<< 15年5月-16年2月 シートベルト・ヘッドレスト制作&ドリパス | main | F1モデリングVol.64発売&アニメ視聴記 >>
奈良模型愛好会「第七回 春展」に行く
0
    久々のバイクでエンジンが掛からず、「とうとうレッカーか!?」と言う危機を乗り越え、行って来ました。
    ちなみに見学後バイクはそのままドック行きです(泣)


    展示場所はいつもの所から奈良県社会福祉総合センターに場所を移しての開催でした。




    豪華オールジャンル。



    ツヤありの飛行機モデルも良いですね。



    Zはいつか作りたいなあ。

    F1モデル関係、展示会では非常に珍しい43モデル!歴代フェラーリからティレル・BAR・ウィリアムズがありました。


    希少なロッソのフェラーリ642、タメオと見比べる事が出来るのが嬉しい。

    HIGH-GEARedさん、先日の新年会のが完成しています。
    巷の完成品ミニカーは沢山ありますが、展示会で見る43はなにか違いますね、制作意欲が湧いてきます。



    1/20では、今年はマットカラーのレッドブル、やっぱりツヤツヤメタリックブルーの方が好きですね。
    ベネトンB192、カウルが外れてエンジンが見えるのがF1好きとしてはたまらない!
    この年代のタミヤキットは、高額になってしまったF1プラモデルの中ではお買い得な上、存在感あるエンジンも再現されている一番良き時代のF1です。
    自分もストックがあるので、1〜2日でサラッと作るのも楽しいかも。



    そして今回の目玉はこれ、激走ルーベンカイザー(!)
    映像もOPEDがyoutubeにあるだけで、本編はビデオにもなっていない今では幻のアニメです。
    制作を始めた所だそうで、会の方々に意見を伺っていましたが…、皆様言いたい事言うコト(笑)奈良模型愛好会恐るべし。
    そこで私も、70年代好き&多輪車専門家(笑)なのでちょっとお手伝いを…。


    写真を撮らせてもらったので、家の1/24のキットの写真と同じ縮尺で合成して並べて見ました。
    大き目の画像にリンクさせたので、プリントして検討などにお使いください。

    現代レベルの完成度で作り上げたいとの事で、やっておきたいのは埋まっている所の開口・薄々、ハセガワやWAVEの1/24F1からのパーツ流用(タイヤのチョイス等、制作者のセンスが重要ですね)という所でしょうか。

    当時のレギュレーションやアニメ設定通りのボディ改造も考慮中との事。
    F1モデラーならではのお知恵もお願いします!との事でしたが…、やりすぎるとプレッシャーが半端なくなりますよー(笑)

    試行錯誤の70年代F1なので、模型制作も試行錯誤で、楽しんで(一般人はこれを変態と言う)制作すると良いのではないでしょうか!

     
    カテゴリ:模型イベント・展示会 | 01:40 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     こんばんわ。これを含め同時期に『とびだせ!マシーン飛竜』『超スーパーカー ガッタイガー』『アローエンブレム グランプリの鷹』とモタスポ色の強いアニメが4作品被るという異様な時期だったんですが、当時学習塾に通わされたりとかでグランプリの鷹以外ほぼ見た記憶が無いんですよね。

     資料を見る限りルーベンカイザーが一番ちゃんとした方向で作られようとしたようですが、これが唯一放送短縮の憂き目にあっているようですね。バンダイからプラモも出ていたはずですが、このころからオートスポーツを購入することも有ったためか、おもちゃ然としたプラモには興味を持たなかったようです(^.^)
    | 相田和与 | 2016/03/28 4:09 AM |
    ルーべンカイザー!!

    懐かしい〜


    地味でしたが、グランプリの鷹より、リアリティ高かったような気がします。
    | カール・ケンプ | 2016/03/28 8:17 PM |
    まさかのルーベンカイザー、キタ――(゚∀゚)――!!
    本編は観た事ないんです
    (確か裏番組が「ルパン三世(新)」だったしそっち観てた記憶が)
    バンダイ製のキット、同スケールのF1マシーンと比べるとなんかおっきくない?な印象です
    後部4輪というのがマーチやウイリアムズ方式を先取りしてた
    (そういえばトドロキスペシャルのセンタータイヤ方式、フェラーリ312T2でテストしてたのが驚き)
    | どうちゃん | 2016/04/02 12:23 PM |
    相田和与様
    どうもです。
    自分はサイバーフォーミュラ世代(笑)なので、もう一昔前に生まれていれば…という感じです。
    倉庫から発掘してきたのですが、本物のF1・スーパーカーと絡めて別冊にした「テレビランドグラフ 秋の新ヒーロー特別号」というのに例の4作品掲載ありましたが、
    その本でもメインはグランプリの鷹でした。
    しかしその当時から愛読書はオートスポーツ、流石です!


    カール・ケンプ様
    どうもです。
    そのコメントは、見ていた…的な?
    今ではどんな作品も円盤化していると思いきや…ない。
    赤いペガサス等漫画は見れる(自分もそのおかげで70年代F1が好きになったのは過言ではない)ので
    是非ともDVD(ブルーレイ)化してほしいです。
    ちなみに、太陽誘電の日本製DVD-R、パナソニックのBD-30枚スピンドル生産中止…。
    記録好きのF1モデラーはデータ保存やフジCSの録画に四苦八苦です(泣)


    どうちゃん様
    どうもです。
    まさかこれが来るとは思うまい(自分も驚いた!)
    私もヤマトよりハイジ的な感じで、当時の自分はマニア路線ではなかったのに、どうしてこんなことに(笑)
    後4輪とか、わかりやすい技術探究は見ている方も面白いですよね。
    キットは1/22ぐらいかなという気がします。
    この車、ボディマーキングに白いストライプがはいっているんですが、お約束のシール…。
    改造はまだしも、それはどうするんかなと考えると…、制作者はチャレンジャーですね。
    | kawahara | 2016/04/03 11:57 AM |
    見てました。笑笑


    記憶が曖昧ですが同時期のグランプリの鷹のワンシーン(モナコGP?)で観客の子供が振っていた旗竿が可動式ウイングに挟まり…
    を弟と観ていて「可動ウイングは違反じゃん。ルーベンカイザーの方がちゃんとしてる。」などと生意気なこと言ってました。

    プラモデル少しはじめました。
    良かったらブログ覗いてくださいね。
    | カール・ケンプ | 2016/04/04 10:09 AM |
    カール・ケンプ様
    今のF1のレギュレーションもその位だと良いんですけどね。
    今年はカワイちゃんですら覚えきれない…。
    ブログ再開、流石1/1作っているから素晴らしい出来です。
    | kawahara | 2016/04/04 8:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301278
    トラックバック