ティレル(タイレル)ブルーは何色?サウンドオブエンジン2019回想1 接触篇
0

    タイレルP34の走る実車(しかも1977年型)を是が非でも見たい!という事で、鈴鹿サウンドオブエンジン2019を見に行きました。

    同時に今回はタミヤ所有の1976年型も展示され、さらにティレル019も出走との事なので、

    こういう塗装サンプルを作り、
    マニアならではの行為「模型のティレル(タイレル)ブルーは何色が良いのか?」を調べに行ってきました。
    もちろん車両は当時のままの塗装ではない事は分かっているのですが、一つの指針にはなる筈です。

    左から
    1 クレオス 色の源シアン 1:フタロシアニンブルー 1
    これはモデルグラフィックス2013年4月号掲載のフジミ 1/20 タイレルP34 1977年型 日本GPの作例に使用した塗料

    2 クレオス インディーブルー1 : フタロシアニンブルー 2
    これはモデルグラフィックス2009年12月号掲載のタミヤ 1/20 タイレルP34 1976年型 F1インジャパンの作例に使用した塗料

    3 フィニッシャーズ ブライトブルー

    4 フィニッシャーズ ピュアブルー
    これはタミヤ 1/20 ティレル020 テストカーに使用した塗料

    5 タミヤのTS15ブルー
    タミヤ 1/20 タイレルP34等の指定色、缶スプレーです

    ※2010年頃に購入した塗料なので、現在販売されているものとは若干色味が異なる可能性があります。
    また全てクレオスサーフェイサー1200グレー缶スプレーの上から直接エアブラシ塗装(かなりしっかり目に塗っています)
    クリヤーはクレオススーパークリヤー缶スプレーです。


    前日万全を期して宿を取り、朝イチで鈴鹿サーキット入り。
    メカニックの方(ありがとうございました)にお願いして、マシンの横に置いて撮影してもらいました。

    まずティレル019、なんと2台来ていたのでどちらも撮影
    ピット内撮影、蛍光灯下
    1台目(実車は超貴重品、メカニックの方がウェスを敷いてからボディ上に置いて撮影して下さいました)




    2台目(ピット内撮影、蛍光灯下)



    近目で見るとかなり濃いですが、遠目で見るとドンピシャの塗装サンプルもありますね。
    ただ走っている所を見るとかなり鮮やかなブルー、さらに並んだ置いてあったタイレルP34 1977年型より明らかに明るいブルーだったので、ドンピシャの塗装サンプルで塗装すると違和感を感じそうです。
    ※両車とも、屋外撮影、晴天時での撮影は出来ませんでした。

    次は念願のタイレルP34 1977年型
    ピット内撮影、蛍光灯下



    実車のティレルブルーは濃い!しかも若干濁った感じでタミヤ指定のTS15でも問題ない感じです。
    が、晴天下で比べると驚きの結果が…。

    屋外撮影、晴天下




    こんなに鮮やかになるんですね!ちょっと衝撃的でした。
    実車を見ると新たな発見もあります、FIRST NATIONAL CITY の色味もボディより明るめです。
    ※この屋外撮影、様々な方のお陰で実現しました、次の発動編をご覧ください。

    ちなみにタイレルP34 1976年型は、かなり特殊な光源の元でしたので撮影を断念、しょうがないですね。


    色々調べた結果、正しい模型のティレル(タイレル)ブルーとは、「自分が決めたブルーを塗る!」が僕の結論でした。
    もちろんボディカラーの正解(塗装サンプルと同色)はあるのですが、模型用には縮尺した事での色の凝縮感、さらにF1模型で言われる「屋内と晴天での色合いの違い」が非常に大きいと感じました。
    答えとしては非常に中途半端になってしまいましたが、今回の調べた結果+製作者が持っている理想のティレル(タイレル)ブルーを落とし込んで良い色が作れたら楽しいですね!

    いやー、実に奥が深いティレル(タイレル)ブルーでした、ますますのめり込みそう…。

    サウンドオブエンジン2019 回想2 発動編はこちら
    タイレル P34 1977年型のクローズアップ写真はこちら

    カテゴリ:ティレル(タイレル)資料集 | 00:57 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    モデラーズフェスティバル2019に行く その3
    0

      続きです、最後はモデフェス2019に出品されていたF1を紹介。





      BarClive、大野さんのMFH1/12フェラーリSF71H、1/12マクラーレンMP4/8、1/12フェラーリF2007、タミヤ1/12ウィリアムズFW14B、新作のSF71Hは1/10かと思うぐらい(タミヤのラジコンサイズ)大きいです、カーボンデカールも「どうやって貼ったの?」と思うぐらい複雑なのに、ばっちり仕上げています。MP4/8はフルディティール、見ごたえあります。


      世界ブラックマント同盟さん、タイレル祭り!今週のサウンドオブエンジン行かれますかと聞いたら「もちろん!」との事。



      Hobby Space 36さん、店長さんのタミヤ1/12ウィリアムズFW14B。タミヤの当時物デカールを使用しようとして(経年変化ですね)大変な事になったそうです。
      さらにTAKUYAさんのタミヤ1/12ロータス72。クリヤーはウレタンではなくラッカーとの事、大面積なので難しいと思うのですが非常に綺麗に仕上がり。一緒にMFHの超絶フェラーリ335Sも展示されていて見応えたっぷりでした。


      大阪プロトタイプさんの、アオシマビーマックス1/20マクラーレンMP4/2B、ニキラウダ追悼との事、フロントのモノコックはエッチング、非常にシャープでかっこいいです。


      フジミ1/20フェラーリ641/2。


      エブロ 1/20ティレル003。




      タミヤ1/20ロータス99T 、マクラーレンMP4/5B、 ウルフWR1。


      タミヤ1/20マクラーレンMP4/4フルディティール、ノーズカウルも分割、さらにプロスト仕様というのが良いですね。



      タメオ1/43ジョーダンJ196とフェラーリF2000、アンテナもシャープでスケール感が良いです。今年のモデフェスは1/43F1当たり年?



      その後みんなで打ち上げをしました、楽しすぎて撮影を忘れてしまい気づいたら…残り物の写真に。
      帰りは打ち上げ花火(打ち上げつながり?)が上がっており、良い気分になりながら帰宅しました。
      本当に楽しかったです!また来年もよろしくお願いいたします。

      カテゴリ:模型イベント・展示会 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      タイレルP34、トラブル
      0

        残念ながら、日曜日は走らず(泣)


        だけど、驚きの体験をさせて頂きました。


        続く

        カテゴリ:レース観戦 | 15:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        マルティニとブーツェン選手
        0

          カッコいい!


          カテゴリ:レース観戦 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          サウンドオブエンジン2019のP34
          0

            やっと見れました!

            カテゴリ:レース観戦 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            モデラーズフェスティバル2019に行く その2
            0

              モデフェス2019続きです。




              チームken-1&鳶色の会(皆さまありがとうございました)は車と艦船です。
              いおりさんコブラの絶妙なボディライン!今年はブルー系が多く洗練された感じです。



              艦船、山口さんの新作は長門。艦首の行灯の小ささ!
              高精度な技法を何百回も繰り返し出来るのが艦船モデラーだと思いました。


              早野さんの新作はこちら、物凄い迫力なのに実物はかなりコンパクトで、超絶1/43の様な感じです。
              二隻の並べ方や波の表情、さらに両艦のスピードの違いまで、みる人が見ればわかる様になっています。



              Ken-1さん新作のインプレッサラリー、実車とは微妙に色味を変えているからかお客さんの注目度が違います。人に見てもらうためには、記憶の中の理想の実車とでも言えばいいのかな、ただ小さくするだけではダメだなと思わせる一瞬です。
              さらにワゴンは「フェンダー削ってる、ワゴンはブリスターフェンダーじゃないから」で二度びっくり。



              タクシーの塗装は全てマスキング。
              赤いポルシェはエアテックスのエアブラシとクワトロポルテシンナー調合の塗りっぱなしでこの艶です。




              僕はポルシェ959パリダカ(撮り忘れ)とタミヤスロットカー。
              さらに久々のSRC1/43ロータス79と、予告していたタメオ1/43ジョーダン191。
              後述のフェラーリ2台と1/43が4台並ぶとかなり良い雰囲気です。
              ジョーダンはライティングのおかげでひび割れも目立たず、カラーリングの方が目立って注目も高かったです。
              今見たらネームラベルに記載のドライバーが間違っていますね…。


              ちなみに今回モデフェスの新作はこのベース。
              昔購入した端切の5mmアクリル板に、コーナンで購入した3mm乳白色アクリル板を組み合わせました。
              ポイントは裏から留めたネジです。
              「ただ切れば良いのだから簡単だろ」と思って始めたのですが、アクリルは硬いし断面処理は失敗するしタップは折れるしで大変でした。
              最終的に良い感じになり、自分の技術力もアップし満足はできたのですが、アクリルケースは注文した方が賢いという事がわかりました。
               





              今回はゲストでNさんの1/43モデル(タメオ1/43フェラーリ126C2とタメオ1/43フェラーリ156/85)が展示されました。タイヤやウィンドスクリーンの処理はもちろんの事、126C2のエアダクトは自作透明樹脂で再現されリアルな仕上がりです。アップにしても粗が目立たないのが高レベルの証拠です。



              tanizaemonさんはMFH1/12ウィリアムズFW16。マスキングやデカールの処理等本当にうまい。
              でもまだまだ探求は続くとの事です…空恐ろしい。

              そして定番のMFH1/20フェラーリF2007。





              Ken-1さんは、タミヤ1/20ロータス99T、マクラーレンMP4/4B、フジミ1/20ブラバムBT46ファンカー、そしてタミヤ1/20

              タイレルP34モナコGP1977のフルディティール4連発。やはりみんなが知っているマクラーレンは強いとの事。


              そういえば、今週末は鈴鹿のサウンドオブエンジン2019、タイレルP34がやって来ます!
              もちろん私も行きます、日曜日が楽しみです。


              続きます。

              カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              モデラーズフェスティバル2019に行く その1
              0

                モデフェス、今年は11月2・3日に開催されました。
                駐車場が混雑で大変だったと多くの方から聞きました。
                ATC自体の混雑もありますが、展示する側も見る側も、年々増えているからでしょうね。



                会場の様子です。


                ファイブスター物語とF1は、なぜか相性が良い様な気がします。しかも1/20フルディティールと1/43、アンテナも非常にシャープでした。







                お隣の仮面ライダーは1/1で、細かく仕様等を作り分けていました。


                klondikeさんのフィギュアは人気ありますね、それを芸術まで高めるPYGMALIONさん。 奥には美しいメタリックのモーターヘッド。



                イニシャルDの車が揃っているのが壮観です。







                大阪プロトタイプ(ケロノリンさん)の卓です。今年は地中海との事で、ネコワークスさんのミニディオラマ。
                手のひら感があって非常に可愛らしいです。


                1/20バルキリー!、下は小さな船がなんと試験管の中にズラッと。




                瑞鶴と翔鶴、機首に搭載のAIユニットが電飾されていて非常にカッコいいです。




                モデフェスで常に人だかりのラジコン操作戦車。打った後の動きも、ものすごくリアルです。



                関西では見ることが難しい大御所モデラーさん達の作品が。皆さん目を皿の様にして見ていました。
                なんとご本人も!



                昨年のマクロスジオラマで大人気だったワンコロさんの作品、今年も新作が。凄い密度です。


                ヘルニアライダーさん、今年の新作は真ん中。躍動感ありますね。
                埃カミひとつない美しいスクリーン自作はすごい。
                しかしヘルニアさん曰く、どうしてもバイクモデラ―という括りになってしまうらしく「ザクも見てほしいんです」との事。



                1/20バルキリー、結構製作している方が多いです、展示会には映えますね。



                BARCliveさん。今回は海外のモデラー、ティムさんとも話す事が出来ました、ブルーが美しい!
                英語でのネームプレートの表記を教えてもらえました、ありがとうございます。


                物販も。


                実演は本当に人気があります。人垣がすごいです。


                今年は、京都アニメーション 追悼展として展示されていました。
                ちなみにマクロスのフィギュアもあったんですが、京アニって参加してたんでしょうか?

                続きます。

                カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                モデラーズフェスティバル2019に参加予定
                0
                  今年も大阪南港ATCで開催されるモデフェスに参加いたします。
                  開催日は11月2・3日とありまして、今回は3日に参加致します。
                  10階デザインショーケース卓の30番、チームken-1&鳶色の会です。
                   
                  出品物、グンゼ 1/24 ポルシェ959 パリダカ 1985タミヤ 1/24 スロットカー(ロータス40、キングコブラ、フェラーリ330P2)。F1はSRC 1/43 ロータス79と、タメオ 1/43 ジョーダン 191(以前一部分のみ掲載)です。
                  ちなみに当時試した実験は僕なりのクリヤーコート方法の確立となり今に至ります、手間と時間はかかりますが、ひび割れは全く出ていません。

                  残念ながら1/12 タイレルP34は間に合わず、グロージャンチャレンジは失敗に終わりました(泣)
                  今年は新しく1/43好きのモデラーさんが特別参加との事で、今から楽しみです。
                  カテゴリ:模型イベント・展示会 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  << | 2/138PAGES | >>