<< タイレルP34 77年型 Rd16カナダGP更新 | main | タイレルP34 77年型 Rd17日本GP更新&フジミ1/20タイレルP3477購入 >>
SL北びわこ号に乗って雪景色を楽しみに行く
0
    先週の日曜日は、家族で北びわこ号に乗りにいきました。

    以前、急行きたぐにで東京まで行くというブログを書きましたが、実はこれ、家族で乗って日本海&雪景色を見に行こうという計画だったのです。
    数年前から企画をたてていたのですが、なんだかんだで子供が風邪を引いたり、自分が都合悪くなったりで切符まで買っていたのでダメになるという状態でした。
    結局私が辛抱たまらず一人で行くという暴挙に出まして(笑)次こそはみんなで行こうと約束したんですが…、結局急行きたぐにの定期便廃止という事になり切符すら取れなくなってしまいました。
    残念ながら寝台は断念しましたが「ただでは起きないぞ!」という事で白羽の矢が立ったのが北びわこ号という訳です。
    おかげさまで先週は大雪、これは確実に雪景色が見れるぞ!とわくわくしながら行って来ました。


    大阪出発時は、全く雪もなく、本当に大丈夫かな…と思っていたのですが、徐々に雪が…!
    大阪からわずか1時間30分で、北びわこ号の出発駅米原に到着です。


    そして蒸気機関車C56 160ご対面!(写真は木ノ本駅にて)


    乗車は5号車最後尾。ちなみに、この北びわこ号の隠れたポイント、客車が12系の原型車という所。
    快適だけど改造された他の観光列車では味わえないこの感覚!


    雪景色を見ながらの国鉄色の客車車窓は、圧倒的な昭和旅気分。
    ボックスシートの小テーブルは今は無き栓抜き付き、瓶ジュースは本当最近見ませんね。
    一番後の車両でしたので、客車特有のガチャガチャガッチャン(機関車が引くと連結器の緩みが伸びるから前の車両から順に音が聞こえる)が楽しめます。


    ただ蒸気機関車が引いている感覚を味わうには先頭車ですね、最後尾でしたので電気機関車とあんまり変わらず普通に快適でした。
    音と煤煙で気持ち悪くなりそうだけど、今度乗る時は先頭車両にしようと思います。


    あっという間に木ノ本駅到着。地元の盛り上げも良く、冷えた体にラーメンはおいしかったです。
    今回の旅の目的は達成したので、後は思う存分雪遊び。
    駅の近辺で転げ回っていた家族は私達だけというのは内緒です(笑)
    その後敦賀へ、湖西線周りの特急を乗りに。列車はほとんど最新のステン車両になっていて大阪かと思いました。
    食パン列車が塗料ハゲて留め置かれ…もう一度乗ってみたかった。

    帰りは雷鳥…といきたかったんですが、もう無いんですね。でサンダーバード、これが激混みでして席座れず立席。事前に指定席とるべきでした。

    そんなこんなで、無事帰宅。
    上の子は「雪が楽しかった!」下の子は「汽車ぽっぽ、新幹線!(実際はサンダーバードなんですが)」と、なんとか両方とも楽しんだみたいだし、翌日の朝刊には北びわこ号の紹介写真も載ってたし、みんな大満足でした!

    ちなみに今回は「冬の関西1デイパス」というのを購入したので、2900円で大阪から琵琶湖一周乗り降り自由で楽しめました。
    この切符、2月29日まで販売・利用期間があるので、大阪駅でラスト真近のブルートレイン日本海を撮影してから、のんびり米原に行き、北びわこ3号で旅情を楽しむなんて事も出来ます、気になったらぜひ。
    カテゴリ:個人的な事 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.kawaharamodel.com/trackback/1301153
    トラックバック