<< 和歌山プラモデル合同展示会2019に展示予定 | main |
和歌山プラモデル合同展示会2019に行く
0

    和歌山プラモデル合同展示会2019、2日目に展示させて頂きました。
    和歌山駅、前日は臨時ディーゼル機関車が走っていたとの事、見てみたかった!


    和歌山線は227系に置換えられておりました。思い入れのあるエメラルドグリーンの105系はほとんど新在家の車庫におり、時代の移り変わりを感じます。

    今年も目玉作品が目白押しです!


    いきなりのインパクトは、アニメ塗り!tanizaemonさんのZにいおりさんのガンダム。噂には聞いていましたが、実際見るとすごく手がかかっています。
    これを筆で塗るのは大変だった筈。たくさんのお客さんの目を引いていました。


    エア物とSF物。



    AFV





    キャラクター物。


    和歌山名物トラック



    バイクモデルは非常に充実しています、MIU RS250の展示方法が好きです、新旧モンキーもいいですね。


    雅ビルヌーブさんはNXR750をカウルありとストリップで2台、特製デカールに、ディティールアップも3Dプリンタ物を使用して、いつもにも増して目立っていました。


    カーモデル、1/12のF1が4台も!製作者は全て大野さんです。また今年は若手の方が多くの作品を展示されていました。


    モデルファクトリーヒロ1/12フェラーリF2008
    レジンとメタルの複合キット、難易度は相当高く、エアロ絶頂期のマシンなのでボディの回り込みやフィン等が多く大変な筈ですが、この仕上がりです。


    イタレリ1/12フェラーリ126C2
    元はプロターの当時物キットですが、メッキ塗装など現代のマテリアルをふんだんに使って、非常にリアル仕上げています。カウルはねじ止めに変更されていました。


    タミヤ1/12フェラーリ312T
    エンジン周りの作り込みが素晴らしいです。カウルの白部分の黄変が残念と制作者の方がおっしゃられていました。


    タミヤ1/12フェラーリ312T4
    こちらもエンジン周りの作り込みが素晴らしいです。312Tと312T4は譲った方から一時返却してもらい展示しているそうです、譲られた方がうらやましい。

    招待作品です。

    カーモデル、Ken-1さん。
    NSX-Rは改造ポイントを見分ける重要さ、プジョー205のボディーカラーに使用したタミヤのシルバーはかなり良いよと教えてもらいました。ロータスホンダ99Tの改造は何度見てもマニアック!


    艦船、山口さん。
    海の色にも、各地の違いがありそれを再現。


    何気なく見ていたらフィギュアが乗っていない(フィギュアが乗船している作例)ので、なぜ?とお聞きしたら、なんとフルハルモデルから洋上モデルに改造したとのこと。理由を聞けば納得なのですが…こんな繊細な物を切ってしまうのですよ!?思わず2度見してしまいました。


    キャラクターモデル、Keitaさん。
    作品も圧倒なのですが、さらに目を引くのが広い会場の利点を最大限に使ったプレゼン方法。背景やベースなどをうまく構成して作品をより際立たせています。


    同じくキャラクターモデル、nishiさん。
    シルバリングやデカールの段差すらもわからない圧倒的な表面処理、小さいロボットのハゲチョロ塗装も恐ろしく繊細でした。

    トッププロの作品はどの展示会でも大人気でじっくり見るのは難しいのですが、和歌山展示会ならではの特権を活かしてじっくり見れました。
    一つ思ったことは、スミ入れが非常に丁寧で繊細!スジボリやディティールがしっとりと浮き上がり、ワンオフならではの存在感を醸し出しておりました。


    オートバイ、ヘルニアライダーさん。
    圧倒のレースジオラマ、一目見たら忘れられない印象です。ライダー本体やデカールもほぼ自作!本当に好きなんだなあと思いました。


    諸岡さん(PAINT HOUSE BEOWULF)。
    実車のペイント屋さんとのこと。シルバー塗装の美しさもさる所ながら、電子的な模様は全てマスキング!すごいです。

    そして私ですが、今回F60のノーズカウルを忘れる(他の箱に入れていた)という痛恨のミス!!
    959もいろいろコラボ撮影したのですが、うまく撮れず…なにやってんだか。
    今年の隠し玉は、ファイブスター物語です。

    ボークス 1/100 オージェアルスキュル (旧スーパースピリッツ版)
    モデルワークスさん展示会で教えていただいたアクティブバインダーの塗装法、クレオススーパーファインシルバーを吹いてからクレオスラフシルバーも見事に決まり、購入してから20年(笑)やっと完成いたしました。足部分のグレーは、クレオスミディアムブルー+インディブルー+パープル=5:2:3です。


    ボークス 1/100 シュぺルター (旧スーパースピリッツ版)
    ゴールド部分は、昔からある金塗装の定番、8番シルバーの上からクレオス旧クリヤーイエロー+オレンジ、足部分のグレーのレシピは、オージェと一緒です。


    海洋堂 1/100 ジュノーン (ソフビ製)
    僕が初めて購入したFSSのキットです。当時欲しくても高くて手が出なかったFSSの模型を作れる!と、ものすごく嬉しかった事を思い出しました。カラーリングは一番初期に出たボークスのカラーリング(モデルグラフィックス別冊 烈神大戦録2989やホビージャパン 1988年7月号とじ込み)を参考にしています。


    ボークス 1/144 サイレン 本国仕様
    塗装は8番シルバーの上からクレオス旧クリヤーブルー+グリーン、凹んだ所に軽くクレオス旧クリヤーレッドを吹き付けています。ホビージャパンEX 1990年冬の号を参考にしています。


    お昼にはお弁当や和歌山の方なら誰でも知っている「グリーンソフト」を頂いたりと、運営の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。今年も非常に素晴らしい展示会でした。
    来年開催されれば10回記念大会、今から大期待です。

    近況、展示会の前後で、F1はオーストリアGPでレッドブルホンダ優勝、イギリスGPも非常に面白く、さらに今年のサウンドオブエンジンはタイレルP34が来日予定…と書こうとしていたら、
    京都アニメーション火災の悲痛な事件がありました、本当に残念です。犠牲になった多くの人のご冥福をお祈りします。

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 01:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    どうもご無沙汰しております。
    素晴らしい作品群を目に出来るのは展示会の醍醐味であります(*´ω`*)
    モーターヘッド(今設定変わってる?あたしゃナイトオブゴールドが好き)
    も素晴らしいッ生で拝見したかったです。

    京都アニメーションの惨事、木曜のお昼にN〇Kニュースで知りましたが
    才能ある人たちがこんな形で未来を絶たれたと思うと無念で腹立たしい
    スタッフの中にお孫さんがいて行方がわからないと言っていた
    お爺さんのインタビューに涙してしまいました。
    ご冥福を祈ると共に京都アニメーションの復興を願わずにはいられません。
    アニメイトで募金開始したとの事で自分も募金しに行きます。

    サウンドオブエンジン、土曜日曜どれか一日でも行きたいッ
    ともかくP34の走りを拝めるなら馳せ参じようと決心☆
    お会い出来たらよろしくお願いします(*´ω`*)
    | どうちゃん | 2019/07/20 7:24 AM |
    どうちゃん様
    どうもです。
    展示会、やはり実物のインパクトは凄いです(こんなに細かいんだ!とか)
    FSS、私は良く訓練されたシモベです、KOGの改変版マグナパレスもそろそろ出てきそうです。
    サウンドオブエンジン、日程的に厳しいんですが、なんと言ってもP34!日曜だけでも行きたいです。お会い出来たらうれしいですね。
    京都アニメーションの事件は、未だに現実とは思えません…、ショックです。
    | kawahara | 2019/07/22 8:51 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301396
    トラックバック