17年3月4-5日 モノコックディティールアップ&サス塗装
0

     

    モノコックのビス跡をノーズ側は0.4mmコクピット左右は0.3mmの真鍮パイプを埋め込んで再現します。

    接着は針にエクセルエポを極少量つけて、穴にチョン付け、その後細切れの真鍮パイプを差し込んでいきました。

    ピンセットの先をヤスリで削って、髪の毛がつかめるぐらいまでチューンしてやっています。

     

    左右の補機類も取り付け。若干接着位置が高いのでダボをニッパーで切り飛ばしています。

    その後、ケーブル付け。差し込んでから瞬着をチョンと流して固定しました。

    ところどころ、ハセガワTF04つや消し黒フィニッシュ細切りでアクセントをつけます。

    アンダートレイの遮熱シートは、キッチンテープ。ですが、以前持っていた六角形のがどこにも売ってない(泣)

    泣く泣くひしゃげた箱に入ったのを買ってきました、急いで形を直して六角形の箱に入れ直し、これで変な型が付く事はないでしょう。

    まあモデラーの様な使い方は考慮されてませんから…。

     

    サスはフラットブラック缶スプレー。

    ロッドは1.3mm真鍮パイプに1.0mmアルミパイプを通し、左右に1/43のサスパーツをかましてから0.4mm洋白線でつないで作り直し。

    ちなみに両方ともクレオス(グンゼ)の缶スプレーのブラックを使用していますが、左が今回塗装したアッパーアーム、右が10年前に塗装したロアアーム。

    写真ではわかりにくいかもしれませんが今のフラットブラック、ざらつきが大きくなっている気が…(実物を見るとわかります)

    鋳造表現にはちょうど良い感じですが、F1のサスとはちょっと違う。

    F1はタイヤと同じくサスも意外と目に付き、微妙なスケール感のコントロールがポイントになってくるので、今後色々な塗料を試してみようと思います。

     

    カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    17年2月26日 ストップランプ位置修正&2017F1マシン発表
    0

      最近何気なくMP4/5Bの制作ブログや実車写真をみていて、ストップランプの位置が少し違うのを発見。

      そのままだとバットマンディフューザーがあるので確かにストップランプは見えない!全く気づきませんでした。

      ダボを切り取ってキットの位置から約5mmほど上に再接着しました。

      模型を作っていると、ただ見ているだけでは絶対わからない、思わぬ発見ができるのが面白いですよね。

      カウルとリヤウィング支柱がキチキチなのも気になっていたので、思い切って塗装の上からカンナがけして修正しました。

       

       

      2017年のF1マシン、ほぼ出そろいましたね。

      一番気になったのが、ノーズがメルセデス以外は一緒な事。強度とか金がかかるから出来ない等言われていますが、湯水のように金を使うF1、出来ない事はないと思うのですが、なんでだろう。

      それ以外は、GPが始まってみなければわかりませんが、かなり良いのではないでしょうか!今から楽しみです。

      ただ、マクラーレンのカラーリングは…、鈴鹿に来てるんだから、関西が誇る近畿日本鉄道を何度も見てると思うんですが(泣)

      カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 23:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      17年2月12-20日 エキゾーストパイプエンド削り出し
      0

        エンジンをシャシーに合わせてみて「なんかおかしいな…」と思ったら、エキゾーストパイプエンドを削り落としていました(ややこしいことを…当時のオレ)
        そこで3.0mmアルミパイプを斜めに削って制作、リューターと各種ビットで薄々にして竹槍マフラー(笑)の完成です。

        エンジンと何度も合わせながら(正確に合わせるため、この時点でキットのエキゾーストパイプはエンジンに接着します)

        位置を微調整してから切り落とします。

        高さが足りない為、プラ板の小片でかさ上げし、シャシーにエクセルエポで接着しました。

        最後にフラットブラックやクリヤーイエローをエアブラシで接続部分に吹いてぼやかしました。

        カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        16年12月29日-17年2月12日 モノコックパイピング&塗装
        0

          きれいな仕上げをする為、事前にある程度パイピングをします。


          まずロールバーのスイッチには0.26mmエナメル線をまとめてハンダで固定。

          資料を見ているとモノコック側面に穴が開いているのを発見、ここから配線します。

          ケーブルの自然なカーブは指だけでは難しいので、筆の柄やピンバイスの1.0mmから3.0mm辺りを使用して付けつつ、TopスタジオのTD23003 1/12 Moto GP用エレクトリックプラグをかませたりして形作って行きます。完成してから外しても、事前にハンダで固定しているのでバラバラになりません。
          モノコック左右に走るケーブルは、同じく0.26mmエナメル線とTopスタジオのTD23003 1/12 Moto GP用エレクトリックプラグのケーブル、共立電子の極細耐熱絶縁ビニル電線2mx7色袋入UL3417AWG32の中の赤線等、2〜3本を細い銀線でまとめてモノコックにさせる様にします。

          作り終わったら、組付けるまで透明な書類ケース等に貼り付けて保管しておくと、曲がったり紛失したりしません。

          燃料キャップは、シートカウルの穴とずれているので、プラ板を貼って角度と長さを調整してピッタリ合わせます。

          ペダルは1コ紛失、泣く泣く自作してたら出てきた(笑)

          せっかく作ったので、自作パーツを採用します。ちなみにこのペダルもシャシーによって形が色々ちがいます。

          サイドパネルのキズやヒケは非常に目立つので何度も表面処理をしてから、ブラックの缶スプレー。

          持ち手は鉛筆をガムテープでかなりべったり目に貼り付けています。

          流石に1/12の平面モノはデカく、ラッカー系スプレーでは上手く艶が出ないので、上面・側面・底面とマスキングをして塗装します。

          さあこれでメッキ塗装…なのですが、側面はサイドカウル脱着で塗面強度に不安があるので、サイズをはかってキッチンテープを貼り付ける事にしました。眼鏡拭きの布等で良くこすって表面をならします。近くで見ると貼り直しの跡が分かるのですが、質感は高いので良しとします。

          やっとメッキシルバーネクストをエアブラシ、写真には写っていませんがロールバーなども吹きました。側面のキッチンテープや洋白板の上からも直接吹いていますので、色のトーンはほぼ問題無し。最後にガイアEXクリアーエアブラシでメッキ面を保護。
          やっとここまで来ました、長かったです。
           

          カテゴリ:1/12タイレルP34 | 23:02 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          16年11月23日-17年1月4日 エンジン・ギア・サスペンション周り工作続き
          0

            サイドポンツーンは、TopスタジオエレクトリックコネクターセットTD23011の一番細い黒線でパイピング、留め具は同じくTopスタジオコネクターセットの銀線をU字状にして差し込み、裏から瞬着で固定出来るものは固定しました。

            モノコックの太い線は同じくTopスタジオコネクターセットの太い線+共立電子の極細耐熱絶縁ビニル電線2mx7色袋入UL3417AWG32の中のグレー線です。

            ケーブルにつながる電子機器は、コネクター用に0.5mm真鍮パイプを埋め込みました。上部にもコネクターの穴を開けてからブラックで塗装、文字はウェーブのXデカールホワイトの適当なサイズの注意書き文字(長文)を貼ってから、あいだを黒で塗ってやると各コネクター指示文字の様になります。真ん中の機器はためしにキッチンテープを貼りましたが、なかなか雰囲気が良いのでは?最後にガイアEXクリアーにフラットベースなめらかを合わせたものをエアブラシで吹いてツヤの調整をしました。

             


            ギアボックスは、組んでみたら分割ラインが妙に目立って来たので、シアノンで埋めてから、慎重にマスキングしてエアブラシでサフ・ブラック・自作カーボンブラック(ガイアフラットブラック+ガイアクリヤーオレンジ)を吹きつけて一体化。
            ドライブシャフトは1.4mm銅パイプ。付け根のブッシュは、全体をブラックツヤ在りで仕上げた後、銅色部分はハセガワTF08カッパー ミラー フィニッシュ細切り、銀色部分は0.5mm幅に細切りした0.1mm洋白板を巻き付けています。

             

            フロントプルロッドは0.8mm真鍮線に変更しています。
             

            カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            あけましておめでとうございます
            0


              2017年になりました、今年の大阪はあったかいですね。

               

              昨年は、製作途中のF1模型が2つも完成!1/43のロータス79と020テストカラーはどちらも手元に置いておきたい車の一つだったのでうれしいです。正月なんで、暇なときボーっと眺めて楽しんでいます(笑)
              昨年の目標は私みたいに1つの模型製作が年間計画みたいな人(笑)にはうってつけでした、なんといっても半分完成している訳ですから完成確率が高い!

               

              展示会も数多く出品させていただき、非常に楽しかったです。
              筆頭のKen-1さんは、モデルカーズに続き、DUAL 02を執筆。これを読めば、あなたも1か月でフルスクラッチ作れます!
              かも
              谷左衛門さんは、モデルカーズ2016年4月号2016年7月号にティレル003とロータス88が掲載されました。某所ですごい事になっていたギラドーガもありましたね!
              師匠のしょーじさんは、モデルグラフィックス2016年6月号2016年12月号にばくおん!!のCB400SFスペック3佐倉羽音仕様とGSX400Sカタナ鈴乃木凜が掲載されました。
              模型史の1ページに名は残せたはず!

               

              今年の目標は、製作途中のF1模型を完成(昨年は再始動でした)させる事。
              まずは製作中のMP4/5B、そして久々に6輪車(1/12とか77年型とか結構ある)をなにか完成に持っていきたいですね。

              ちなみは厄年(役年…)なんで色々な事に振り回される気がしますが、なんとか模型制作を続けるつもりです。

               

              F1、大きくレギュレーションが変わるので2009年の様な大波乱を期待しています。ルマンは今年こそトヨタ優勝してほしいです!

               

              アニメ試聴、2016冬期は、
              RWBY VOLUME2・3イベント上映
              RWBY VOLUME4
              RWBY3期、割とわちゃわちゃしてる学園モノが好きだったので、結構ショックが大きかったです。
              4期は全く読めませんね。絵柄が3期までのガタガタだけど透き通った感じから、なめらかだけどべた塗りな感じになりました。二つの良い所どりは難しいですかね…。

              あ、あと君の名は。を早く見なければ!

               

              それでは皆様、今年も川原模型資料館をよろしくお願いします。

              カテゴリ:個人的な事 | 13:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              タミヤ 1/20 ティレル020 テストカー完成
              0

                今年最後の完成品です、11月のモデラーズフェスティバルでお披露目!
                ご覧いただいた方々、ありがとうございました。

                 

                うーんエプソンカラーはカッコいい!

                ディティールは、ホームページの方にまとめたものが見やすいのでクリックして下さい。

                 

                最近テーマの筋彫りは、細かいハッチの彫り込みを中途半端に終わらせてしまった為一部が埋まってしまい、惜しい結果になりました。
                カウル裏側のブラック塗装による失敗は自分もビックリ!今回は段取り良くクリヤーコート前にエナメルカラーで筆塗りしたのですが、クリアーを重ねている内に、毛細管現象で筋彫りがある表側に出て来てしまったんですね(筋彫りを深くした為、プラが溶けてそこから侵入したか?)なんとか傍目では分からない様にしましたが、自分の中では痛い経験でした。
                次回はラッカー系、もしくは、完全にカウル塗装が終わってからエナメルで塗る事にします。

                カウルぴったりは、接着分の厚みやパイピングの飛び出しを考慮しエンジン底部等をかなり削っていたので、今回もピッタリだ!…と思いきや、そうは問屋が卸しません、結局ネオジム磁石でツジツマ合わせが必要になりました。
                接着や塗装によるギャップの積み重ねが考慮以上の誤差を生むのは分かっているので、次回は各パーツの接着部分を削ってマージンを増やしたり、途中で「大丈夫だろ」と気を抜いてしまわないように組んで行く事にします。
                実はあと一つデカイミステイクがあるのですが…、コレは会場にいた人だけの秘密です(笑)

                 

                タミヤ純正の六角ビスの改造や、ブレーキ周りのディティールアップは、我ながら中々良いと思います。コレが出来た事が一番良かった事かな。

                 

                ティレル好きとしては外せない、エプソンカラーの完成品が出来たので、また一つ欲しいモノのピースが埋まりました!

                カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 23:48 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
                16年11月5日 タミヤF1のホイール取付六角ビスのディティールアップ&模型忘年会
                0

                  ディティールアップパーツが色々出ていますが、タミヤ付属の六角ビスでやってみようと思い、色々考えてみました。

                  モーターツールで六角の中心を極小丸ビットで凹みを付け、荒削りビットで穴を拡大、最後に2.0mmピンバイスで穴を整形します。

                  そこに1.9mm真鍮パイプの輪切りを入れて、軸が出ている再現をします。

                  土台部分はなかなか合うワッシャーが無く、ナシにしようかと思っていましたが、ふとミニ四駆のディティールアップの中に小型ワッシャーがあることに気づき購入。ためしに合わせてみました。

                  ややデカいですが雰囲気はありますので良しとします(ちなみにマクラーレン等のスピードラインホイールだとディティールがつぶれるので、考慮の余地ありです)

                  ビスの黒染め部分は耐水ぺーパーで銀の地を出してからミッチャクロンを吹いて、ガイアのクリヤーレッドとクリヤーブルーをエアブラシしました。

                   

                  六角ビスはタミヤ純正品なので、付属のレンチパーツも使えるし、なにより取り付けが簡単なので気を遣わなくていいです。

                  これで完成!全体画像はもう少し待ってね。

                   

                  12月の上旬、いつもの模型忘年会に行ってきました。

                  楽しすぎて写真は撮れず、カラオケにも行きましたが歌も歌わず模型話、気づいたらリミットを過ぎていて帰宅も危ない所でした(笑)

                  来年も何かやらかすとの事なので楽しみです。

                  カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 20:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  << | 2/126PAGES | >>