<< 和歌山プラモデル合同展示会2017に展示予定&職業型師のF1工作部屋様リンク追加 | main | 17年8月15日 コクピット&サスペンションディティール追加 >>
和歌山プラモデル合同展示会2017に行く
0

    和歌山プラモデル合同展示会2017、2日目に展示させて頂きました。

     

    久々にJR天王寺駅まで出て和歌山へ。
    朝食をご当地駅弁にしようと色々探したのですが、どこにも無い!?駅員さんに聞きましたら、天王寺駅ではもう無いそうです、非常に残念…。

     


    国鉄型車両も残っているし駅弁なんて何処でも買える…と思ってましたが、時代はどんどん変わっていきますね。
    阪和線もかなりの数がステンレス系新型に置き換わっていました、スカイブルーの豪快な振動を体感出来るのも、いよいよ難しくなって来ました。

     

    和歌山駅からはこちら。車内がだいぶくたびれてるなと思いつつ(勝手なもんだ…)布施屋駅で下車。

     

    会場に到着です。

     

    ゾイド、最近は塗料も進化しているので、こういった近未来系のものにきっちり塗装をすると栄えますね。

     

    なんでもシャア専用祭り

    どこを向いて走っているのか、やっと意味が分かりました(笑)

     

    バイク、今回も展示卓パワーが凄い。マニアを唸らせる車種選択等さすがでした。

     

    カーモデル、ガルパンも入っています。雅ビルヌーブさんの漫画での解説、展示手法の変幻自在さが凄いです。

     

    トラック、今年も和歌山展示会の目玉です。ちょっと見切れてますがジオラマについて同好の氏と熱く語る姿も。

     

    創作・模型コンテスト人気作。こちらも和歌山展示会の目玉です。モデラーよりも一般の方からの人気が高い様です。

     

    キャラ系。tanizaemonさんのラストオルフェンズは3日程とか!電飾やダメージ表現、ベースなどツボを押さえた作品です。

    こちらもゾイド、そして最近人気のFAG(フレームアームズ・ガール)そしてガンダム。ニューガンダムとフミナ、なに作っても上手い人は上手い。

     

    宇宙戦艦・懐プラ。こちらは思い入れ・愛を感じます。最近作るのが面白くないという人はコレを見て原点を思い出しましょう。

     

    飛行機、色々なアクションができる様だった零戦は、じっくり見てみたかったです。

     

    AFV、メカとフィギュアがバランス良く同居するのがこのジャンル、カーモデラーはどうしてもリアルフィギュアの塗装が難しい。

     

    鉄道模型、今年は大ジオラマではなくミニタイプでした、きゃわわ。

     

    キッズコーナー。こちらも原点ですね、パッと組んで楽しむという事も大切。

    僕は毎度沼にはまるので…諦めてます(笑)

     

    そしてF1です。今年は1/12が3台!FW14BとFW16の並びはなかなかないので目に焼き付けました。

    カーボン塗装、FW16はツヤ有りの方に振っていました。自分も最近カーボン部分はもう少しツヤがあっても良いんではないかと思っていたので、色々参考になりました。

    レベルのF2002はじっくり見るのは初めてです、良いですね!

     

    1/12 モデルファクトリーヒロ ウィリアムズFW16

     

    1/12 タミヤ ウィリアムズFW14B

     

    1/12 レベル フェラーリF2002

     

    1/20のF1。FW16はスケール違いが揃いました。塗装の色味とか面白かったです。

    BARも3台、ホンダは当時色々言われていましたが、今に比べたら凄く活躍してたんだよな…と思いました(泣)

    ジャガー、タイヤはちょっと形状が角張っています、オープンホイールはタイヤを如何に上手く表情つけられるかがポイントです。

     

    招待作品、コンテスト優勝作。いずれは動く所まで…とのことらしいです。

    おなじみKen-1さん。前日は山口さんの超絶作品や渡辺さん(別府観光港!素晴らしい)も展示していました。

    最後に自分のです。まずはヤマト2520。これはこれで格好いいんですが、やはり3型カタナの様な感じになってしまっているのは否めない…。

    次に今期、魔法陣グルグルが再アニメ化なので持っていきました。知っている人は知っていて嬉しかったです。

    ククリは当時JAFCON(ワンフェス?)で購入した、ピンクキャット&3Dさんのモノです。あまりに可愛くて原型師のRyoさんに感想を送ったりしました。チャチャもあるのでいつかは完成させたいです。ギップルはフルスクラッチ、ホビージャパン96年8月号に載ったので探してみて下さい。白いのは自分の師匠しょーじさんの原型のさっぱり妖精です、確か扇子は自作せよと言う男らしい仕様だった筈(笑)。

    F1は、静岡ホビーショーで展示したモノの凱旋帰国です。

     

    今回は後半から、特撮好きDJのSO-MAさんや、ゼネプロ好きアイドル店長イオリンクスさんとお話が弾みまして、最後までお相手してもらいました。

    次はミスティメイでも完成させて持っていくかな(笑)

    最後に株式会社ウェーブ様提供の賞品を、じゃんけん大会で山分け!ありがとうございました。
    来年も開催予定との事ですので、みなさまも是非。

    カテゴリ:個人的な事 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    おはようございます☆

    関西でもまだ旧国鉄車輛が頑張ってるのは嬉しいです。
    かつては武蔵野線でよく乗ってたのに(´・ω・`)
    展示会、盛況だったのが伝わります
    にしてもまさかのシド・ミード版ヤマトにグルグルとは
    ・・・・やるようになったなっKAWAHARAッ!!

    1/12スケール、また作ってみたいですね。
    とりあえず月末のワンフェスにちょこっと行ってきます☆
    | どうちゃん | 2017/07/22 8:40 AM |
    どうもです。
    変わらない関西もここ数年でじわじわきております(特急色なんてごろごろあったのに)
    六輪車、買ってしまいましたね、タミヤも妙な車種の製品化とかよりもやる事あると思うんですが…。
    おお、グルグル知ってますか、変化球は任せてください伊達に長年模型つくってません(笑)ワンフェスの戦果期待しております!
    | kawahara | 2017/07/26 12:28 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301330
    トラックバック