<< 南海フェリーで帰途へ | main | モデルカーズで模型誌作例ラストラン&アニメ視聴記 >>
オートモデラーの集いin四国に行く&新幹線500系・四国キハ40系乗車
0


    先週の29日は、四国で初めてのオートモデラーの集いが開催されたので行ってきました。














    会場内はこんな感じで熱気が凄かったです!(かなり早い時期に撮影したのでまだ隙間がありますが、すぐに埋まっていきました)

    ちなみに、今回四国に行く最大の目的であった近藤政巳さんですが…、ありました!






    作品はフェラーリ330P4、おそらくモデルカーズのコンテストに出品されていたものだと思われます。
    たまたま隣で近藤さん出品作のお話をされていた方(土佐の模型クラブとの事)に話をうかがえました。
    私は結構年配の方だと思っていましたが、50代ぐらいだそうで、展示会等はここ最近ほとんどでていないんじゃないかなと言ってました。
    制作について金属加工はもちろんなんですが、リベット表現のスケール感も素晴らしい!
    普通はよれたり埋まったりとなかなか綺麗にはいかないんですが、工程が全て頭に入っているから出来るとの事。
    塗装は表面のヒケ具合からラッカーだと思いますが、ウレタンもやるそうです。でもヒケがかえって60年代車らしい艶になってますね。
    制作スピードの事も聞きましたが、P4のエアファンネル12個も旋盤でチャッとだそうな…。
    とにかく細かい所を見ていけばみていくほど引き込まれる作品でした。


    ちなみに自分の作品はロータス40。ボディのみのキットなのでシャシーは1.2mmプラ板、ホイールはフジミの別売りホイール(レーシングハート)にプラペーパーをかませてから、GT40のタイヤをはめ込みました。
    タミヤがスロットカーを再販した時、真っ先に作り始めたものですが、これを機会にやっと完成できました。
    Ken-1さんに見せた時、コメントに困っていましたが(泣)60年代マシンは結構好きです。

    F1模型は、全体からするとかなり少なくはありますが、非常にこだわりのある作品ばかり、見ていて楽しかったです。



    1/20ロータス99T


    1/12フェラーリ126C2


    1/12フェラーリ312T4
    その他、紙や削り出しの70年代F1や戦前のF1、フェラーリF188?がありましたが、撮影出来ず。
    もう少し見ていたかったのですが、今回は色々な目的があったので昼過ぎに会場を後にしました。
    オートモデラーの集いin四国、次回も決定している様で、是非続けていってほしいですね。



    その他の目的等…。
    まず第一目的の新幹線500系、必死の早起きが実りなんとか乗れました。



    いままで巡り合わせがなく、一度も乗ったことがなかったので嬉しいです。


    室内は「曲面で狭い」と言われていますが、それほどでもなかったです。


    500系こだまの指定席6号車は、実は旧グリーン車。乗りたかったのですが、6号車はすべて売り切れ(残念)


    2×2の5号車の切符は取れましたので、こちらに座りました。十分なすわり心地です。



    相生駅で数分停車があるので撮影会。ひかり(こだま)レースルターも運良く通り、並びで撮影出来ました。こちらは結構乗ったことがあるのですが、今や風前の灯火、時がたつのは早いです。


    そんなこんなであっという間に岡山駅に到着。機会を作ってまた乗りたいです。
    その後マリンライナーに乗り換えて四国へ乗り込みます。



    以前は行きそびれてしまった四国、感慨もひとしお。
    今回は運良く最前列の展望席(グリーン車)があいていたので瀬戸大橋を堪能出来ました。



    とうとう四国上陸(実は一度も行った事が無かった)です!


    早速オートモデラーの集いin四国の会場に行こうと思いましたが、…となりにキハ185系。
    国鉄車両好きなら、今乗らねば男がすたる、ということで乗ってしまいました。
    ガオーンというディーゼルカー独特のエンジン音が良い感じ。




    オートモデラーの集いin四国を見学してから、再び高知駅に舞い戻り立ち食いうどん(有名店もいいですが、鉄道好きは駅で列車見ながらの方が至福です)を食して、高徳線で目指すは徳島駅、コトデンも併走です。



    徳島駅到着、新しい駅ビルと古き良きホームは、新旧の良さが入り混じり、独特の味があります。


    そして待望の徳島運転所!気動車いっぱいキハ40も現役。


    ちなみに自分の列車旅には必携の本があります、それはヤマケイ(山と溪谷社)の日本の鉄道という本です。
    80年代に発刊されたもので全12巻、全ての路線が網羅されていて、主要駅や土地の解説、駅弁の紹介など、ただの車両カタログとは一線を画しているのが凄いところです。
    写真もなにげない日常風景に鉄道をからめて表現され、昭和の鉄道の楽しさを余すところなく満喫出来ます。
    少年時代の自分は、旅行で列車に乗る時には必ずこれを持っていき、「おー、同じ建物だ!」とか「同じ所走ってる!」とかやってました。で、未だにそれをやっていまして(笑)これに載っていた場所に行くというのを楽しみにしています。



    昭和と今の徳島運転所、30年前本に載った場所と同じ所だと思います。
    建物はほぼかわっていないですね。

    キハ47が出発する16時30分までには、すこしあるので徳島駅地下1Fでお土産と早い晩飯を食べました。
    ボウゼの姿寿司とのこと、丸ごととは凄い(笑)

    そして、今回の第二目的、キハ40系乗り。
    いろんな所のキハ40系は乗ってきましたが、四国はもう見るほどもなくなってしまい、朝と夕ぐらいしか走っていません。
    昔の自分は、国鉄時代のたらこ色最高!でJRの地方色は余り…という感じでしたが、今ではそんな贅沢も出来なくなってしまうところまで来ています。
    入線していたので久しぶりの乗車へ、エンジン音は他の新型車より静かでした、こんな感じだったかな?


    それでも国鉄感あふれるシートや、ディーゼルカーの力強い走行はすばらしかったです。


    計画よりも帰りが押してしまい、徳島から池谷駅までの少しの時間になってしまいましたが、堪能出来ました。



    ふたたびヤマケイムック本参照、昭和と今の池谷駅、狸の像は今も現存しています。



    帰宅は、南海フェリーにしました。
    なんばまで2000円という「好きっぷ2000」という企画切符があり非常に便利なのです。
    割と本数もあるフェリーは、寝れるし、広いしで快適!
    ぼやーとしていたらあっという間に和歌山港に到着。南海線に乗り継ぎ帰宅しました。

    今回は駆け足で色々回りましたが、非常に楽しい四国旅でした。
    次回も行きたいですね。

     
    カテゴリ:個人的な事 | 23:04 | comments(9) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    お疲れさまです。

    コメント困るって(^◇^;)ww
    いや、ほらなんでそこ行くって感じですやんw
    ネタしぶ過ぎwww
    あえてメジャーどこを持ってこないのがKawaharaさんらしいけど。

    では、例の件も含め、これからもよろしくお願いします(^ー^)ノ
    | Ken-1 | 2015/04/02 3:31 PM |
    模型的にも「鉄」的にも 充分楽しまれたようですね。

    近藤さんの作品 生で見たい。

    Ken-1さん!「 例の件」Tanizaemonさんに聞きましたよ。楽しみデス。
    | 雅 ビルヌーブ | 2015/04/02 10:05 PM |
    おおっ、500系堪能なされましたか☆
    500系はのぞみ運用時2回は乗れましたが
    狭い狭いって言われてますがそんなに窮屈感はないんですよね
    もう一回乗りたいですね。

    今年は静岡ホビーショーに行こうとすでにホテルも確保しました
    ゆっくりと楽しもうと思います(*´ω`*)
    | どうちゃん | 2015/04/02 10:11 PM |
    Ken-1様
    どうもです。
    四国でもKen-1パワーは健在でした!作例もかなりの注目度で、持って行った甲斐があったんではないかと。
    自分のは隣の近藤さんが作ったと勘違いされていたのが割と嬉しかったです。
    ロシアンルーレットの例の件、戦々恐々です(笑)

    雅ビルヌーブ様
    どうもです。
    駆け足でしたが、目一杯詰め込みました。いままでこういったイベントの多くは東日本だったのですが、足がのばせる範囲で開催して頂けるのは嬉しいことです。

    どうちゃん様
    どうもです。
    500系のぞみ時代乗られたことあるんですね、羨ましい。
    実物は予想以上にカッコ良く、写真をいくら撮影しても足らないぐらい。予想外にのりごこちもよく、博多に行きそうでした(笑)
    静岡決定ですか!自分もいつかは…。
    | kawahara | 2015/04/03 8:45 AM |
    あれ!?500って乗って無かったっけ!?
    東京に行くとき皆と乗って行った記憶が…
    あ、大学の頃でしたね…
    宿で徹夜してガンダム塗ってた頃がなつかしす♪
    | しょーじ | 2015/04/06 1:04 AM |
    しょーじ様
    どうもです。
    500系、記憶がない…。
    というかそれどころじゃなかったですから(笑)大変でした。
    でも楽しかった!あの日々があるから今があります(泣)
    | kawahara | 2015/04/07 9:11 PM |
    近藤政己サンって実在する人物だったんですね。あまりに伝説的な人でひょっとしてユニットでは?と思ってたんですが!(笑)
    | 東河  | 2015/04/12 11:22 PM |
    東河様
    初めまして、閲覧ありがとうございます。
    色々ミステリアスな所も、近藤さんの魅力だと思います。
    自分も追いかけていたらいつの間にかのめりこんでいました(笑)
    作品は機会があれば是非見ていただきたいです。
    改造してるのにアラが全然ないんです、1/24の人が作ってるのかと錯覚します、かなり衝撃的ですよ。
    | kawahara | 2015/04/20 2:30 AM |
    私は、まだ実物は見たことないんですよ 一度は見てみたいですね。
    それにしても、名前は売れているのにほとんど表に出て来ない、なんてまるでデスノートのLみたいな方ですね。
    (笑)
    | 東河 良士 | 2015/04/21 3:15 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301246
    トラックバック