<< 第6回関西オートモデラーの集いに行く その1 | main | F1 模型 POLE POSITION様リンク追加 >>
第6回関西オートモデラーの集いに行く その2
0

    続きのF1編です。

    今年は関西初登場のF1モデラーさんの作品を多数観る事が出来ました。

     

    8マンさんのフェラーリ最新F1はボディ形状すら把握が難しい事が多いのに、この素晴らしさ。

    そして最新作はルノーとの事!いやが上でも期待が高まります。

     

    職業型師のF1工作部屋 ribechanさんのMP4-19B、形状出しもさる事ながら、ウィングやフィンへの塗装など「どうやってやっているんだろう…」というレベルの美しさです。手前の茶色っぽいものはスキッドプレートです「裏側だから見えないじゃないですかー」との事(笑)

     

    和歌山プラモデル合同展示会でもおなじみの大野さん、新作のプロター1/12フェラーリ126C2。タイヤが…との事。さらに「未公開の最新作もあり」との事、次回も大期待です。

     

    F1 模型 POLE POSITION Factory-UのTOTOさん。
    1/12のF1を3台、しかもマクラーレンMP4/7はフルスクラッチです!初めてお話しさせていただいました。
    細かいところもきっちり仕上げていて、素晴らしい精密度です。塗装の際のクリヤーはウレタンで、かなり力を入れて磨くとの事。光沢塗装ってゴールは一緒なんですが、そこに辿る道のりは十人十色です。色々なやり方を聞いて試して、自分にあった方法を見つけているのが、上手い人の共通点だと思います。
    今回相互リンクもしていただきました、よろしくお願いします。

     

    タミヤ1/20マクラーレンMP4-13、難しいWestカラーもしっかり再現。「再販するにしたがってフロントウィングの★マークやモービルマークが版権の都合?でデカールがなくなっているので注意です」との事、貴重な情報です。

     


    タミヤ1/20マクラーレンMP4-13、テスト仕様です。

     


    エブロ1/20マクラーレンMP4-31、赤のスーパーソフトタイヤは作品が締まる感じがして良いですね。

     


    タミヤ1/20レッドブルRB6、メタリック塗装が美しい。

     


    モデラーズ1/20フェラーリF92AT、当時から作り続けていたとの事、シートのバックスキンが良い感じです。

     

     

    そしてマルボロマクラーレン特集。MP4/2、MP4/5、MP4/5B後期、MP4/6がKen-1さん、MP4/4、MP4/5B前期、MP4/7、MP4/8が僕です(制作途中のMP4/7はまた後日に)。

     


    Ken-1さん新作のMP4/5は、スペシャルベースに!艦船模型のHさんに譲っていただいた1987-1988-1989-1990年の日本GPチケットを埋め込みました、僕もこの頃を生で見たかった…。

     

    雅ビルヌーブさん制作のタミヤ1/12ルノーRE30B、同時代の車が並ぶとテンションが上がりますね。

     

    Ken-1さん、フジミ1/20ウィリアムズFW16、モノコック側を延長(ノーズコーンとの接合部あたり)したとの事。

    色々言われているフジミFW16ですが、隣にタミヤを並べてモノコック延長のFW16と比べて見ました、違和感ない感じですがどうでしょう。

     


    今年は昼飯をカレー屋さんのマドラス(中サイズでも量が多い!)で。美味しいお店って、大通りから一つ入って探すとありますよね、大当たりでした。


    夜はお好み焼き、濃い話で大盛り上がり、時間が足りませんね。

     

    今年も制作意欲を沢山もらいました、楽しかったです。これからも皆さまよろしくお願いします。

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    先日はありがとうございました。こちらこそ今後ともよろしくお願いします。Ken-1さんと川原さんのSNS,ホームページはいつもチェックさせていただき勉強させていただいており、また尊敬しています。近日リンクさせていただきます。
    | TOTO | 2018/08/31 3:28 AM |
    ありがとうございます、先日はどうもでした。
    他ではなかなか見る事ができない作品、細かなディティール、さらに素敵なベースで、注目度も高かったです。
    自分の好きなドライバーの車が完成するのは楽しいですね!
    カーモデルの中でもF1を作る方は少ないので、ぜひ頑張って下さい。
    | kawahara | 2018/09/01 10:42 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301362
    トラックバック