あけましておめでとうございます
0


    2017年になりました、今年の大阪はあったかいですね。

     

    昨年は、製作途中のF1模型が2つも完成!1/43のロータス79と020テストカラーはどちらも手元に置いておきたい車の一つだったのでうれしいです。正月なんで、暇なときボーっと眺めて楽しんでいます(笑)
    昨年の目標は私みたいに1つの模型製作が年間計画みたいな人(笑)にはうってつけでした、なんといっても半分完成している訳ですから完成確率が高い!

     

    展示会も数多く出品させていただき、非常に楽しかったです。
    筆頭のKen-1さんは、モデルカーズに続き、DUAL 02を執筆。これを読めば、あなたも1か月でフルスクラッチ作れます!
    かも
    谷左衛門さんは、モデルカーズ2016年4月号2016年7月号にティレル003とロータス88が掲載されました。某所ですごい事になっていたギラドーガもありましたね!
    師匠のしょーじさんは、モデルグラフィックス2016年6月号2016年12月号にばくおん!!のCB400SFスペック3佐倉羽音仕様とGSX400Sカタナ鈴乃木凜が掲載されました。
    模型史の1ページに名は残せたはず!

     

    今年の目標は、製作途中のF1模型を完成(昨年は再始動でした)させる事。
    まずは製作中のMP4/5B、そして久々に6輪車(1/12とか77年型とか結構ある)をなにか完成に持っていきたいですね。

    ちなみは厄年(役年…)なんで色々な事に振り回される気がしますが、なんとか模型制作を続けるつもりです。

     

    F1、大きくレギュレーションが変わるので2009年の様な大波乱を期待しています。ルマンは今年こそトヨタ優勝してほしいです!

     

    アニメ試聴、2016冬期は、
    RWBY VOLUME2・3イベント上映
    RWBY VOLUME4
    RWBY3期、割とわちゃわちゃしてる学園モノが好きだったので、結構ショックが大きかったです。
    4期は全く読めませんね。絵柄が3期までのガタガタだけど透き通った感じから、なめらかだけどべた塗りな感じになりました。二つの良い所どりは難しいですかね…。

    あ、あと君の名は。を早く見なければ!

     

    それでは皆様、今年も川原模型資料館をよろしくお願いします。

    カテゴリ:個人的な事 | 13:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    第13回京都ヴィンテージカーフェスティバル2016に行く
    0

      先日の展示会、話のネタで旧車イベントの話題になり、一緒に見ようと言う事になりました。
      実は昨年も行っていて、素晴らしい車種がいっぱいだったのですが、今年は雨(泣)

      「開催すらあやしいかも」と思いながら現地に到着したのですが…。

       

      旧車マニア恐るべし、かなりの台数が来ていました!
      雨天走行の後って、ちゃんとしておかないとすぐに錆が浮いてきたり(次の日仕事でそのまま仕舞っていたりすると目も当てられない等)大変だと思うのですが、流石筋金入りといった感じでした。

       

      昨年も来ていた2000GT後期型、美しいですね、ライトもアップしています。

       

      京都トヨタがレストアしたクラウン、普通旧車はどこかしらガビガビになっているのですが、全てが新車以上です。

      作業風景がHPで公開されているのですが、凄まじいですね。

      給油口はこんな所に、ビックリ。

       

      先日制作したコスモスポーツ、実車は何度見てもシャープ。

      車もバイクもそうですが、細身なデザインってもう出来ないのかな…、なんか太ましいんですよね。

       

      セリカ、これの3ドアを学校の先生が乗っていて、格好いいなーと一人で思っていました。その後出た、XX・スープラは一度乗ってみたい車ですね。

       

      白いクラウン3代目、実車を見たらかなり格好いいたたずまいで、じっくり見てしまいました。

       

      その後、王将で「全部もってきて〜」メニュー(笑)こういうのは久々で非常に楽しかったです。
      最後にKen-1さんの模型ファクトリーに再びおじゃまして模型談義と相成りました。
      模型も好きなんですが、「車が好き」というのが良いですね。

       

       

      今月のモデルアート2017年1月号の誌上大展示会、実は投稿しておりましてちゃんと載っていました。
      なにげに投稿されている方が多いとか(笑)艦船模型の鳶色の会のお二人の作品も掲載されていました。こういうイベントは模型制作の励みになりますね!

      カテゴリ:個人的な事 | 01:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      モデラーズフェスティバル2016に行く
      0

        5日、6日、見に来て頂いた方ありがとうございました。
        去年よりさらに盛況でした!自分らの卓も増えてパワーアップ(Ken-1さん山口さんありがとうございました)、カー・艦船モデルの布教に努めました。

         

        会場の様子です。

         

        自卓全景は内側からしか撮ってなかったので、ここここここを参考にしてください(ギラドーガなんて凄くてヘッドハンティングされて行ってしまいました)
        ずらっと並んだ最高峰の作品を堪能。そんな中で艦船やキャラクター系のマスキング塗装(甲板のラインや武器のライン)でほとんど段差やビビりがないので凄いなと思っていたのですが、その理由を聞くとフワッと塗っているからとのこと。カーモデラーはクリヤー塗装するのでしっかり塗っておかないとと下地が浮いてきたりするので、どちらかというと厚く塗る傾向があるんですが、今後色々チャレンジしてみようと思います。

         

        F1新作は、

         

        Ken-1さん、タミヤ1/20ロータス99T新旧、キャメルカラーの方が若干濃いのですが、こちらの方が写りが良い。
        タイヤのロゴ、当時はGOODYEAR EAGLEだったのですが、現存する車輌はほとんどGOODYEAR EAGLE F1になっています。ここら辺を頭に入れて作ると、自己満足度が高まりますよ。
        ちなみに幅狭タイヤになった黄色グッドイヤーからは、テンプレート吹きつけではなくプリントになっています。フォーミュラカーの特徴の一つはむき出しのタイヤなので、ポイントをおさえて存分に再現してあげると、より深くF1模型を楽しめると思います。

        アオシマ(ビーマックス)1/20MP4/2Bの完成品が見れたあなたは物凄くラッキーです!割とおもしろいキットとの事ですよ(笑)

        フジミ(モデラーズ)1/20F92A、これは僕もいつか作りたい。速くは無かったけど欲しいマシンですよね。

         

        他卓、

        昨年のジョーダン191・ウルフWR1に加えてフジミ1/20タイレルP34が増えていました。やっぱり格好いい!非常に丁寧な仕上げでした。フロントタイヤのダクトホースを付けると、より末期の恐竜的進化のP34が再現出来ると思います。

         

        そして自分の。

        タミヤ1/20ティレル020テストカラー。やっと完成しました。
        今回は隣の世界ブラックマント同盟さんが90年代のティレルをほぼコンプリート(!)で展示していたので、お願いして一緒に並べさせてもらいました。

        こう見ると日本人とティレルの関係はかなり強いですね。アルボレートが乗っているのも良い(僕の最初のバイクのヘルメットは自家塗装のアルボレートカラーでした)

        「ベロフとブランドルの014が出ないかな」との事、さすが上を行く!
        写真は無いですが、フェラーリも1/12でT3T4T5126C2と展示されており、T4とT5の違いもじっくり見比べる事が出来(全然違いました)他所でまず見れない老舗の風格を感じました。

         

        マクラーレンMP4/8(マルボロロゴ)
        無事レストア出来ました。一部ひび割れや蛍光の浮きがありますが、改めて磨いたり、上から再販のデカールを貼ったりして、現在でも遜色ないレベルまで仕上げました。

         

        タミヤスロットカーキングコブラ
        「懐かしい」とか、「これ作った人は?」と反応があったのがうれしいです。ブルーはシルバーの上から色の源シアンを吹いています。こちらもボディのみのキットなのでシャシーは1.2mmプラ板、ホイールはフジミのGT40を流用しています。

         

        ハセガワコスモスポーツ マラソンデラルート
        キットは良く見るのに完成品をあまり見ない車種です。

         

        当時出来なかったというのは、このフォグランプ。キットのプラスチックでは余り実感がないので自作したのですが、強度が出ず挫折。

        右端が当時のです、金属切って頑張って作った当時の自分凄い(笑)ところがステーは瞬着でイモ付けしていたのでポロポロ折れる。今は0.2mm洋白板に真鍮パイプをハンダ付けなので御覧の通りです。

         

        同じように、当時はエポキシで接着した虫除けシールドも、すぐにはがれてポロリ。今回は、洋白帯板に穴を開けてT2Mのピンでとめる事で強度と脱落を防止、自分が満足出来る完成度になりました。

         

        そして偶然持参されていたビルヌーブさんのマットビハイクルとコラボ!旧車ハセガワつながりで2000GTタイムトライアルとも一緒に撮影しとけばよかった。

         

        最後は、とんかつを食べて打ち上げ。(ビルヌーブさんありがとうございました!)

         

        昔出来なかった作品も完成でき、いろんなコラボも出来て、非常に楽しい一日になりました。
        また皆さんよろしくお願いします。

        カテゴリ:個人的な事 | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        モデラーズフェスティバル2016に参加予定&アニメ視聴記
        0

          今年も大阪南港で開催されるモデフェスに参加いたします。
          開催日は11月5・6日とありまして、今回は6日に参加致します。

           

          出品物、F1はタミヤ1/20ティレル020テストカラー。
          前回展示した1/20マクラーレンMP4/8も持って来て!と言われたのですが、同じではつまらないので、ホームページに掲載している方(マルボロカラー)をレストアして持参します。
          自動車は、タミヤスロットカーロータス40に続いて第二弾のキングコブラ、ハセガワの1/24コスモスポーツマラソンデラルート(当時出来なくて挫折した部分を再度チャレンジ!)して持っていきます。

          今日は大阪ホビーフェスがありかな〜り迷ったのですが、こちらの製作を優先しました。

           

           

          2016夏期は視聴完了


          Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
          総天然色ウルトラQ

           

          シン・ゴジラ
          RWBY

           

          うーん、全部アニメでは無いような…。
          サンボル、虚淵さんのどんでん返しの内容は、本当に自分好み。セリフも良いし、中国語?やアクションも斬新!さらに2期決定で大喜び中です!
          ウルトラQ、オリジナルのモノクロじゃなきゃ!と最初は思っていましたが、着色も自然で、見ている内にこっちの方が良いかなと思いはじめてしまいました。もちろん内容は文句なしのおもしろさ、何度見ても最高です。ただ、最後のあけてくれ!、録画ミスで結局見れず(泣)くやしー!
          シン・ゴジラ、初代ゴジラが一番好きだなーと思っている自分には、グッと来ましたよ。さらにやりたいことやりまくったシナリオは庵野作品好きなら必見です。ただ庵野キャラに必ず出てくるやり手女性官、実写ではちょっと厳しいですね。
          RWBY2期限定上映、日本語訳ではどんな風に訳されるか楽しみにしてましたが、テントウ虫!にはやられました(笑)本家USサイトでTシャツも買ってしまいました。

           

          2016秋期は視聴中


          機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
          じつはまだ未見です…。
          君の名は。と聲の形は見とかなと思うのですが…。
          12月にはRWBY3期の吹替版限定上映もあります、ちなみに3期はかなりディープな内容らしいですがあえて半分ぐらいしか見て居ません、好きな事はじっくり行くのです(笑)
          もう本家では4期が始動してますね、早いなあ。

          カテゴリ:個人的な事 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第4回関西オートモデラーの集いに行く その2
          0

            続きです。

            F1は、すずらん展示会モデフェスで展示されたロータス107やF2007のほか、今年は1/12のMP4/6が2台も。中々の盛況でした。

             

            1つめの1/12のマクラーレンMP4/6、中々みられないレベル1/24ザウバーF1.06、フジミのフェラーリF10。
            展示の為に非常に丁寧なセッティングをしていて、まるでF1ピットのメカニックもびっくりな感じだったのが印象的でした。

             

            ビルヌーブさんの1/20の50年代フェラーリ。リバイバルはまた再販される様ですね。

             

            マクラーレンMP4/5B
            ヘルメットを置いてあるのはやはり良いアクセントになります。MP4/5Bは僕も完成させたいので頑張ります。

             


            タミヤのロータス25、リヤカウルをミスって請求したらパーツ在庫がなかったとの事。作りたい人は早めにおさえておいた方がいいかも。

             

            唯一のF1の1/43、アロウズA2はタメオではなくテナリブ(ロム)、しかも塗装のゴールドはものすごく表面処理がやっかい!力作です。

             

            フルスクラッチのディフォルメMP4/6、こういうアプローチも良いですね。

             

            フェラーリにセナが乗ったら…というif。こういうのも模型だけが出来る楽しみです。

             

            もう一つのMP4/6、フェラーリF641/2、マクラーレンMP4-23、マクラーレンMP4-30と、非常にレベルの高い仕上げ。ただケースが…(気持ちは分かるのですが)

             

            ブラバムBT60B
            こういうのがあるから展示会は面白い、ベースもカッコいい。ブラバムラストマシン、ヒルも乗っていたんですよね。末期的なカラーリングと共に、意外と格好いいボディフォルムが特徴です。

             

            ロータス101
            雨の中嶋伝説です。中嶋コレクションとして、プラモデルで出して欲しい車種の一つです。

             

            プロストグランプリAP03
            クアトロポルテのエースモデラーさんの作品です。恐ろしいまでの表面処理と細い筋彫り。
            自分もこのレベルを目指しているんですが、中々。
            ちなみに話を聞いていたら、これタミヤのMP…ですって(えー!)完成度が高いと、そういう事すら気づかず見入ってしまう良い見本です。

             

            ケロノリンさんの1/24ベネトンB185と1/20FW24

            そして以前にも紹介した、レイナードの89Dも出品されていました。
            ウェーブ製1/24ベネトンB185は当時制作されたにも関わらず、デカールの劣化があまりなく、非常に保存状態が良かったです。自分の家のウェーブキットの在庫なんて劣化が酷いのに…、良い家庭環境です。

             

            フルビュー版ウイリアムズFW24、大阪のキッズランドで展示していたのを見た事ある人も多い筈。過去のジョーシンキッズランドコンテストで一緒に出品してた(自分はBT50を出していた)とのことで、自分の持って行ったブラバムBT50と数年ぶりのコラボ(BMWつながりもあり!)

            ところが、よくよく当時の写真を見てみるとBT50のカーナンバーは1(自分のは2のパトレーゼ)という意外な事実!

             

            ちなみに僕のタミヤワールド モデラーズコンテスト履歴は、

            第3回 2005年3月 1/20マクラーレンMP4/8
            第4回 2005年10月 1/12マクラーレンM23(カウル完成せず無し)
            第6回 2007年3月 1/20ブラバムBT46
            第7回 2008年3月 1/24フェラーリテスタロッサ
            第8回 2009年3月 1/20マクラーレンMP4/4
            第9回 2010年3月 1/20ブラバムBT50


            スーパーキッズランドのプラモデルコンテストは
            第1回 2006年9月 1/12マクラーレンM23
            第2回 2007年11月 1/20フェラーリ126C2(フジミ賞!)

             

            オートモデラーの集いで、こういったコンテストの同窓会みたいなのが出来たら楽しいですね。

             

             

            1/12FW16

            1/12フルスクラッチで有名な方の作品です。

            某社のを買わなくても自分で作れば安い!とコメントにありましたが…、自分で1/12スクラッチ出来る人は、日本で恐らく数人だと思います(汗)

             

            武富士ローラT89/50?
            モデラーズと書いてありましたが武富士デカールなんか出てたっけ?しかもインダクションポッドも改造している?ホイールは塗装?アルミ?ベースは段ボールなのに妙に雰囲気があったりと、見れば見る程不思議な魅力を持つ作品です。

             

            そして最後に私のロータス79です、総メタルで重いにもかかわらず強度がついて行かない(似せると1/43なので各部が薄々になってしまう)フロントカウル落として泣いた過去もあるので、作った本人ですら触るのはヒヤヒヤものでした。

             

             

            昼と晩は、新世界と日本橋で串カツと焼肉、パッと入ったお店だったのですが、予想を超える良いお店で非常に美味しかったです(山口様ありがとうございました!)本当に充実した一日でした、また皆さんよろしくお願いします。

            カテゴリ:個人的な事 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            第4回関西オートモデラーの集いに行く その1
            0

              今年もボークス8階で開催された関西オートモデラーの集いに行って来ました。

              ちょっと多めなので前編と後編に分けます。

               

              今回、早めに行く予定だったのですが、遅れてしまいました(泣)
              BT50を久々に出すなら未組立のエンジンぐらい接着しようと思い、ちょこちょこ表面処理をやっていたら、予想外に塗装まで進んでしまい欲が出て夜更かし!という感じです。
              パイピングは出来ませんでしたがカウル開けOKになり、結果的にはよかったかなと。ロータス79とBT50は近日中に仕上げして画像をアップします。

               

              関西オートモデラー、もう人人人、卓も満杯で凄かったです。

               

               

               

              今回自分が出したのは3点、渾身のSRC1/43ロータス79、ブラバムBT50、フェラーリF40です。
              F40は、Ken-1さんのGTOエボの所に比較用に置いてますが、当時誕生日プレゼントでもらったのを数年かかって組み立てたもので、丁寧に作った分いまだに一級品のツヤを保っています。
              紀伊國屋谷左衛門さんは和歌山とほぼ同じでしたが、アストンは際立っている様で、今回も新たな注目を集めていました。
              HIGH-GEARedさんのライフワークMR2はアドバンカラー、こんなのもあるんですね!ちなみにMR2にはハイフンは付かないのが正規な名称です(MR-2ではない)とのことを熱く語っておられました。

               

              特設コーナー「BMW」。もう大盛況!BT50置く場所無し(笑)あふれて一般のところまで進出していました。

               

              もう一つの特設コーナーてんろく。どうも関西在住だと天六に見えて仕方がない。

               

              後半に続きます。

              カテゴリ:個人的な事 | 23:23 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
              第4回関西オートモデラーの集いに参加予定&アニメ視聴記
              0

                今年も参加いたします。
                川原模型資料館開設当時からのコンテンツであるSRC1/43ロータス79がまもなく完成するので持って行く予定です、足掛け16年(笑)
                特設コーナーのテーマがBMWとの事なので、ブラバムBT50も持っていきます。
                8月28日、日本橋ボークスの8階で開催です、よろしくお願いします。

                 

                 

                2016夏期アニメ

                 

                残念ながら、他の事の優先順位から不覚にも視聴出来ず。

                Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀と総天然色ウルトラQぐらいです。この先、1期で1〜2本ぐらいの視聴数になってしまいそう。

                カテゴリ:個人的な事 | 21:54 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
                鈴鹿サーキットアクアアドベンチャー&謎のエキゾースト音
                0

                  11日は家族で鈴鹿のプールに行きました、最近は「サーキット等あなたの好きな所に一緒に行くと、子供ほったらかしてはしゃぎ過ぎて困る」と…嫁子供主導が強かったのですが、やっと意見が通りました。

                   

                  割といろんなプールに行っているのですが、ここも規模が大きいですね。
                  テントを持ち込めるのも珍しい、最後まで水が綺麗なのもよかったです。
                  ガーデンプール上のキャプテンズデッキの小さなプールは温水になっていてちょっとした穴場でした。

                   

                  そんななか、サーキットはレースイベントが無いにも関わらず、謎のエキゾースト音が!?
                  鈴鹿の夏は水着でアトラクションも出来るので、途中でそっと抜け出してサーキットまで行ってみました。

                  あ、もちろんビキニのブーメランパンツとかでは行っていないのでご安心を(笑)

                   

                  グランドスタンド席にも入れたので見てみると…、

                  おおグリーンとオレンジのポルシェ、イカす!でもナンバーが付いているので一般??

                  バイクもありました。こちらもレース車のようなカウルもあれば、アグスタF4などの外車も。

                   

                  なんとパドックトンネルも閉まっていなかったので潜入!

                  走っている方に聞いてみたら、スポーツ走行のスケジュールが公開されていて会員になると走れるとの事。

                  「レースがない時のサーキットは何してるんだろう、あんなにデカいのに勿体ない」といつも思っていたのですが、疑問が一つ解決されました。

                   

                  それにしても暑い…、夏の鈴鹿は私には厳しい…。

                  結局最終までいて、花火まで見てしまいました、綺麗だったな。

                  2日目はいつものとんとんHOUSEとノリタケの森に行くため、名古屋へ。

                  相変わらず子供は、ホテルで大はしゃぎで参りました(笑)

                   

                  お盆初日にも関わらず、大阪からの名阪国道はほとんど混んでなくて、帰りも大きな渋滞は無かったです。

                  中国・九州方面への帰省の方が多いからですかね。

                   

                  土産。

                  名古屋はドクターペッパー遭遇率(昔はショップ99、今回はヨシヅヤ)が割と多くて素晴らしい!

                  スペンサーもビックリです。

                   

                  カテゴリ:個人的な事 | 20:34 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                  和歌山プラモデル合同展示会2016に行く その2
                  0

                    続きです。

                    今年はオートモデラーの集いでも見られないぐらい、多数のF1模型が集まっていました。

                     

                    タイレルP34 1977

                     

                    ウルフWR1 1977

                    紺金は非常に見栄えがします、これ2002年に再販した時は、グッドイヤーがついていたのですが、2010年の再販はグッドイヤーがついていないんです、という事は2002年版でデカール請求したらグッドイヤーがついてくるか?!無理か…。

                     

                    レイトンハウスCG901 1990

                    一度は作りたい車、でも再販しませんね。当時つくったのがあり、レストアしたいです。

                     

                    ベネトンB188 1988

                    これ、プラモ出始めの頃はモノコックがグリーンで成型されていたんですよね。

                    わらそうで完成品を見たとき、「この塗装技術は凄すぎて無理」と思いましたが、今見てもやっぱりすごい。

                     

                    ロータス98T 1986

                    タミヤ改造です。

                     

                    ロータス102D 1992

                     

                    ロータス107 1992

                     

                    ロータス102B 1991

                     

                    ロータス99T 1987とティレル020 1991

                    中嶋ファースト&ラストマシン。

                     

                    ウィリアムズFW16 1994

                     

                    マクラーレンMP4-25 2010

                    レベルの1/24、メッキ塗装の仕上げはウレタンだそうです、ここまで上手くいけば楽しいでしょうね。

                     

                    フェラーリ312 1968

                    MFHの1/24 F1モデリング掲載作品、決勝が楽しみです。

                     

                    マクラーレンMP4/7

                    1992 モデルカーズ掲載。

                     

                    ロータス88 1981

                    こちらもモデルカーズ掲載、最新作が早くも!

                    メッキデカールはクリヤーコートすると、プロでも難しいと言っていました。

                     

                    マクラーレンMP4-30 2015

                    ついに並んだエブロの3車、かっこよすぎ…。

                     

                    ロータス102&107コンビ 1992

                    このカラーリングのすばらしさはF1史において10本の指に入るでしょう。

                     

                    ザウバーC31 2012

                    実際に見るとみんな格好いい!って言います。

                     

                    マクラーレンMP4/4 1988

                     

                    フェラーリ126C2 1982

                     

                    模型の良い所は、実際にサイズを比べられるので「90年代と現代の車はこんなに全長が違うの?」とかやっていました。
                    2000年代の空力マシンも並べたいな…と思ったら、「こんなこともあろうかと」F2007が出てきまして(!)こんな結果に。

                     

                    そして更なる悪ノリ(展示会の良さはこんな事が出来ることでしょうね)で全並べ!
                    この並びは、壮観でした。

                     

                    最後は、株式会社ウェーブ様(前日に和歌山展示会に来られたとのこと)提供の賞品を、じゃんけん大会で山分け!ありがとうございました。

                    と、こんな感じで大成功な展示会でした、いやー楽しかった!

                     

                    このところ色々と限界走行が続いている(ワンフェスにも行きたかったな…)ので、

                    残念ですが打ち上げは遠慮しまして、駅前の焼き鳥屋でサッと一人打ち上げして帰宅しました。

                     

                    来年も開催予定との事ですので、みなさまも是非。

                    カテゴリ:個人的な事 | 10:17 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                    和歌山プラモデル合同展示会2016に行く その1
                    0

                      和歌山プラモデル合同展示会2016、2日目に展示させて頂きました。

                      今年は、F1模型ファンには歓喜の展示会でした!ちょっと多いので前編と後編に分けます。

                       

                      今回もJR和歌山線で。

                      阪和線103系と乗り継いでここまで来ましたが、今は国鉄時代の車輌がどんどん淘汰されていっているので、この風景も永遠ではありません。

                       

                      正に夏!といった天気の中、会場へ。

                       


                      早速のお出迎えは、しげの秀一祭り。

                      イニシャルDから、バリ伝まで、この世代の人にはストライクでした。

                       

                      バイクモデル、NSRのWGPと全日本車の違い、「俺は知っている、だから再現する!」これが模型にのめり込んでいく原因にして最大の楽しさです。

                       

                      ビッグスケール、カレラGTはエンジンフード後ろまでカーボン貼ってます。

                       

                      今年は、思った以上にF1が!

                       

                      この展示会の名物、トラックです。熱い会話がそこかしこで。

                       

                      空物、最近いろんな所から出るからか、F-14が多い感じです。

                       

                      AFV、ガルパンの影響だけではない正当派がここに。

                       

                      艦船、この武蔵というセレクト!

                       

                      小型ビネット、そしてこの展示会もう一つの名物である、鉄道模型も。

                       

                      キャラ物、後方のスチームパンクな作品はなんとオーブンレンジを流用したもの!もう一つの作品も一般人気が高かったです。

                       

                      ユニコーン1/60が3体、これだけ揃っている所も珍しい。

                       

                      ランナー状態塗装の300円ザクは誰しも涙。

                       

                      1/144、後方のキュベレイは、ヒールが永野デザインに改造。

                      プラモ歴は浅いとの事ですが、表面処理等、非常にレベル高し。

                       

                      ゾイドも熱いですね、私はサラマンダー持ってました、でもデカいのはこれだけで殆ど小さいやつでした。

                      デカいの持ってる家は、金持ちだなーと思ってましたね(笑)

                       

                      キッズコーナーは今回もあります。

                       

                      山口さん作例、やはりどこに行っても人気です。

                       

                      Ken-1さん作例、今回初めて240ZGのボンネット閉じを見ましたが、バチピタでビックリ!流石。

                      前日には、バイク模型のラグにゃんさん・艦船のHIGH-GEARedさんと、怒濤の作品がありました。

                       

                      そして私の作品です。

                      前回の第2回すずらん模型展からスライド+ばくおん!!コーナーを設けてみました。

                      「F1とキャラ物、同じひとなの?」なんて言われてました…。

                      スズキの湯呑みは、アニメ化のお陰で理解があった模様で、今回はどかされずに済みました(笑)

                       

                       

                      気になった作品など。

                      雅ビルヌーブさんのCB750Fは、前からも撮影したかったな。

                       

                      NSRは最初違いがわからなかった(お恥ずかしい)

                      谷左衛門さん作ハセガワのYZRはバイクプラモ久々との事ですが、この完成度なら文句ないのでは…。

                       

                      ばくおん!!を聞きつけて、スズキ乗りの方も。GS1200SSです、作中ではかなりイジられてましたが、相当格好いいです!

                      この熱い中、スズキ乗りの正装で乗ってきて頂いてありがとうございました。

                       

                      お父さんがラリーをやっていた当時の車を再現したとのこと。

                      この制作者もカーモデル2作目、デカール自作(カッティングシートも使用)とのこと。

                      「デザイン系の仕事だから」ですが…、やっぱり素質のあるなしは大きい。

                       

                      フジミの軽、3台並ぶと、存在感が違いますね!欲しい。

                       

                      新加入者さんも増えたとの事ですが、行って見てそのレベルの高さにびっくり、是非F1にも挑戦してみて下さい。

                      続きます。

                      カテゴリ:個人的な事 | 00:26 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                      << | 2/23PAGES | >>