<< 2018F1日本GP鈴鹿(予選)、回想。 | main | 18年10月14日 ボディリベット制作 >>
18年10月8日 ギアボックス&サスペンション制作
0
    リヤサスを組めば、とりあえずモデフェスには出せそうなので、先に組んでいきます。
    (エンジンカバーは後でも出来るし…)
     
    カーボンデカールは貼ってあるので、ディティールを追加していきました。
     
    使用したのはこれ。
     
    アッパーアームのギアボックス基部前側は、アクステオンの1/20汎用性F1サスペンションベースセットを適当に折り曲げて(資料が全く出てこないので前後の年代のフェラーリF1を見てらしい感じのものをチョイス、形状は想像です)から接着、トップスタジオTD23027MotoGPアソートディティールのtを貼り付け。 アップライト側もアクステオンので三角っぽく適当に切り出し、トップスタジオTD23027MotoGPアソートディティールのgを貼り付け。
     

    プッシュロッドは、キッチンテープを貼り込み(表面がきれいに貼り込めればOK、裏側でザッとまとめます)温度シールは自作です(タミヤ1/20フェラーリF2000についていたかも、別売りF1デカールにもついている場合があるので、取っておくと良いです)
    その後上から、ハセガワ曲面追従透明シートのTF23クリアーオレンジフィニッシュを貼り込みました(ちょっと濃い?TF13橙黄色フィニッシュの方が良いかもしれません)
    ドライブシャフトはギアボックスに2.5mmアルミパイプ輪切りをかませてから1.4mm銅パイプを使用。
     
    ロアアームもプッシュロッドと同じ感じで作っていきました。
    カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301375
    トラックバック