<< 130Rのピザーラ | main | モデラーズフェスティバルに参加予定&アニメ視聴記 >>
2015F1日本GP鈴鹿、回想。
0


    とにかくホンダの復帰なので是が非でも!と言うことで見に行きました。

    今年は仕事の都合で決勝のみです、チケットは今回初の西エリアチケット。簡単に言うと、去年は指定席だったG・L・M・N・Oエリアが自由席という感じです。



    自分は久々にデグナーで観戦しました。
    この席は一カ所だけ昭和(笑)というか時代に取り残された様な場所なんですが、F1らしい走りが見られるので割と好きです。
    途中の道にジュールビアンキ献花台も。
    当日は日差しも強く、日陰になってくれたので助かりました。

    今回はそのほかにも二つ目的がありまして、
    ・数年ぶりのどうちゃん様との再会
    ・MP4-30のボディカラーの確認
    をテーマに鈴鹿に行きました。

    まずどうちゃん様との再会、会った瞬間から濃い話が出来ると言うのは非常に楽しいです(笑)
    以前フジミのF430を贈った御礼とのことでお土産も!私も秘蔵のブツをお渡ししました。
    数年ぶりの鈴鹿との事で、大きく変わった事に驚いておられました。「やっぱり現地はいいなあ」とも。非常に満足の様でした。

    もう一つはMP4-30のボディカラーの確認。
    エブロから1/20でキット化の報があってから、是非ともこの目で見ておかなければと思っていた、非常に微妙な色合いのグラファイトグレー。いずれは専用塗料が発売されると思うのですが、ファンとしては「俺はこの目で見たんだ!」と言いたいので(笑)確かめに行きました。


    現地ではMP4-30(青山でも展示されていた展示仕様)も展示していたので、マニアならではの行為を決行!

    実は鈴鹿に行く前に、塗装サンプルを作っていたんです。
    まずは写真や映像を元に、思い当たる塗料をチョイス、塗装してケースに貼り付けました。

    上から順に、
    1(モノコック左) ガイアカラー グラファイトブラック
    鉛筆の芯などに使用されている黒鉛をベースにした塗料で、エアブラシで塗装後はマットブラックになり、そこをやすっていくと黒鉛独特の鈍い光沢の質感が出るという面白い塗料です。先端から順に吹きっぱなし・やすって鈍い光沢・やすって鈍い光沢+クレオススーパークリヤー・吹きっぱなし+スーパークリヤーです。
    2(モノコック右) フィニッシャーズ ライトガンメタル
    ティレル020でおなじみ。茶っぽいメタリックです。仕上げにクレオススーパークリヤーを塗っています。
    3(リヤカウル右半分) クレオス GXメタルブラック
    クレオスの高級(?)ラインGXシリーズです。黒っぽいメタリックです。仕上げにクレオススーパークリヤーを塗っています。
    4(リヤカウル左半分) クレオス GXメタルブラックを下地に、GXクリヤーブラックをシャドー吹き。
    単色ではメタリックのギラツキ感が強く感じたので、影になりそうな所を中心にGXクリヤーブラックをオーバーコート。仕上げにクレオススーパークリヤーを塗っています。

    そして実車と並べて撮影を敢行(笑)




    間近で見たところほぼ一発塗装の寒色系メタリックグレー、模型に置き換えるとメタリックカラーを下地に各種クリヤーカラー混色のオーバーコートで色をコントロールすれば、似た雰囲気が出せそうでした。


    ところが、遠目で決勝を走った車を見るとかなり黒っぽいグレーで、寒色系がエッジに若干残るぐらい。模型に置き換えると、メタリック塗料のギラツキを抑えつつエッジを(微妙に)寒色系に振る的な塗装が出来れば本物っぽくなりそうです。この塩梅がモデラーの腕の見せ所の様な気がしますね。



    ドライバーズパレードも終わり、期待のマクラーレンホンダ、決勝は去年のケーターハム可夢偉ほどはひどくなかったですが、上位チームとマクラーレンとの差は現地だと定位置で見る分、より明確で毎周回ごとに引き離されていく様は、同じF1なのか?!と思うぐらいペースが違いました。

    ちなみに問題のパワーユニット、調べてみると各社の取り回しは全く違い、模型化できれば色々理解出来るし車好きとしても楽しいと思うのですが…。近年のF1は機密保持が酷すぎて、なにが悪いのか素人には複雑すぎてわかりずらいのも問題かもしれませんね。


    レースはなかなか厳しいものがありましたが、この悔しさをバネに必ずチャンピオン奪取をしてくれる事を期待しています。

     
    カテゴリ:レース観戦 | 01:40 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    一カ所だけ昭和なデグナーのあの外側のスタンド。
    鈴鹿には20数年、ん10回と行っていますが、そこを訪れたのはレースブーム全盛期の頃の1度位な気がします。
    同じく裏ストレートの土手スタンドも2度位でしょうか。
    | ふ゛り | 2015/10/05 10:42 PM |
    どうも現地ではいろいろありがとうございました
    来年は是非とも一緒に観戦したいものですね☆
    西コース券、来年は狙ってみようとおもいます。
    今から鈴鹿貯金をちまちまと始めてます(笑)
    E1ではオーロラビジョンがなく
    状況はあんまりわかりにくいという観戦でしたが
    レース後のマーシャルのみなさんからの挨拶もあって
    やっぱ鈴鹿っていい場所やなぁ〜と感動

    マクラーレンホンダ
    あの最強といわれた伝説を知っているから
    その苦戦ぶりは・・・(´;ω;`)
    まぁ復帰一年目で優勝ってそう容易くないのがF1の世界
    それでも期待せずにはいられないのがファンの性
    あとの最終戦までは来季に向けたデーター集めの為と
    割り切って戦ってもらいたいです
    | どうちゃん | 2015/10/09 11:04 PM |
    ふ゛り様
    どうもです。
    抽選制のチケットの時代もいかれていたんですか!?
    自分は95年に鈴鹿に行き始めてから数回、奥はどんなかな?と散歩がてらに歩いてったらジャングルの様な道になってあの席が出てきたのは良い思い出です。
    普通はあんな遠い所まで行かないですからね(笑)

    どうちゃん様
    どうもです。
    金欠で西コースなんですけどね(泣)次はお金を貯めてグレードアップしたいです。
    鈴鹿のマーシャルさんはみな素晴らしいです、各国代表マーシャル選手権とか面白そうな気もしますが(汗)
    自分は現地でレース見れるだけで幸せなんで、あんまり状況わからなくてもまあいいか〜という感じなのですが、それでも早い車と遅い車ぐらいはわかってしまうので、まずは先頭を追い回すぐらいになってくれると面白くなると思います、頑張れホンダ!
    | kawahara | 2015/10/12 1:43 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301265
    トラックバック