<< 和歌山プラモデル合同展示会2017に行く | main | 17年8月20日 ロールバーリベット追加 >>
17年8月15日 コクピット&サスペンションディティール追加
0

    コクピット足元の消火器は、タミヤ1/20タイレルP34(ジャンクがたくさんあります☆)の消火器。

    切り取ってから角を丸めます。色はクレオスのモンザレッド、シルバーのベルトはキッチンテープの細切りです。奥まった所にあるので、筆の柄に両面テープを貼りつけて竿にしてパーツを接着しました。

    左右に這っているケーブルは、Topスタジオの1/12-1/24エレクトリックコネクターAの0.5mmケーブルを木工用ボンドで仮止めして、ハセガワのフィニッシュシートブラックで固定。自作の車検証デカールも貼っています。スタビライザー調整レバーもやっとつける事が出来ました。

    左のシフトノブ、軸は0.5mm洋白線に置き換え、塗装はサフ状態のままメッキシルバーネクストにどぶつけしましたが、割と良い感じになっているのでは。

    ちなみに今回資料に使用したのは、オートテクノNo12(ジョーダン191が表紙の号)です、1990〜1991年の主要F1マシンのコクピット内部が掲載されているので、この時代のF1を制作される方は必携です。

     

    エキゾースト先端はどうも納まりが良くないので、折れない様に簡単な継ぎを作ってエンジンエキパイ側にエクセルエポで接着に変更しました。後付なのでガタガタが気になりますが、接合部の段差をフラットブラックのエアブラシで処理。こうすれば組んだ時アラが目立ちません。ジャッキアップ部はゴールド筆塗りですが、作り直した方がシャープだったかな。

     

    ついでにアンダーパネルの遮熱シートも張り替え。

    貼る前の下地がガサガサで乱反射してしまうのと、貼り付けた後切ったので切り口が汚くなっていたのでした。

    はがして再度表面処理と位置合わせをして、キッチンテープを切り出し再貼り付け。

    こういった「ちょっと気になるところ」をどうするかで、その人の作風が出てくる様な気がします。

     

    フロントサスロッド、取付け部は当時なにも考えずに作り直してしまっていたらしく、ちょっと面倒な事に…。

    ロッドの先端を切り取って、T2Mの3008バンジョー(洋白線をループプライヤーで曲げても出来ます)に置き換え、T2Mの1006フランジ六角ボルトを差し込んで再現。

    アッパーサスのアップライト部は適当なサイズ0.mmぐらい?(後述参照)のフレアー状にした真鍮パイプに置き換えました。

    この部分は、位置の微調整が難しくだいぶ前からやっていて相当やり直しました。サスは折れるわ、塗装は剥げるわで大変(泣)でしたが、その成果はありましたね。

     

    モノコック付近は、1/43のサス基部用エッチングパーツに1.0mmアルミパイプ+1.3mm真鍮パイプ、0.4mm洋白線で継いでいます。

     

    ダンパーはキットの部分を切り取り、ツヤ有のブラックで塗装。

    実車を見ると若干ダンパーが見えているので、0.7mm真鍮線を焼きなまして輪っかを作り土台にします。上部はTopスタジオTD23027の1/12 Moto GP ネジ・ナットパーツセットのbと、T2Mの1021リベット(頭が0.6〜0.7mmのリベット)の組み合わせで再現しました。

     

     

    カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301331
    トラックバック