<< 19年12月1日 サスペンションアーム・スタビライザー取付け | main | あけましておめでとうございます >>
19年12月7-8日 リヤウィングステー切り出し
0
    初期のリアウィングステー無塗装(モナコのデパイユ辺り)を再現するため、0.5mm洋白板での制作にチャレンジしました。
    材料はこちら。


    右から、エンジニアTV-26ヤンキーバイス、 GROBET糸鋸フレーム+ヘラクレス(ない場合はパイクなど)糸鋸刃#5/0、0.5mm洋白板、ミニ・クランプセット、H&HオートポンチH-330。下のすり板は適当な1cm厚のベニヤ板を買ってきてV字を切り抜きました。


    まず元キットをゲージにして油性ペンやオートポンチでケガキと穴の位置決めをします。


    次にすり板(適当に重しを乗っけて動かない様にします)のV字部分に0.5mm洋白板をクランプして糸鋸で切り抜きます(写真は2枚目の製作中です)。しっかりクランプしてなるべく動かない様にするのがコツです(擦り傷等はあとでなんとでもなります)
    切り方は、軽く刃を動かしてきっかけを作った後、ケガキラインを見つめて無心で切る事。

    曲線は鋸を垂直にして切っていきます。難しい場合は「彫金 糸鋸」などで検索して自分のやり易い切り方法を探してみてください。


    次に成形、バイスに咥えて鉄ヤスリ等で形を元キットに近づけていきます。


    穴は、ピンバイス0.7mm辺りから開けて元キットと見比べ様子を見ながら、少しずつリューターや棒ヤスリで広げて行きました。
    ちなみに、ピンバイスは咥えるチャックが鉄製を使用しています(小サイズピンバイスのチャックは真鍮なので、1年ぐらい使うとドリル刃が滑ってしまいます)


    なぜ0.5mm洋白板かと言うと、昔チャレンジしたけど無理だったからです、やっと出来ました。
    カテゴリ:1/12タイレルP34 | 00:44 | comments(3) | - | - | - |
    コメント
    すごい!!0.5mm!!
    現在0.2mmを使用してますが、デザインナイフとニッパーでなんとかやってます…。
    0.5mmを曲線も含めて糸鋸で断端垂直に切る…むーちゃくちゃ難しそうですね!!
    | pinoki | 2019/12/27 11:22 AM |
    どうもです。
    0.5mm、プラならカッターとかで何とか切れるけど
    洋白板はちとムズイので。
    今年は静岡で再会出来て何かとお世話になりました。
    来年も何卒よろしくお願いいたしますm(_)m
    また来年静岡HSでお会いしましゃう(*´ω`*)
    | どうちゃん | 2019/12/29 8:01 PM |
    pinoki様
    どうもです、今年もよろしくお願いします。
    リアルにしようとすると金属加工が増えて完成から遠のいてしまうのですが、出来た時の喜びは確実に大きいです。
    旋盤加工やハンダ付けのメーター周り、非常に良い感じですね。

    どうちゃん様
    どうもです、今年もよろしくお願いします。
    アルミでも問題はないのですが、洋白が切れれば色々夢が広がりそうだったので…。出来た時はうれしかったです。
    今年も静岡HSで再会、期待しています。
    | kawahara | 2020/01/01 11:31 PM |
    コメントする