<< 16年11月23日-17年1月4日 エンジン・ギア・サスペンション周り工作続き | main | 17年2月12-20日 エキゾーストパイプエンド削り出し >>
16年12月29日-17年2月12日 モノコックパイピング&塗装
0

    きれいな仕上げをする為、事前にある程度パイピングをします。


    まずロールバーのスイッチには0.26mmエナメル線をまとめてハンダで固定。

    資料を見ているとモノコック側面に穴が開いているのを発見、ここから配線します。

    ケーブルの自然なカーブは指だけでは難しいので、筆の柄やピンバイスの1.0mmから3.0mm辺りを使用して付けつつ、TopスタジオのTD23003 1/12 Moto GP用エレクトリックプラグをかませたりして形作って行きます。完成してから外しても、事前にハンダで固定しているのでバラバラになりません。
    モノコック左右に走るケーブルは、同じく0.26mmエナメル線とTopスタジオのTD23003 1/12 Moto GP用エレクトリックプラグのケーブル、共立電子の極細耐熱絶縁ビニル電線2mx7色袋入UL3417AWG32の中の赤線等、2〜3本を細い銀線でまとめてモノコックにさせる様にします。

    作り終わったら、組付けるまで透明な書類ケース等に貼り付けて保管しておくと、曲がったり紛失したりしません。

    燃料キャップは、シートカウルの穴とずれているので、プラ板を貼って角度と長さを調整してピッタリ合わせます。

    ペダルは1コ紛失、泣く泣く自作してたら出てきた(笑)

    せっかく作ったので、自作パーツを採用します。ちなみにこのペダルもシャシーによって形が色々ちがいます。

    サイドパネルのキズやヒケは非常に目立つので何度も表面処理をしてから、ブラックの缶スプレー。

    持ち手は鉛筆をガムテープでかなりべったり目に貼り付けています。

    流石に1/12の平面モノはデカく、ラッカー系スプレーでは上手く艶が出ないので、上面・側面・底面とマスキングをして塗装します。

    さあこれでメッキ塗装…なのですが、側面はサイドカウル脱着で塗面強度に不安があるので、サイズをはかってキッチンテープを貼り付ける事にしました。眼鏡拭きの布等で良くこすって表面をならします。近くで見ると貼り直しの跡が分かるのですが、質感は高いので良しとします。

    やっとメッキシルバーネクストをエアブラシ、写真には写っていませんがロールバーなども吹きました。側面のキッチンテープや洋白板の上からも直接吹いていますので、色のトーンはほぼ問題無し。最後にガイアEXクリアーエアブラシでメッキ面を保護。
    やっとここまで来ました、長かったです。
     

    カテゴリ:1/12タイレルP34 | 23:02 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    こんにちわです☆
    目下有給消化中で月末には自宅警備員になります。
    早く落ち着きたいですけどちまちま作ってます☆

    おおっ素晴らしいお仕事ぶり(*´ω`*)
    1/12スケールの6輪ティレル、いつか弄りたいです☆
    メッキ系の塗装、ガイアのプレミアムメッキシルバー使ってみましたが
    どうもメッキシルバーネクストの方が使いやすいですね。


    | どうちゃん | 2017/02/14 5:43 PM |
    大変ご無沙汰しております。
    1/12もジワジワっ(笑)と進んでいますね〜

    楽しみです。

    私は相変わらずちっとも。
    今年こそは…。
    | カール・ケンプ | 2017/02/15 10:40 AM |
    どうちゃん様
    どうもです。
    メッキ塗料は人によって合う塗料と合わない塗料の差が激しいです。メッキシルバーネクストも、いらちな人だとうまく仕上がらない気がします。
    養成ギプスキットをサラッと買ってしまうどうちゃんさんなら大丈夫ですね(笑)

    カール・ケンプ様
    どうもです。
    いつ完成するのかわからないけど、期待はできるというのが川原模型資料館の強みです(笑)
    今年もよろしくお願いします。
    | kawahara | 2017/02/17 10:59 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301317
    トラックバック