<< 17年2月26日 ストップランプ位置修正&2017F1マシン発表 | main | 17年3月5-21日 タミヤF1純正のホイールナットをディティールアップ >>
17年3月4-5日 モノコックディティールアップ&サス塗装
0

     

    モノコックのビス跡をノーズ側は0.4mmコクピット左右は0.3mmの真鍮パイプを埋め込んで再現します。

    接着は針にエクセルエポを極少量つけて、穴にチョン付け、その後細切れの真鍮パイプを差し込んでいきました。

    ピンセットの先をヤスリで削って、髪の毛がつかめるぐらいまでチューンしてやっています。

     

    左右の補機類も取り付け。若干接着位置が高いのでダボをニッパーで切り飛ばしています。

    その後、ケーブル付け。差し込んでから瞬着をチョンと流して固定しました。

    ところどころ、ハセガワTF04つや消し黒フィニッシュ細切りでアクセントをつけます。

    アンダートレイの遮熱シートは、キッチンテープ。ですが、以前持っていた六角形のがどこにも売ってない(泣)

    泣く泣くひしゃげた箱に入ったのを買ってきました、急いで形を直して六角形の箱に入れ直し、これで変な型が付く事はないでしょう。

    まあモデラーの様な使い方は考慮されてませんから…。

     

    サスはフラットブラック缶スプレー。

    ロッドは1.3mm真鍮パイプに1.0mmアルミパイプを通し、左右に1/43のサスパーツをかましてから0.4mm洋白線でつないで作り直し。

    ちなみに両方ともクレオス(グンゼ)の缶スプレーのブラックを使用していますが、左が今回塗装したアッパーアーム、右が10年前に塗装したロアアーム。

    写真ではわかりにくいかもしれませんが今のフラットブラック、ざらつきが大きくなっている気が…(実物を見るとわかります)

    鋳造表現にはちょうど良い感じですが、F1のサスとはちょっと違う。

    F1はタイヤと同じくサスも意外と目に付き、微妙なスケール感のコントロールがポイントになってくるので、今後色々な塗料を試してみようと思います。

     

    カテゴリ:1/20マクラーレンMP4/5B | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301320
    トラックバック