<< 18年2月13日-5月6日 アンテナ、ミラー、車載カメラ、その他小物取り付け | main | ヨシナゴコロ様リンク追加 >>
静岡ホビーショー2018に行く その1
0

    今年も静岡ホビーショーに行く事が出来ました。
    12日・13日、チームKen-1 & 鳶色の会に見に来て頂いた方、本当にありがとうございました。

     

    今年は、土曜の仕事が終わって直ぐに新幹線で静岡に行きました。

     

    皆さんと合流する前に、静岡ホビースクウェアへ。

     

    見てみたかったプロモデラー北澤志朗さんの、組み立てる とは なにか 展に行きました。

     


    普段の展示会とは違う、しっかりしたコンセプトとギャラリー独特の美しい展示方法で、「買って、作って、楽しい」だけではない、「好きな人が作るとこんなに素晴らしい物が出来るのか」というのを改めて発見出来た企画展でした。

     

    またS.E.M湘南モデルカー愛好会の作品も同時に展示しており、より厚みのある企画展になっておりました。

    これはかっぱコーヂさんの作品。

     

    その後皆さんと合流へ、すでに初日後の打ち上げが始まっていました。桜海老と白魚が美味しかったですね。

    そして静岡の夜の街へ、皆さんタフやなー。ビールは勿論F1公式飲料(笑)ハイネケンです。

     

    静岡ホビーショーモデラーズクラブ合同作品展2日目始まりました。

    自卓は、西館237、艦船とカーモデルです。

     

    艦船の鳶色の会です。

     

    会長山口さんの作品、「自分が見たい方向から眺める」展示会ならではの特権です、こちらは艦船模型スペシャルに掲載されたもの、ほかにも艦船模型スペシャルに掲載される予定のものがありました。今年もこの方のご助力のおかげで参戦出来ました、ありがとうございます。
    今年から本格参戦の早野さん、船首がかき分ける波の弧が美しいです。ドイツのフォルクスワーゲンテーマパークのお話興味深かったです、僕も行って見たい。
    山崎さんは1/700、ハイギアードさんは、奈良模型愛好会に展示されておりました。

     

    カーモデル、Ken-1さん、年々パワフルになっていく展示は最新作例のハセガワのキットを大改造したBMW 2002Gr5がすでに!モデルカーズ2018年6月号はまだ売っていますよ。
    他、ニッサンシルエットシリーズやポルシェシリーズ、家族が乗って仕事に使っていたという思い出のチェリーバネットなど圧倒的作例が目の前に。他のプロモデラーさんとの挨拶や打ち合せやなど、忙しそうでした。
    今年は静岡初参戦のイオリンクスさん、フジミ1/24フェラーリ250GTOモデフェスに引き続き展示、色々な所からお話を頂いている模様、期待です。

     

    谷左衛門さんはMFHの1/12マクラーレンMP4/4、写真では迫力の半分も出ないのが残念。リヤ周りが合わなかったとの事ですが、全く感じさせない佇まいです。MFH1/12の制作は次もあるとの事で大期待です。

    制作中のレッドブルのテストカラーバージョンのアストンの迷彩カラー(コレ)もかっこよかった。和歌山プラモデル合同展示会では完成するか!?
    F2007はボディ塗装の質問が非常に多かったです。

     

    そして僕は、マクラーレンMP4/5Bがとうとう完成。カウルを閉じてもリアカウルが浮かない所がポイント!

    当初は2007年最初の黒箱再販に合わせて作っていたんですが(笑)

    のちほどまとめたものを、ブログとホームページにアップする予定です。

     


    モデフェスでF2007とのコラボ撮影が出来なかったフェラーリ248F1も、やっと撮影出来ました。

    ※今回都合により、ロータス79とセリカの2台は展示しませんでした、ごめんなさい!
     

    その2に続きます

    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 22:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    おばんです(*´ω`*)
    MP4/5B完成おめでとうございます☆
    生で見たかった。本当イベント運に恵まれてないなぁ〜(´;ω;`)
    | どうちゃん | 2018/05/18 9:36 PM |
    どうもです。
    ありがとうございます、MP4/5Bなんとか無事完成いたしました。
    今年も凄いホビーショーでした。帰ってきたらしんどいのですが、また行ってみたくなるという…あの興奮はなんなんでしょう。
    次こそは是非、おまちしております!
    | kawahara | 2018/05/18 10:12 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301353
    トラックバック