<< 15年2月7日 カーボン表現2 ボディ下側&リヤ周り | main | 奈良模型愛好会「第六回 春展」に行く >>
15年2月1日-11 エンジン回り工作塗装&幻の模型店に行く
0

    サイドポンツーン内側の工作です。配線は0.26mmエナメル線を使用。基部はTopスタジオの1/12-1/24エレクトリックコネクターBです。
    資料を見ながら(モデルグラフィックス91年11月号)絵を描くように、曲げていきます。


    配線の留めはパーツにピンバイスで穴をあけて、Uの字型にしたエナメル線でこのように留めて行っています(画像は裏から見たもの)


    ヘッドカバーも同じ様にやっていますが、イグニッションの配線はちょっと太い気がしますね(半分ぐらいのサイズがちょうどかな)

    塗装開始です。

    ギアボックスやサスペンションはフラットブラック、ラジエーターやトランペットはメッキシルバーネクスト。アップライトはカーボン塗装です。


    ダンパーはメッキシルバーネクスト、スプリングはエナメルのブルーで筆塗り、可動部にアクステオンの汎用1/20サスペンションベースセットを貼り付け。
    サイドポンツーン内側、計測機器はブラックを塗装のちマスキングして、フラットブラックを吹きます。
    配線基部は、ゴールドでも良いのですが、あえてエナメルのフラットアルミ+イエロー+ブラックを混色して塗り(ただのゴールドだと、ここだけ妙に浮いてしまうのです)


    ヘッドカバーはいったん全てフラットブラックにしてから、各部を筆塗りします(こうした方が綺麗に仕上がります)
    ソケット類は前述した混色ゴールドやフラットレッド、HONDAロゴやボルトは筆を寝かせてモールドに乗せる感じでクロームシルバー、配線をグレーやブラックで塗り、立体感を出しました。

    残るは、エキゾースト。

    溶接跡はプラペーパーの細切りを流し込み接着剤で溶かしながらつけています。
    接合金具は1/43のサスペンション基部パーツを主観接着剤で貼りつけ。センサーは0.7mm真鍮線+さかつう4463六角フランジ+エッチングのボンネットピンパーツ(下側の丸い部分)を流用しました。


    先週末のオートモデラーの集い、皆さん楽しそうでしたね。
    私はというと地元でくすぶっていたんですが(笑)たまたま遠征に来られていた雅ビルヌーブさんのおさそいで、知る人ぞ知る模型店に久々に行ってきました。
    今まで私もこの店には2〜3回行った事はあるんですが特にひっかかるものはなく、パクトラタミヤが未だにあるというぐらいのお店でした。
    ところが今回、20年来探していたモノを発見!ビルヌーブさん、誘っていただいてありがとうございました。
    うれしかったのですが、お…お金が。2〜3ケ月はおとなしくしておかないと〜厳しい(笑)


     
    カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 01:36 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    この前は お付き合い頂いてありがとうございました。
    お宝発見出来てよかったです。 いつか完成品も見てみたいものです。

    そうでした、これこれ! いったん全て単色(フラブラ)に塗ってから 色差しするっていうの。目からウロコでした。 私ら塗装後に配線していって汚くしたものでした、前に教えて頂いてから 真似してます。
    いつも、キチッと製作方法 公開されてるので勉強になります。
    | 雅 ビルヌーブ | 2015/02/12 8:45 AM |
    ご無沙汰しております。

    「20年来探していたモノ」…


    何だろう?

    とても気になります(笑)
    | カール・ケンプ | 2015/02/12 10:43 AM |
    幻の模型店・・・
    気になります(*´ω`*)
    TOPスタジオさんのパーツ、なかなか良さそう
    完成楽しみにしてます☆

    最近ガンプラばかり手が回って
    カーモデル触ってない(´;ω;`)
    2日ばかり寝込んでたけど
    起きがけにジバニャン作ってました(笑)
    | どうちゃん | 2015/02/14 8:30 AM |
    雅ビルヌーブ様
    どうもその節はありがとうございます。発掘品は家宝として神棚にしまってます。
    この塗装方、塗り重ねると、ディテールがぬるくなってしまう場合もあるので後付けとマスキングも併用するとさらによくなります。

    カール・ケンプ様
    どうもです。
    知る人ぞ知るマルシンのハーレーです。
    今ではジャンク品でも自分の手には届かない金額になってしまったので、この出会いは涙です。

    どうちゃん様
    どうもです。
    エイト模型と言う所で、ホームページもあります。が店構えは昭和30年代!店丸ごと保存したいです。
    | kawahara | 2015/02/14 8:13 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301237
    トラックバック