<< 磨き続き3 | main | エアーダクト塗装(FRP表現) >>
磨き続き4&ミラークロームの弱点
0
    この126C2で使用した新兵器ミラークローム、モノコックは大成功だったのですが、意外な弱点が露呈していまいました。

    クリヤー塗装と平行してミラーロームを使用していたのですが、どうも指に銀粉が付着していたらしくボディーのクリヤー層に銀粉の指紋跡が!
    質が良い分、かなり粒子が細かく作業中は全く気づきませんでした。未定着塗料は取り扱いに注意しなければいけませんね。
    途中で気づいて深めに砥いで再クリヤーしたのですが完全に落とす事は不可能でした、それでも分からない程度にはなったのですが‥。

    コンパウンドでみがきだしの際、他の部分とクリヤー層が違っていて(薄くなっていた)下地が出てしまいました。
    下地が出るのがエッジなどだとタッチアップも目立たないのですが、平面は‥厳しいですね。
    もう修正は不可能なので(やってもあばたみたいになる)サーフェイサー層が出ないようにやっていきます。
    カテゴリ:1/20フェラーリ126C2 | 17:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    どうもお疲れ様です。
    自分も指に塗料が付着しているのに気付かずに触って
    いや〜ッってことありました(涙)
    塗装終えてクリアー、磨きまでいって下地まで出るのは本当痛い
    ですね。

    かくいう自分はようやく模型いじれました。
    昨日は映画(「仮面ライダー THE NEXT」)観に行って
    HGUS Zの白部分の最終塗装終えてDAICON犬僚の子いじってます(^^)
    | doudeshiyou | 2007/11/04 3:30 PM |
    どうもです。
    下地がでると本当に萎えてしまいます。他の部分がうまくいっているので残念です。

    最近の特撮は特有の感覚が今一肌に合わないので(それをいったら深夜アニメはもっとひどいですが‥)仮面ライダーTHE NEXT 公式サイトを見たら中々よさそうですね。
    ライダーのファッションや変身後のレザーの質感が良い。
    しかし何頭身なんでしょう、変身しているのにものすごくプロポーションがいいです、うらやましい‥。
    | kawahara | 2007/11/04 11:39 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/655629
    トラックバック