<< エアーダクト塗装(FRP表現) | main | リヤウィング製作2 >>
リヤウィング製作
0
    これも前回オミットしていました部分です。

    キットを元に薄々攻撃をしかけます‥が、ウィングと翼端板のつながりがなんか変です(黒くて分かりにくいですが翼端板が浮いているように見えます)、よくよく考えたら翼端板が小さすぎるんですね。

    この薄々攻撃、ある程度のサイズだと本物っぽく見えるのですが、126C2の場合リアル感が逆に無くなってしまいました。

    そんな訳で0.1mm洋白板で作り直しです。
    キットを元に切り出しと穴あけ(0.4mmピンバイス)。エッジをやすってから瞬着でウィングに仮止めして、本体も同じように0.4mmピンバイスで穴あけしました。

    プライマーとサーフェイサーをかけて塗装に備えます。
    カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/656953
    トラックバック