静岡ホビーショー2019に行く その1
0

    静岡ホビーショー、モデラーズクラブ合同展示会は今回で30回記念、私も3回目です。
    11日・12日、チームKen-1 & 鳶色の会に見に来て頂いた方、本当にありがとうございました。

     

    今年も仕事後、新幹線で静岡に。

     


    いきなり駅弁です(笑)。こぼれイクラととろサーモンハラス焼き弁当、贅沢。

    さらに定番の新幹線スジャータアイス。

    そんなこんなで楽しみながら、2時間弱で静岡へ、初日後の打ち上げ中の皆さんと合流します。

     

    その後ひと休みしてからカーモデル組で静岡の夜の街へ2次会へ。皆さん自分が来る前の日からずーーーっと飲みに行っています、どんだけ体力あるんだか(笑)でも周りをみまわすとあちこちでモデラーさんが呑んだくれながら、楽しい会話をしています。

    模型は作るだけでなく、こういった盛り上がりが出来るのも楽しみの一つなんですね。

     

    そしてバーでは、スペインGP予選を見ながら明日の展示会に備えました。

     

    第58回静岡ホビーショー、モデラーズクラブ合同作品展2日目始まりました。

    自卓は、西館2階 263番、チームKen-1 & 鳶色の会です。

     


    艦船組、鳶色の会

     

    カーモデル組

     

    Ken-1さん月刊モデルアート増刊 オートモデリング Vol.34Man & Machine “音速の貴公子”アイルトン・セナの歴代F1マシン 掲載のマクラーレンMP4/5Bとロータス99T。フルディティールでなおかつ、日本GPとデトロイトGP仕様にきっちり変更されていてます。タミヤのキットと見比べると「えっここも違うの!?」とびっくりしますよ。

     

    さらに、ランボルギーニ揃い踏み。この色の美しさは写真では伝わらないかも…。

     

    そして国産車、全てモデルカーズ作例。
    Ken-1さん曰く、「せっかく実車のデータをつかって忠実な縮小をしているのに、肝心なポイントや詰めがあまい(例えばプラの肉厚のまま整形して印象がぼんやりしてしまったり、無茶な組み立て工程から収まるべき所に収まりきれなかったり)ことで「似てない!」と言われていて本当にもったいない。でもこれらの微調整を僕ら(モデラー)が行うことによって驚くほど似て来てカッコ良くなるんだよ!」との事。
    表情のキモであるヘッドライトやボディの面取り、ホイール周りの微妙な調整など、この作例を見ていると非常に良くわかります。

     

    ポルシェ勢揃い、僕の959パリダカも仲間に入れてもらっています(笑)

     

    紀伊國屋谷左衛門さんはMFHの1/12フェラーリ250TR58、こんな隠し球を…。スポークホイール編み込みでタイムオーバーとのことですがボディの美しさが際立ちます、ガレージキットでここまで面のつながりをうまく出して仕上げるのは大変なはずです。さらにアストン・マーチンDBR9と1/20フェラーリF2007。F2007は海外モデラーさん(しかも超絶上手い)に大絶賛、昨年も絶賛されていたのに今年も!!真横で見て毎年凹むから感想は辞めます(笑)

     

    イオリンクスさんはフジミ 1/24 コブラ。ボンネットやトランクなどのスジもきっちり処理され、濃淡の濃いマスキングもシャープ(大抵ビビりとか吹きこぼしとかがあるはずなんです)細かいパーツも手を抜かず仕上げています。いわゆる派手な改造はしてないんですが、このレベルまで達する事が出来る人はあまりいないです。

    ちなみに会話の中に出て来た「細部に神が宿る」は、僕の尊敬する上村さんのサイト名「God dwells in small things」です。デキるモデラーは、この言葉が刺さります!

     

    そして僕は隠し球、グンゼ 1/24 ポルシェ959 パリダカ 1985。実は昔作ったものを発掘、塗装を剥いで今の自分のレベルでレストアしたものです。
    ロスマンズラインは塗装、デカールは以前ばくおん!!用デカール作ってもらった和歌山の木村さん。電飾も初挑戦、展示会では想像どうり威力を発揮しました!

    電飾等、僕がいつも作る方向性とは少し違いますが、元号も令和になったし、定番のF1に加えて、少し変わった物を作っていきたいです。
    このポルシェは後ほど簡単な製作記をブログで、完成画像をホームページに詳しく画像をアップする予定です。

     

    そして タミヤ 1/20 フェラーリ F60 はエンジンを搭載しました。
    今年は静岡ホビーショー前に超大型連休等かなり良い条件が重なったので、思い切ってエンジン載せにチャレンジです!
    最後の方はかなりの突貫工事で荒い仕上がりになってしまいましたが、ネットで集めた様々なエンジン周りの画像や歴代フェラーリF1を参考にしたのでかなりそれらしくなったと思います。
    エキゾースト等、すこしだけ気になる所をブログで製作記に書いてから、完成画像をホームページに追加アップする予定です。

     

    さらにタミヤ 1/12 マクラーレンM23。2006年のブログ開設当初に完成したものですが、割とみなさまの記憶に残っていた様で、嬉しい感想をいただけました。
    1/12は僕の規格サイズからだと大きすぎるのですが、やはり展示会でのインパクトは絶大です。頑張ってタイレルP34の方も完成させます。

     

    艦船組です。

    会長山口さんの作品。

    年々スケールが大きくなって(縮尺サイズではなく、レベルとか技術とか、サポート力とか…今年もこの方のご助力のおかげで参戦出来ました、ありがとうございます。)圧倒の一言です。

     

    早野さんの作品。

    艦船と比べて「潜水艦は注力する箇所が限られているので時間をかけずに完成できる」と書かれていましたが、表面の絶妙な質感など、むしろ難しいのではないか?と思います。

     

    さらにハイギアードさん、山崎さん、新しく入会された方の作品など、艦船組の展示の前には非常に多くの注目が集まっていました。 

     

    その2に続きます。

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    モデルワークス展示会&静岡ホビーショー2019に参加予定
    0

      昨日はモデルワークスさん展示会に行ってまいりました。
       

      このオージェのアクティブバインダー、思わず目に留まり塗装法を聞いてしまいました。クレオススーパーファインシルバーを吹いてからクレオスラフシルバーとのこと。
      実は自分も制作途中のものがあるのですが、両肩の塗装だけが思い浮かばずそのままに…。荒目のシルバーとは目からウロコです。真似してみようと思います。

      なつかしいけいおんのフィギュアも。

      メルセデス特集。奥にはKen-1さんのモデルカーズ作例も。

      このベントレーは、のりを様制作でラジコン(!?)からの改造とのこと。カラーリングもバシッと決まってすごい注目度でした。

      今年の夏も関西オートモデラーの集いが開催されます、楽しみです。
       

       

      展示会の後は、Ken-1さんとtanizaemonさんとでお好み焼き&もんじゃ焼きを食べながら、静岡ホビーショー打ち合わせと模型談義です。
       

      自分も静岡ホビーショー2019に参加いたします。
      モデラーズクラブ合同作品展、ツインメッセ静岡・西館2階 263番、チームKen-1 & 鳶色の会です。
      展示物は車組と船組、私は12日の日曜日に行きます。

      自分の出品物は、タミヤ1/20フェラーリF60と1/12マクラーレンM23、そして隠し球グンゼ1/24ポルシェ959パリダカールラリー1985です、今回は電飾も仕込みました、お楽しみに!
       

      みなさま、静岡でもよろしくお願いします。

      カテゴリ:模型イベント・展示会 | 00:56 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      19年3月3日 フロントサスペンション組み立て
      0

        レースで使用されているアルミモノコックらしくするため、金属感は残しつつも暗部や奥まった所を中心にトーンを落とします。


        タミヤエナメルのフラットブラック+フラットブラウンを適当にのせてから、

        平筆や布等でぼかしました。あんまりやりすぎるとEXクリアーでコートしたクリヤーが剥げてきますので注意。


        ディスクはタミヤ純正のエッチングパーツを使用します。が、ブレーキパーツは先に接着してしまったので説明書通り(ブレーキの内側を削る)には行かず、ディスク自体を100番のヤスリで削るという無駄な努力をしています。
        ディスク跡は丸ノコ刃にエッチングパーツを両面テープで貼り付けてから、600番の耐水ペーパーで跡をつけました。


        フロントダンパーの組み立て。塗装はクレオスのメッキシルバーネクストの上にガイアEXクリアーです。
        はめ込みがややきつめなので無理にはめ込むと100%失敗します。少しずつ差し込み部分を削ったり回して入れてみたりして「カチッ」と音がして入れば成功です。


        リヤダンパーも同じです。バネのピッチが細かくてやや実感にかけるので、上側を伸ばして使用しています(短いバネは使用せず)本体への取り付け部分は塗装中に折れてしまったので、1.0mm洋白線をワイヤーループプライヤーで曲げて作り直しています。


        組み付け、ここら辺も無理にはめると折れるので慎重に…、段々形になってきました。
        ちなみにアッパーアームは後半戦ぐらいからシルバーになるようです。

        カテゴリ:1/12タイレルP34 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        最後の とんとんハウス( とんとんHOUSE )
        0


          ブログでも紹介していました、学生時代から行き続けていた名古屋の とんとんハウス ( とんとんHOUSE )の閉店が決まり、2月は名古屋を往復していました。
          味噌カツには一家言ありまして、美味しいお店、綺麗なお店、有名なお店…と色々な所に行きましたが、僕はここが一番好きでした。



          ここにきたら大体味噌カツなのですが、カツカレー、オムライスと今まで食べなかったものも食べました。


          でもやっぱり味噌カツです(無理言って上カツにしました)やっぱり大きい!美味しい!

          そしてお土産はコロッケ。里芋?山芋?が入っている?おそらく何処も真似できない、独特なやわらかい食感と味のコロッケも堪能しました。

           

          20年ほど前に友達と一緒に初めて食べ始べたメニューはカツ丼で、そのボリュームと味に「なんじゃこらー」と驚きました。その後、味噌カツを食べて人生変わりました。当時はオレンジジュースの様な不思議な味の飲み物(ある日をさかいに出なくなったので聞いてみたら生産中止になったらしい)もあって、それも魅力でしたね。

          いろんな思い出があるとんとんハウス(とんとんHOUSE)、道路拡張工事のため、2019年2月17日で閉店してしまいましたが、僕は忘れません。
          おばちゃん、今まで美味しい味噌カツを作ってくれてありがとう。

          カテゴリ:個人的な事 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          19年2月24日 メーター&フロントロールバー組み立て
          0


            過去パイピングしたケーブル
            (書類ケース等に貼り付けて保管していたので紛失なし!)、実車はオレンジ色なので塗装します。ただ、普通のプラカラーではいじくっていくうちにはげて汚くなってしまうので、ミッチャクロンを吹いてからナガシマソフビカラーのレッド+イエロー+フラットベースを使用してエアブラシで吹き付けました。シートベルト塗装の時の結果が悪くなかったので試して見たのですが、2〜3回ミスをするとはげてしまう…という感じでしたね。ですがあらかじめ形状を決めていたのと、ケーブルをばらけないようにしていたのが功を奏して、かなり綺麗にパイピングできたと思います。
            メーター枠は、こちらも以前の作り置きを塗装しました。


            コネクターはNゲージ(鉄道模型のKATO)のカプラーパーツ(Z04-K0407 クハE350-4 ダミーカプラー)適当に切り貼りして貼りつけ。キルスイッチのカップは1.8mm真鍮パイプ(広がった部分はニードルを差し込んでグリグリして広げました)、トグルスイッチはトップスタジオTD23138トグルスイッチ1/12です。


            黒スイッチは黒いプラランナーの削り出し、土台はさかつうのフレキシブルワイヤー0.5mmを輪っか状にして再現。
            接着は瞬着とハイグレード模型用セメダインを使い分けています。


            ハンドルはステアリング部分を裏から削って薄々に。ボルトはさかつう8254 六角ボルト 平径1.0mm、基部の金具部分は、金属感を出すため0.1mm洋白板を輪っかにしましたが、綺麗な輪っかにならないので(泣)キッチンテープに変更するかもしれません。

            カテゴリ:1/12タイレルP34 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            あけましておめでとうございます
            0


              2019年になりました。

              昨年は2つも(マクラーレンMP4/5BとフェラーリF60)完成品が出来ました!
              仕上げ作業(細かいパーツを接着したり、カウルのつじつま合わせをしたりする)の上達で、失敗を見事に隠す能力を手に入れたと思います(笑)
              その延長線で、今年の目標は1/12タイレルP34を完成に持っていきたいですね(GPカーストーリーも発売されたし)
              また、最近は展示会の影響からか、動いたり光ったりする模型に興味を持ったので、色々チャレンジしてみようと思います。
               

              昨年はF1日本GPの予選にしか行けなかったので、今年こそ決勝でレッドブルホンダの雄姿を見たいです。
              それでは皆様、今年も川原模型資料館をよろしくお願いします。

               

              カテゴリ:個人的な事 | 23:59 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
              GPカーストーリー ティレルP34 モデルアート増刊オートモデリング 他…師走。
              0

                あっという間に今年も12月ですね。

                そんな中、先日発売されたGP Car Story(GPカーストーリー) Vol.26は、待望のTyrell P34
                これまでの同誌らしく、素晴らしい記事と写真が盛りだくさん、F1インジャパンのひらがな書体もアップで載っているのが嬉しいです。シェクターの六輪車に対するドライバーとしての感想を読むと、モデラーのミーハー根性が申し訳なく思います。
                GP Car Storyさすが、と唸ったのは付録のペーパークラフト、奇抜なマシンなら奇抜な付録でという事ですね…素晴らしい。

                このリヤウィングはモナコ(決勝は通常ウィング)で付いていたものなんですが、僕は単純に風圧で表面が吹っ飛んで構造材がむき出しになっただけだと思ってました(泣)
                ほかにも知らない事がたくさん掲載されており、P34ファンには一家に一冊の必携本となっています。
                 

                ちなみに、相互リンクしているカールケンプさんが「現存するタイレルP 34 を考証する」で違った視点から論じています。

                非常に興味深いですので是非。
                 

                Ken-1さんもモデルガレージロムで1976年仕様と1977年仕様のP34の完成品を展示販売しています。
                http://www.romu-romu.com/item/66850.html
                http://www.romu-romu.com/item/66849.html
                http://www.romu-romu.com/item/64949.html
                 

                僕も1/12タイレルP34を何とかしなければいけませんね、来年の目標にしよう。


                そのKen-1さん、月刊モデルアート増刊 オートモデリング Vol.34で、Man & Machine “音速の貴公子”アイルトン・セナの歴代F1マシンのマクラーレンMP4/5Bとロータス99Tの作例を担当されました。
                特にロータス99TはアメリカGPで優勝したものを作ってます、2勝あげたこの車ですが、だいたいみんなチャレンジするのはモナコなのでデトロイト仕様にしたい方は必見です。
                 

                先日の日曜日は、模型飲み会に誘われまして大阪の日本橋に出てきました。
                午前中は時間が空いていたので、ガンダムの新作映画『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』見てきました。
                ニューガンダム時代の試作機って…!とか思っていましたが、見たら全然OK!

                ユニコーンの続編ということですが、UCの最後が僕は納得いってなかったので大満足、見入ってしまいました。モビルスーツの動きも非常に重量感があって(ガンダムオリジン系の動きはなんか違うと思う…)非常によかったです。
                エンドロール後は驚きのアレ!小説読んでた頃が懐かしい…。


                その後、ジョーシンキッズランド本店で皆さんと合流。
                プラモデルコンテストも開催されまして、久々に見てきましたが、表彰式はすごい人!こんなでしたっけ?




                F1もザッと撮影してきました。3台ありましたが、葉巻型を出品されているのが面白い(しかもホンダはバックナム、ロータスはアランデル?スペンス?なかなかのチョイス)、塗装もシンプルだしゴテゴテしていないので作りやすいのかもしれません。

                飲み会は焼肉!!誘っていただいてありがとうございました、一生ついていきます。

                例のオートモデリングのロータス99Tが!

                 


                楽しい一日でした、皆さまありがとうございました。来年も良いものを製作していきたいですね。

                皆様、良いお年を!

                カテゴリ:個人的な事 | 01:41 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                タミヤ 1/20 フェラーリF60 キミライコネン完成
                0

                  モデラーズフェスティバル2018でご覧頂いた方々、ありがとうございました。

                  ディテールに関してはブログと同時に、ホームページの方を更新したので見てください。


                  キミライコネンは先日のアメリカGPで久々の優勝をしましたね。「これは是が非でも完成させねばならん!」とブーストがかかり、展示にまで持っていけました。
                   

                  発売当初に購入・制作スタートしてから、一時中断を経ての完成です。当時はまだクリヤーコートでデカールを侵してしまう事が多く、このモデルも若干の荒れやシワが入ってしまいました。しかしなるべく目立たせない様な仕上げが出来たのは腕の上達かな?と言った所ですね(笑)

                  具体的には、デカールの2度貼りや、丁寧なマスキングをしての再塗装、側面(翼端板)等のミスは意外と気にならないので下手にいじらない、色々ディティール(ピン打ちやカーボンデカール等)を加えてそちらに目を行かせる、などです。

                  完成して見ると、シンプルなウィング類にスッと綺麗に伸びるノーズ、特に横からのラインが非常に綺麗で好きになりました。(このキットが出た2009年は大改革の年で、あまりにも大きいフロントウィングに高すぎるリヤウィングと、当時はこの形状はあまり好きではありませんでした)

                   

                  キットはバーレーンGP仕様らしいので、コクピット内側にバーレーン・インターナショナル・サーキットのコース図を手書きで書いて貼り付けたりしています。
                   

                  エンジンも作る予定でしたが、一区切りの完成(今年はF1完成品が2個!になるので)とします。
                  エンジン改造が滞っている理由は、ラジエーターがつく所のモノコック幅が大きいかもしれない(作り直したラジエーターを見ても微妙に小さいし、配管がエンジンまで真っ直ぐ行かない…これらをそれらしく収めるには切らなあかんかー?)なので、ジックリいこうと思っています。

                   

                   

                  カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 23:54 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
                  << | 2/134PAGES | >>