<< 和歌山プラモデル合同展示会2018に展示予定 | main | 第6回関西オートモデラーの集いに参加予定 >>
和歌山プラモデル合同展示会2018に行く
0

    和歌山プラモデル合同展示会2018、2日目に展示させて頂きました。

    今年も例年どうり和歌山線に乗り布施屋へ。河南コミュニティーセンターが見えてきました、それにしても暑い…。

    やっとたどり着きました。館内涼し!作品いっぱい!観客が麦わら帽子の少女の様に見えてきました(笑)

     


    ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)ファイナリスト!小学生ぐらいの方との事ですが、創意工夫と見栄えの良さ。
    コンテストで入賞って最高に嬉しいですからね、これからも楽しんで作っていってほしいです。

    そしてその隣は、楽しみすぎた大人たちが制作したミクへんげ!良い対比です。

     

    バイク、レプソルホンダの3台(年代をあてられたらすごい)から、全日本の89木下RS500(撮影し逃したのでこちらで)は3つしかない写真(しかも動画とか低解像度の画像とか…)を前後年のロゴから推測し作って行く!?という究極の楽しみを突き進んでおりました。

     

    キャラ系、ディープストライカーが既にある!ガンプラ旧キットを作って見た!も。モデルガンは水鉄砲を再塗装したもの、すごい精密感。今年は新しく入られた方々も加わり、よりパワーアップしているようです。

     

    創作系も。実物の縮小だけが模型の楽しみ方ではない事がよくわかる作品です。

     

    トラック、魚市場が完全再現。氷とか透明ランナーを切ってるんですが、氷にしか見えない!

     

    鉄道模型、AFV、今年は戦車系が増えていました。発砲スチロールを薄めたエンジ色で塗ったらレンガ張りの道のベースになるというのは、目から鱗。

     

    キッズコーナー、1/60ユニコーンを作ってる、すごい。

     

    カーモデル、チューニングカーからレーシングカー、劇用車まで幅広い、そして1/12F1!

     

    そのF1です。

    tanizaemonさんのMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/4、細かいところまで行き届いたディティールとカーボン目のバランスが素晴らしい。

     

    大野さんのMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/5B、僕も1/20でモノコックのボルトを再現したのですが全然目立たなく、こちらのように若干メリハリを利かせた方が本物に見えます。模型はケレン味のさじ加減をどうするかも醍醐味の一つですね。

     

    同じくMFH(モデルファクトリーヒロ)1/12ロータス97T、削り出しのホイールは1/12ぐらいのビッグスケールになると「削り出しパーツやで!!」的ないやらしさがなく、しっくり収まりますね。

     

    MFH(モデルファクトリーヒロ)1/12マクラーレンMP4/8、制作前のキット状態も。ここから美しく塗装された完成品が生み出されるのです。

     

    MFH(モデルファクトリーヒロ)1/20フェラーリF2007、初見から数年立っていますが全く劣化の兆しが無い、こういった作品を作りたいです。

     

    雅ビルヌーブさんのタミヤ1/20ルノーRE30B、フルディティール。漫画の方が本体との噂!?どちらも人気なので相乗効果がすごい。展示会の展示方法の見本のような作品です。ただそれだけではなくカウル脱着もぴったり、このキットでここまでしているのは無いです。
    ぱっと見で惹きつけて、じっくり見て吸い込まれる、悪魔の様な作品です。

     

    最後に自分のです。昨年持っていったヤマト2520が割と目を引いたんで、今年は松本零士系4作品を。

     

    バンダイ1/700パトロール艦ゆうなぎ、艦橋アンテナやレーダーなどを0.5mm洋白線や0.1mmアルミ板でシャープに仕上げ、各ダクト類は薄々でプラモ感を消しています。松本メカの特徴的ディテールであるフィンの先端などをしっかり削ってシャープにするなど追加工作をしっかりするとスケール感が格段に上がります。塗装はスプリッター迷彩で決まりです。

     

    バンダイ1/500宇宙戦艦ヤマト(旧キット)は波動砲を全面改装、細いところを金属線や薄々でシャープに仕上げています。甲板はMr.カラーC44タンにエナメルブラウン+フラットベースを薄めて適当に塗っただけですが、木に見えますね。

     

    1/1600クイーンエメラルダス号、ちょっとだけ筋彫りにディティールを追加するだけで驚くほど良い感じになりました。あんまり派手な迷彩にしない方がリアルに見えます。ゴンドラ部分に二等辺三角形に切り抜いた真鍮メッシュを貼り付け、網に見える様にしました。

     

    1/1000アルカディア号(再販前のキットなので)艦橋のレーダーはプラ板細切りの自作ですが、かなりスケール感がアップしました。ドクロの窪んだ部分は、軽くスミ入れだけして悦に入っていたのですが、「黒で塗れ!」と師匠から説教、イヤイヤ黒で塗りつぶしたんですが(笑)今となってはこちらの方が良いですね。

     

    フジミ1/20フェラーリ248F1、静岡ホビーショーに展示した際サイドポンツーンカウル合わせの隙間が大きく空いているのがあらためて気になり、意を決して分解。リアカウル裏とラジエーター上面・側面の干渉が原因だったので、リアカウル裏側をモーターツールで削り込み、さらにモノコック部分との合わせを丁寧に合わせました(縁部分なので下手に削るとクリヤー面がパリッと剥離して修正不可能になるので、耐水ペーパーで少しずつ慎重に削ります)ちょっと満足。ついでにモノコック上面に00番虫ピンでアンテナと0.8mmアルミパイプを埋め込んで、らしくしておきました。

     

    タミヤ1/20マクラーレンMP4/5B、こちらも静岡ホビーショーに展示したもの。サスロッドのピンが外れていて緊急修理、ちゃんとした箱に入れていたので無くさないですみました。

     

    今回は予定されていたプロモデラーさんの都合がつかず会えなかったのが残念でしたが、SO-MAさんとのマシンガントークや、FSS(ファイブスター物語)好きの方との限界トークとたくさん楽しんできました。
    最後に恒例の株式会社ウェーブ様提供賞品をじゃんけん大会!フレックスヤスリホルダーセットが当たりました!ありがとうございます。
    来年も開催予定との事、今から大期待です。

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 23:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    先日は 有り難うございました。
    また今年も カーモデラー川原氏 と思ってる私の認識を揺るがす 、松本零士系キャラクター作品の展示からのスタート!流石です。
    MP4/5B スタイル抜群の プロポーションを 展示される方がお好きだったかもしれないのに カウルオープンを催促していまい、申し訳ありませんでした。
    次回は 関西オー集いですね、楽しみにしています。
    | 雅 ビルヌーブ | 2018/07/22 7:27 AM |
    どうもお疲れ様でした。
    夏の始まりは和歌山!もう定番になって来ていますね。
    今年もビルヌーブさんの新作が見れてうれしいです。新しいものをどんどん取り入れて進化していく様々を目の当たりにしております。
    ヤマトはビックリしたと思います(笑)狙い通り!実は架空戦艦ものは好きなんです、もっと作る時間と体力があったらなぁ。
    | kawahara | 2018/07/25 6:35 PM |
    おばんです。
    ヤマトにアルカディアにエメラルダス・・・
    流石kAWAHARA侮りがたし(ドメル将軍風に)
    今度はシド・ミード版ヤマトも(むちゃぶり)
    自分は「2199 星巡る方舟」Ver(波動砲の蓋付き)
    持ってますが電飾しようと思ってそのまま積んでる(笑)
    にしてもいつ見てもいい仕事してますなぁ〜(*゚∀゚艸)
    いつか1/12スケールのF1作ってみたいです
    (プロターの1/12126C2、アキバの駿河屋で見つけて
    その日は荷物で両手塞がってたので明日買おうと思って
    翌日行ったらもう売れてた(号泣)
    見たらすぐ買えばよかったと後悔)
    | どうちゃん | 2018/08/03 10:48 PM |
    どうちゃん様
    どうもです。
    「あるんだ、あるんだよ!」(by わが青春のアルカディア)
    船にはF1とはまた違った熱いロマンがあるので良いです。
    F1キット、ちょっと珍しいものだとすぐ売れてしまうので、サイフとの相談が厳しい(笑)再販1/12アルファ179も悩んでいる内に無くなりそう…、悩ましい。
    | kawahara | 2018/08/08 11:15 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301359
    トラックバック