<< 第7回関西オートモデラーの集いに行く その1 | main | タミヤ 1/24 ロータス40 フェラーリ330P2 キングコブラ 製作記 >>
第7回関西オートモデラーの集いに行く その2
0

    続きのF1編です。
    今年は1/12で弩級のフルスクラッチモデルや、レベルの1/24F1など、他ではまず見る事が出来ないであろう作品を多数観る事が出来ました。



    Ken-1さんのオートモデリング作例、1/20ロータス99TデトロイトGPと1/20マクラーレンMP4/5B日本GP。静岡と和歌山でも展示されましたが何度見ても新たな発見が。大阪では初展示なので見ていく方も多かったです。



    雅ビルヌーブさんともうひと方の、タミヤ1/20ルノーRE30B。
    あまり完成品を見ないRE30Bが2台も並ぶなんて、フランス車特集だからこそですね。それぞれ製作者によって、おさえるポイントがちがうのが面白い。


    8マンさんのルノーR.S.18、こちらも静岡で展示されていましたが、あまりじっくり見れなかったので嬉しいですね。
    ボディ形状の確かさや、薄い所はしっかり薄く、さらにフルスクラッチなのに経年変化がほとんどないのが凄いです。

    今回の特設コーナーのテーマは「おフランス」という事で、上記のルノーF1以外にも、


    ケロノリンさんのZACO1/24ベンチュリラルースLC92、片山右京のデビュー車です。ガレージキットを組んで完成されているのですが説明書が手書き!右京と同じく気合いで組んでます。当時のは大体こんな感じでしたよね。




    なかなか見る事が出来ないレベルの1/24ウィリアムズFW19、ルノーR23、ジョーダン197、3車とも同じ製作者の方。美しいスジ彫りやデカール・塗装技術で非常にスッキリと仕上げられており、上手い・欲しいと思わせる仕上がりです。


    こちらも珍しいエレール1/24タルボ ラーゴ、こちらもすっきりと今の模型クオリティで仕上げられており、2000年代のF1と元祖フロントエンジンF1との共作が素晴らしいです。


    スタジオ27の1/20ルノーR27、完璧に仕上げて、難物のガレージキットとは思えない仕上がりになっています。


    スタジオ27の1/20プロストAP02、こちらも美しい仕上がり。サラッと仕上げている(相当難しい筈なのに…)感が、上級モデラーの風格を感じさせます。


    職業型師のF1工作部屋ribechanさんのフルスクラッチ1/12ブラバムBT45、いよいよ完成に近づきて来ました。
    残すはリアウィングとの事。左右の独特のインテークが非常に映えます。アルファフラット12もエンジンの咆哮が聞こえてきそうです。
    氏の作例は、F1好き模型好きの究極です、ぜひ現物を見て欲しいです。





    F1 模型 POLE POSITION TOTOさんのタミヤ1/12マクラーレンMP4/6、ほぼフルスクラッチ1/12フェラーリF2000。
    中でも初見のフルスクラッチフルディティール1/12フェラーリF2000、エンジンやギアボックスなどのディティールパーツはボルト類がさかつう等でそれ以外はほぼ自作です。この年代のメカニカルな所はシンプルな分、個々のパーツがものすごく有機的な形状で流用がきかず、一つ一つをきっちり作らないといけないんです(僕はフジミ248F1でやろうとして落伍しました)破綻なく仕上げられています。
    こちらもF1好き模型好きの究極です。




    ライザーさんのフジミ1/20マクラーレンMP4-27、見た事ある!と思ったらやっぱり2015年の第3回関西オートモデラーの集いで展示されていた作品でした。
    しかし全く経年変化が無いのは凄いです。以前にも増してメッキ塗装の試行錯誤をされており、裏で見せていただいたゾイドのメッキ塗装は凄まじいの一言。
    SHOW UPのハイパークロームAgの試し塗りのスプーンも展示され、皆興味津々でした。


    タミヤ1/20ロータス79マルティニ仕様1979、展示に非常に気を使っていて、家の机に置いたらどんなに楽しいだろうと想いを巡らせました。


    フジミ1/20タイレルP34 1977、複雑なフロント周りやリアのラジエータ辺りの華奢な感じなど、組み上げると非常に満足感を得られるキットです。フル開閉にしてたくさんの方に閲覧されていました。


    タミヤ1/20ウルフWR1、ちょうどGPカーストーリーも発売中です。
    本を読みながら、さらにディティールを探るのも良いですね。


    モデラーズ1/20フェラーリF92A、前回のオートモデラーの集いからはベースが着色されており、着実に完成に近づいています。

    そんなこんなで、大盛り上がりでした。
    今年は用事で少し遅れたのですが、無事展示も出来、さらに沢山の方々に声をかけてもらいました、ありがとうございます。


    打ち上げは串カツ、その後の難波探索でとんでもない方と出会ったり、2次会(?)の喫茶店では驚異のイベント案が出てきたりしました(笑)
    楽しかったです。これからも皆さまよろしくお願いします。

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 22:32 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    お疲れ様です。
    やはり展示会は盛り上がりますね(*´ω`*)
    静岡HSでも多くのF1作品観ましたが
    やはりそこまでの紆余曲折あって作るのは大変だけど
    それが楽しいんですよね。
    あーしたいこーしたいと思って全然手が動かない事も(涙)
    来年の静岡HSはホンダのF1マシーンで統一しようかと
    今から虎視眈々と狙っております。
    あ、ミンキーモモも持っていきますんで(チョ待て)
    | どうちゃん | 2019/08/31 6:07 PM |
    どうちゃん様
    どうもです。
    静岡でもそうでしたが、展示会に行くと年々盛り上がりが大きくくなっているのを感じます。
    作っている皆さんも大変さを楽しんですらいます。「出来たー!」という快感には抗えない(笑)
    今年はホンダ復活元年になりそうなので、ホンダF1統一チャレンジ期待しています。
    もちろんミンキーモモも期待していますよ(笑)
    | kawahara | 2019/09/01 12:59 PM |
    マルティニロータス79を撮影していただきましてありがとうございます。

    マルティニ仕様もあまり見かけませんので、3月のタミヤコンテストに出品して、落選した物をそのままオートモデラーに持参してます。
    ロイテマン仕様で作成しましたので、次はマリオ仕様で作成する予定です。

    来年も参加出来ましたら参加しようと思っています。
    | カズ | 2019/09/05 12:52 AM |
    カズ様
    タミヤコンテストは残念ですが、清潔感ある仕上がりで、ブリティッシュグリーンのロータス79はカッコいいと思います。
    マリオ仕様も作られるとの事、次のオートモデラーも期待します。
    | kawahara | 2019/09/09 8:30 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301399
    トラックバック