシナリオは庵野作品好きなら必見です。ただ庵野キャラに必ず出てくるやり手女性官、実写ではちょっと厳しいですね。
                      RWBY2期限定上映、日本語訳ではどんな風に訳されるか楽しみにしてましたが、テントウ虫!にはやられました(笑)本家USサイトでTシャツも買ってしまいました。

                       

                      2016秋期は視聴中


                      機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
                      じつはまだ未見です…。
                      君の名は。と聲の形は見とかなと思うのですが…。
                      12月にはRWBY3期の吹替版限定上映もあります、ちなみに3期はかなりディープな内容らしいですがあえて半分ぐらいしか見て居ません、好きな事はじっくり行くのです(笑)
                      もう本家では4期が始動してますね、早いなあ。

                      カテゴリ:模型イベント・展示会 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      << | 2/5PAGES | >>