<< 18年10月14日 ボディリベット制作 | main | モデラーズフェスティバル2018に参加予定&アニメ録画記 >>
18年10月21日 ステアリング周り制作
0

    ディテールがつぶれない様、サーフェイサーを吹かず直接MFHカーボンデカールグレーP934貼ります。
    タオルに熱湯をつけてプレスしながら貼り付けました(熱湯なのですぐに型がつきますがかなり強力です、いきなりプレスするとデカールが溶けるので注意)

     

    一旦軽くスーパークリヤーでコートします

     

    細い面相筆で筆塗り、まずホワイトはクレオスのラッカー系で塗った後、タミヤエナメルで各色を塗りますが…、久々に使った色が多く、固まってて買い直したり、塗ってみたが上澄み液だけで塗ってしまったり(模型あるあるですね)微妙だ…(泣)

    タミヤのF1のハンドルは、ほぼ塗り指定なんですよね。デカールの方が良い様な気もしますが、平板になってしまうのもあれだし…難しい。

    幸いF60のステアリングの資料を持っていたので、ウェーブのXデカール各種やいらないデカールを使ってもう少しらしくします。ボタンの頭にはアルファベットが書いてあるので、根性で一文字ずつ切り離して貼り付け。ダイヤルは、極細文字を縦に貼り付けるとそれらしくなりました。

    すみません、真ん中のAliceのデカールは付属してたので貼り直し。
    ビシッと決まりました。


    検査証シール?や注意書きなどを資料を見ながらそれらしく貼り付けます。スイッチもあったのでTopスタジオTD23137トグルスイッチ1/20-1/24を差し込み。最後にフラットベースなめらかスムースをエアブラシ。
    だいぶそれらしくなりました。

     

    軸はこんな感じで金属でシャープに見せます、ステアリングシャフトはF1模型では見せ場だと思います。
    1.4mm(銀色にしときました)・1.6mm真鍮パイプを組み合わせます。輪っかはM1.7では大きかったので、ネジのナニワで再度探し購入したM1.4×3.0×0.3(外径3.0mm)を使用。台座は0.5mmプラ板を四角に削り出し、0.1mm洋白板を間にかませています。シフトパドルも0.1mm洋白板に置き換えたりしてシャープにしてから艶ありのブラックで塗装、その後組み合わせて、適当な洋白線をボルトの様に差し込んで密度を上げていきました。

    カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301377
    トラックバック