<< 17年9月2日-18年1月8日 ラジエーターディティール追加 | main | 18年1月21日 サイドポンツーン内ラジエーター用の網 >>
16年2月-18年1月8日 エンジン周り工作完了
0

    以前から作ってあったパーツ+本物の様な密度と重量感を出したいので追加します。

    0.7mm真鍮パイプと0.4mm洋白線をハンダ付けして、配線の中継点を作り、トップスタジオのTD23011エレクトリックコネクターセットに入っている一番細い黒線と銀線を瞬間接着剤で取付ました。

    その下にあるよくわからない(笑)物は、0.15mmエナメル線をねじりクチャクチャにしたもの。それをエンジンとギアボックスの間に貼り付けてから、フラットブラックやシルバーで筆塗りすると、不思議と細かい電装系の配線の様に見えるので、本物らしい密度が出てきます。

     

    余った配線は、規則性を出しながらエキゾーストセンサーやVバンク内に逃がします。エアファンネルを取り付けるとそれらしくなります。

     

    ヘッドカバーのバネは、TopスタジオTD23065マフラースプリング(少し伸ばしてから接着すると、ひっかけている様に見えます)土台の金具は1/43F1の足回り用エッチングパーツです。

     

    オイルタンクから伸びるのは、さかつう0.7mmフレキシブルワイヤー+さかつう六角フランジ0.7mm。

     

    中段のギアボックスから伸びる太めのケーブルは1.0mmフレキシブルワイヤー+さかつう4453六角フランジ0.95mm(ドリルで1.0mmに広げています)、ミッチャクロンを吹いてから、クレオスの旧クリアブルーをエアブラシ。両方とも真鍮パイプの輪切りをかましたり、メタルックを貼り付けたり黒で塗ったりして変化を付けて取り付けます。

     

    エキゾーストセンサーは0.4mm洋白線を軸に、0.7mm真鍮パイプ+アクステオンサスダンパーピボットセットのエッチングと組み合わせです。

     

    オイルタンクからヘッドカバーへの黒ケーブルは、トップスタジオのTD23011エレクトリックコネクターセットに入っている、熱収縮チューブ(軸は0.5mm洋白線)です。

     

    ヘッドカバーももう少し密度が欲しかったので、熱収縮チューブ+0.15mmエナメル線(上で作ったもの)を木工用ボンドで貼り付けてからフラットブラックで筆塗りしました。

     

     

    その他、資料を見ながらボルトがある所や可動しそうな所に、TopスタジオTD23107ワッシャーやTD23027MotoGPアソートディティールをハイグレード模型用セメダインで接着しました。

    これで適度な密度と重量感がある90年代F1のカウル内部が再現出来たと思います。

     

    ちなみにパイピングをしている時はどうしても夢中になってしまうので、何度かカウルをかぶせて干渉していないかをチェックすることも大切ですよ。

    カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301340
    トラックバック