<< リヤウィング製作 | main | シフトレバー&シートベルト他小物パーツ色々(11月9日) >>
リヤウィング製作2
0
    翼端板は朝方にモンザレッドを吹いておき、帰宅してデカールを貼りました

    (画像は軽くクリヤーを吹いた状態です)。
    ウィングはミラークロームではなくメタルックにしました。デカールを貼るためと保護用にクリヤーを吹きたいからです。
    最初にカビキラーを吹いてメッキを落としてから、プラスチックがピカピカになるまで磨きます(未塗装で貼ってしまうため)
    次はメタルックです。一気に貼ろうとせず細長く切って2回に分けて貼っていったらきれいに貼れました。

    つなぎ目もうまい具合に別パーツっぽい雰囲気になっています。クリヤーをかけたので少しざらついていますが、金属で作り直す労力を考えればこの完成度で十分だと思います。

    中嶋一貴、ウィリアムズF1フル参戦ですね、来年も面白くなってきました!
    スーパーアグリもよかったですが、やはりそれなりのポテンシャルがあるチームで走った方が良いのは事実。ヒルやビルヌーブの様な活躍が出来るか、期待です。
    カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    なるほど、塗装ではなく貼り付けるという方法もありますね。
    当時のウィングは本当アルミのまんまでしたし。
    完成画像が観たいです(^^)

    一貴くんはいいチャンスをゲットしてなによりですね。
    来季はどう戦ってくれるか、期待したいです。
    成績如何ではタミヤがキット化してくれれば
    尚更うれしいですね。
    | doudeshiyou | 2007/11/08 8:03 PM |
    どうもです。
    金属を使用する高度なテクニックも沢山ありますが、メタルックも丁寧に貼れば十分使えます。ただうまく貼るためにシートの1/3をパーにしてしまいましたが‥。

    なんとかコンテスト出せました。毎回スカばっかりなので今回こそは‥。
    | kawahara | 2007/11/11 2:19 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/657983
    トラックバック