<< 静岡ホビーショー2017に行く その1 | main | 静岡ホビーショー2017に行く その3 >>
静岡ホビーショー2017に行く その2
0

    自分の作品です。

     


    フジミ 1/20 タイレルP34 1977年型 日本GP

    フロントラジエーターの配線が外れていたので、修理しています。タミヤブースに1976年型の実車が来ていた相乗効果?で好評でした。

     

    タミヤ 1/20 ブラバムBT46 南アフリカGP
    ノーズ内にも手を加えていたからか、会場でカウルを開けると思ったより見栄えが良かったです。サカーカーと並べると違いも良くわかります。

     


    タミヤ 1/20 マクラーレンMP4/8 ヨーロッパGP
    今回のサプライズ改造アイテムです。
    モノコック上とノーズ内、さらにカーボンブレーキの再現を追加しました。作例ではタイムアップで開けませんでしたが、クリアランス等の調整は行っていたのです。

     

    カウル固定はネオジム磁石(先っぽの長方形がじつはネオジム磁石です)+0.4mm洋白線。ぴっちり閉めるコツは、軸を打って位置を固定し無塗装状態のクリアランスを保ち続ける事。塗装やディティールアップで確実に浮いてくるので、その都度厚さを削ったり内部パーツを変更したりします。

    モノコック開口部はブラックサフ塗装のみでしたので、極細綿棒に薄め液をつけて、丁寧にそぎとった後、マスキングしてEXクリアー+クレオス蛍光レッドエアブラシしました。

     

    その後マスキングテープで大体の形をとってから、

     

    モデラーズのカーボンパターンデカール2(もしくはスタジオ27カーボンデカール C (綾織り・メタリックグレイ)SS)をサークルカッターで切り抜き。全て一体にすると微妙なサイズ調整が出来ないので、分割して貼りつけています。最後にマスキングしてEXクリヤー+フラットベースなめらか・スムースをエアブラシ。

    キワはラプロスの4000〜8000番で馴染ませて、カウルを開けても閉じても違和感が無い様にしています。

    こんな感じできっちりやったんでシャープな感じになりました。この点に関してはティレル020テストカラーのリベンジ出来ましたね。

     


    ダンパーはキットのダンパーを切り刻み、板ナマリで輪っかを作ってカーボンデカールや赤いカラーデカール、自作ビルシュタインのデカールを貼って再現しています。0.5mmフレキシブルワイヤーでチラッと見えるスプリングも制作。メインダンパーの横は0.8mm真鍮パイプ+0.5mm洋白線にアクステオンの1/20 サスペンションベースセット内の適当なものを切って留め具を作り瞬着で固定。

    真ん中の機器はタミヤMP4/8のギアボックス上部付け根を切り取ってひっくり返した物を適当に削って、自作デカールを貼りつけています。

    ダンパー脇の黒いものはTopスタジオのコネクター極小を上下つなぎ合わせてハセガワのフィニッシュシート黒を巻き+0.15mmエナメル線を通しました。下の留め具は、キッチンテープ細切れです。

    青いケーブルは熱収縮パイプ(これは当時名古屋の大須で購入したもので、今は売っていないかもしれません)を伸ばし、中に0.15mmのエナメル線をいれてしなりが出来る様にしています。端には1.1mm真鍮パイプの輪切りでソケットを。ケーブルはすこしオーバースケールかな?

    サスとダンパーを繋ぐクランクは、アクステオンの1/20 サスペンションベースセット (その中のMP4/7のパーツ)を使用しました。

     


    ノーズは、一旦土台を0.1mm洋白板で作ってから、穴を開けて真鍮パイプのステアリングシャフトや配線をハンダ付けして、エクセルエポでペタッと貼りつけ。2.0mmプラ棒や1.0mmプラ板の細切れ、自作デカールで計測機器?類を作っていきます。パイピングはこちらも細い0.15mmエナメル線や髪の毛を使いました。

     

    デカールに関して、こちらの方は現場合わせで、よく切れるアートナイフを使いちょっとずつ合わせて行きました。

     

    ブレーキはスタジオ27のマクラーレン MP4/8 ブレーキセットです。これにタミヤ純正改造のホイールナットを合わせて完成です。

    ちなみにマクラーレンのホイールナットは調べると赤青ではなくただのガンメタルでしたので、若干エッジを削って金属の地を出してやるとそれらしく見えるでしょう。

     

    続きます。

    カテゴリ:個人的な事 | 22:26 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    お疲れ様です。
    生でkawahara様の作品観たかったです(´;ω;`)
    (あと本物の六輪ティレルも)

    結局週末はいろいろ再就職の準備で
    結局クリアー吹き出来ませんでした
    (しかも進展なし)
    今度サーバルさんの痛車も検討してみまふ(をぃ)
    | どうちゃん | 2017/05/19 11:13 PM |
    どうもです。
    なんとか無事終わりました。
    意外とブラバムも人気でしたよ(サカーカーと合わせたのがよかった)
    実車、あの新作と人々の山の中でも、存在感は圧倒的でした。
    痛車、是非検討を(笑)
    019、ノーズやっちまいましたね。
    これで完成が1年のびます、いや、より楽しめますね☆
    | kawahara | 2017/05/21 11:48 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301327
    トラックバック