18年10月21日 ステアリング周り制作
0

    ディテールがつぶれない様、サーフェイサーを吹かず直接MFHカーボンデカールグレーP934貼ります。
    タオルに熱湯をつけてプレスしながら貼り付けました(熱湯なのですぐに型がつきますがかなり強力です、いきなりプレスするとデカールが溶けるので注意)

     

    一旦軽くスーパークリヤーでコートします

     

    細い面相筆で筆塗り、まずホワイトはクレオスのラッカー系で塗った後、タミヤエナメルで各色を塗りますが…、久々に使った色が多く、固まってて買い直したり、塗ってみたが上澄み液だけで塗ってしまったり(模型あるあるですね)微妙だ…(泣)

    タミヤのF1のハンドルは、ほぼ塗り指定なんですよね。デカールの方が良い様な気もしますが、平板になってしまうのもあれだし…難しい。

    幸いF60のステアリングの資料を持っていたので、ウェーブのXデカール各種やいらないデカールを使ってもう少しらしくします。ボタンの頭にはアルファベットが書いてあるので、根性で一文字ずつ切り離して貼り付け。ダイヤルは、極細文字を縦に貼り付けるとそれらしくなりました。

    すみません、真ん中のAliceのデカールは付属してたので貼り直し。
    ビシッと決まりました。


    検査証シール?や注意書きなどを資料を見ながらそれらしく貼り付けます。スイッチもあったのでTopスタジオTD23137トグルスイッチ1/20-1/24を差し込み。最後にフラットベースなめらかスムースをエアブラシ。
    だいぶそれらしくなりました。

     

    軸はこんな感じで金属でシャープに見せます、ステアリングシャフトはF1模型では見せ場だと思います。
    1.4mm(銀色にしときました)・1.6mm真鍮パイプを組み合わせます。輪っかはM1.7では大きかったので、ネジのナニワで再度探し購入したM1.4×3.0×0.3(外径3.0mm)を使用。台座は0.5mmプラ板を四角に削り出し、0.1mm洋白板を間にかませています。シフトパドルも0.1mm洋白板に置き換えたりしてシャープにしてから艶ありのブラックで塗装、その後組み合わせて、適当な洋白線をボルトの様に差し込んで密度を上げていきました。

    カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    18年10月14日 ボディリベット制作
    0
      ボディのリベット(スナップ?ファスナー?本当の名前はなんていうんでしょう?)を打って行きます。

      数種類の金属線を用意します、全て断面をペーパーで整形してから切り出して埋め込むと、きれいに見えます。接着はハイグレード模型用セメダイン(裏側からつけたり、リベットにつけてから埋め込んだり臨機応変にしていきます)を使用しました。
      ボディ側に埋め込む際は、塗膜で穴が狭くなっている事が多いですので、無理に押し込んだりしないように注意です、すぐにクリヤー面がひび割れします。
      穴を広げる時は極細丸ヤスリ等でクリヤー面が割れない様に様子を見ながら削りましょう、またピンバイスを使用する場合は特に慎重にやらないとスグに「パキッ」とクリヤーが割れてしまうので注意です。
      割れたりヒビが入ったときは、ごまかす事しか出来ないので、動かさずにそっと流し込み接着剤を流し込んで対処します。


      細い0.3mm洋白線は、コクピット前に。
       
      中ぐらいの0.4mm真鍮パイプはボディカウルに。
       
      太い0.8mmアルミパイプは、モノコック前部分に埋め込みました。


      ノーズを止める部分は、コクピット前側より少し大きめの1.0mmアルミパイプ、ノーズ側はトップスタジオTD23027MotoGPアソートディティールのkを裏返して貼り付けます。ピトー管は0.4mm洋白線です。


      排気口のリベットは、トップスタジオTD23107ワッシャーの0.8mmを使用しました。
      カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      18年10月8日 ギアボックス&サスペンション制作
      0
        リヤサスを組めば、とりあえずモデフェスには出せそうなので、先に組んでいきます。
        (エンジンカバーは後でも出来るし…)
         
        カーボンデカールは貼ってあるので、ディティールを追加していきました。
         
        使用したのはこれ。
         
        アッパーアームのギアボックス基部前側は、アクステオンの1/20汎用性F1サスペンションベースセットを適当に折り曲げて(資料が全く出てこないので前後の年代のフェラーリF1を見てらしい感じのものをチョイス、形状は想像です)から接着、トップスタジオTD23027MotoGPアソートディティールのtを貼り付け。 アップライト側もアクステオンので三角っぽく適当に切り出し、トップスタジオTD23027MotoGPアソートディティールのgを貼り付け。
         

        プッシュロッドは、キッチンテープを貼り込み(表面がきれいに貼り込めればOK、裏側でザッとまとめます)温度シールは自作です(タミヤ1/20フェラーリF2000についていたかも、別売りF1デカールにもついている場合があるので、取っておくと良いです)
        その後上から、ハセガワ曲面追従透明シートのTF23クリアーオレンジフィニッシュを貼り込みました(ちょっと濃いかな?クリアーイエローが製品化されたらうれしいなあ)
        ドライブシャフトはギアボックスに2.5mmアルミパイプ輪切りをかませてから1.4mm銅パイプを使用。
         
        ロアアームもプッシュロッドと同じ感じで作っていきました。
        カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        2018F1日本GP鈴鹿(予選)、回想。
        0
          2018日本GP、予選だけですが行ってきました。
           
          久々に来たぞ鈴鹿サーキット!30回記念。
           
          土曜フリーFP3は雨と風、ヒュンケルベルグのクラッシュで、かなりの荒れ模様。
           
          予選までの空き時間の間に、以前見ていたJ席に行ってみました。
          入る事も出来ないのか…、良い席だったんですけどね。
           

          AMGメルセデスやマクラーレンの市販スーパーカーも走っていました、普通は見られない様な車種が何周も走っているのは流石F1グランプリ。
           
          予選は天候のいたずらもあり、非常に面白かったです。
          大躍進のトロロッソホンダ、超大型新人ルクレール、ラストフェラーリライコネン、とんでもない速さのハミルトン、しっかり目に焼き付けました。
          明日用事があるので、泣く泣くレジェンドランは見ずに後にしました。
          音だけ聞こえましたが、やはり昔の車の音の方が良いなーというのが正直な感想。
           
          急いでお土産を買いにGPスクウェアへ。
           

          トロロッソと記念撮影が出来るというので、撮影してもらいました。
           
          今年はお客さんが結構はいっていたと思います、ダゾーンのお陰もあるでしょうね。
          スマホやネットで気軽に見れれば、ファンも増えると思います。
          ※ただ私は録画してメディアに焼いて保存なオールドタイプなんですよね、老害になりつつある(泣)
           
          帰りは近鉄線人身事故で、名張駅で足止め(泣)
          普通から急行から特急から全部運転中止で名張駅が人の山(F1観戦の方も多かったので国際色豊か)
          早く帰ったのが無駄になってしまいました…。
           
          が、予選の内容が非常に面白かったので行ってよかったです。
          来年はレッドブルにもホンダエンジンが積まれるし、また見に行きたいです。
          カテゴリ:レース観戦 | 01:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          トロロッソ頑張って!
          0

            カテゴリ:レース観戦 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            2018日本GPいよいよ予選
            0

              一番早いと思う130Rで。

              風強いな、難しいコンディション。

              カテゴリ:レース観戦 | 14:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              日本GP、FP3終わった
              0

                雨と最後のニコのクラッシュで、賞味走ったの20分位?でも久々に見れてよかった!

                エンジン音は、耳栓しなくても大丈夫な感じ。

                トロロッソが予想以上に紫ですね。

                今回のFP 3では、天候が雨・曇り・晴れと替わるにつれて、車のカラーリングの印象が全然違う(特にメタリック系のメルセデス・トロロッソ・ザウバーは晴れると光が当たってメチャクチャ綺麗)なので、一概にこの色!って言うのが難しいですね。


                次はいよいよ予選、26秒行くか?!

                カテゴリ:レース観戦 | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                日本GP、FP3始まった
                0

                  フェラーリラストライコネン、ニューマルボロカラー、かなり朱色やな。


                  雨が降ってきた、車が走ってこない…。

                  カテゴリ:レース観戦 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  << | 2/133PAGES | >>