11年7月16日 メッキ塗装比べ&模型イベント・ワンフェス
0
    先日(といっても、もう大分すぎた)開催された、プラモデル甲子園、非常に好評だったみたいですね!私も是非見に行きたかったのですが、予定がつかず断念(泣)
    モデリングエンスージスト様スイマセン!

    かわりといってはなんですが、この夏はワンダーフェスティバル(ワンフェス)に行く予定です。
    学生時代はチョコチョコ行けてたんですが、大阪来てからはサッパリ…。そんな時、昔の友人がディーラーを出すと聞いたので(Whole8 ホールエイト という名前。武士と明治の軍人のフィギュアって……どんな方向性だ)、無性に行きたくなってしまいました、それにおなじみの相田さんも出てますし。
    でも、本当の理由はまどか☆マギカ、待ってろほむほむ〜!と言う事で、ホームページ見ながらチェックしました。
    チェリーブロッサムさん、鋼鉄飯店さん、夢のカグツチノ公国さんのまどかやほむらがいいなと思って…いましたんですが。
    とんでもない争奪戦になりそうな気配です。なんか無理そう(泣)…。

    まあ、見れるだけでも良しとしますので、今から楽しみです。
    ただ、今週嫁さんが風邪をひきまして…、うつったら終わりですよ〜。

    模型制作は久々のフェラーリ248F1です。
    メッキ塗装比べをしたかったので、サンプルにちょうど良いラジエーターとエキゾーストを塗ってみる事にします。
    ディテールアップについて、エキゾーストは出口を金属に置き換え、排気管の段差や継ぎ目は、ハセガワのミラーフィニッシュを貼り付けたり2重貼りしたりして再現してます、かなり薄いのでオーバーな段差表現にならず、尚且つ丈夫で、塗装がはげてもメッキ地なのであまり粗が目立ちません。


    で、塗ってみました。両方ともクレオスの缶スプレーブラックが下地です。
    ラジエーターがタクミスーパーミラー2、エキゾーストがいつものミラークロームです。塗装後は脱脂綿で表面の銀粉を軽く拭ってやります。
    画像は同じ様に写っていますが、タクミスーパーミラー2はかなり下地が透けるみたいで、ブラックメッキみたいになっています(注、メッキ塗装は結構シビアでして、気候や下地のコンディション、吹き方が人それぞれなので、一概に結果が同じとはなりません。参考までに…)。


    そこで今度は下地をホワイトとブラック=1:1グレー(クリップでつかんでる所の色参照です)で塗装。
    タイレルP34のオイルタンクに塗ってみました。
    今度はかなり良い感じになっています。湿気がなければもっと上手く行く筈です。
    スーパーミラー2は下地の色でメッキの色が変わるので、金属の質感の差等、表現の幅が広いという感じがしました。

    ただ…、どちらもあまり本気で売る気が無いというか、流通に問題があるんですよね。
    ですが、先日モデルグラフィックス8月号の林良訓様製作のドイツレベル 1/24マクラーレン・メルセデスMP4-25の素晴らしい作例にもありました様に(メッキの上にデカールって、かなりニス部分が目立つのですが、上手いこと処理されてました)真打ちのクレオスメッキシルバー2が発売されました。
    今まで色々なモデラーがメッキ塗装の検証して来ましたが、成分も同じ様な感じですし、売っている所を探す苦労もなくなるので、メッキ系はこれに集約されそうな感じですね。
    今度売っていたら購入してみるつもりです。

    カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 01:27 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    フジミ 1/20 フェラーリ248F1完成(にしよう)
    0





      そんなわけで、つくりかけているフェラーリ248F1を仮組して見ました。かなり下側カウルの隙間が空いているのが残念ですが…。
      でもここまで写真撮影してしまうと、もうこれはこれで完成でいいかな。
      エンジン未組み立て&細かいディティール等、もうひと踏ん張りという所なんですが、かなり満足感高いので完成にします。

      248F1、キットの分割とか色々いじってしまいましたが、プロポーションが物凄く良いので本当にカッコいいです!この時代のエアロマシンをキット化してくれたフジミに感謝です。2個3個と作りたいですね!(後はもうちょっと…は言うまい)
      カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 00:45 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
      10年2月6-7・14日 小物取り付け&MP4/5!?
      0
        先週後半は久々に風邪を引いてダウンしていました、どうも子供からみたいで家族みんな集団発生、のどの痛みが酷いです…。
        おまけに上の子はじんましんも出るし、散々でした。
        そんな訳で、F60等の塗装関係はやめて248F1の小物を組み立ててました。


        このほかにも、ミラーやアンダーフィン、オンボードカメラなんかを作っていました。
        しかし現代の車は、パーツ一個一個が細かい(カーボンの上に本塗装&細かいディティール)なので、ひとつ作るだけでも気合が必要です。
        でも、もうちょっとで外装はほぼ完成です。

        それはそうと…、なんとフジミからまたまた隠しだまマクラーレンMP4/5が出ると、いつものブログの方々の記事が。
        いやもうなにがなんだか分かりません。
        もしかして、F1模型症候群!?あまりにキット化されなくてまいっていたF1モデラーが、集団幻覚を見ていたりして。

        F1モデラーのなく頃に 最終話"IN THIS COUNTRY"

        にはならんといてほしいです…
        カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 02:24 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
        10年1月16日 フジミF1用タイヤデカール初挑戦
        0
          F60のタイヤをいじったので、停滞中の248F1のタイヤデカールも貼ってしまいました。
          ただこのタイヤデカール、難易度最高との話を聞きドキドキしていたのですが…なんとかなりました。


          水がしっかりしみこむ様にすれば良いとの事で、厚い方の台紙を2枚におろして(圧着はがきの要領です)から、

          タミヤと同様の方法でやるとうまくいきました。


          この248F1のタイヤデカール、驚いたのがニスが全く無いこと!画像は、左のグリーンラインがタミヤ、右がフジミです。ロゴの形状や、一部スペルミス(←BRIDGESTONEN)がありますが、このシャープさは魅力的です。
          F60もこれを使えばよかったかな。

          カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          2009年11月3日 フロントサスペンションは知恵の輪か!
          0
            フェラーリ248F1製作記事色々見てましたがみなさんよく組めましたね、さーとスルーしてませんか?私はカウルにヒビいくは、接着剤はみ出るは…組む都度カーボンデカールはげてくし。

            まずは組め前に下準備を、
            インナーモノコックとサスが干渉しそうな部分を削っておきます。

            ロアアームのプッシュロッドがおさまる穴は、これでは仮どめ出来ないので1mmピンバイスで穴を開けておきます。

            アッパーアームとステアはこの部分を削っておかないとスライドして入れられません。

            ある程度仮組みして…


            さあ後は、はめ込むだけ…ってH30とH31パーツが干渉しまくってはまらない(泣)こんなに難しいのは300円ガンダムの肩パーツ接着以来です。

            それでもなんとかはめ込みました。

            ボディにはヒビが入り、カーボンははげまくり散々です。

            今から考えるに、H30とH31パーツにはスライドして差し込めるように切り抜きかなんかをしておいた方がよかったかもしれません。
            カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 01:35 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            2009年10月25日 ステアリング組み立て塗装
            0

              70年代ばかり作っていると、あまりの進化ぶりにびっくりの2006年ステアリング。
              資料を見ながら塗装をしていきますが、どう頑張ってもらしくならないですね。
              今回は資料を見ながら筆で塗り分けましたが、詳細な自作デカールなどを作って貼る方がリアルになりそうな気がします。
              カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              2009年10月21日 タイヤ組立
              0
                問題のタイヤです。当初質感も良く、いいですねと書いたタイヤですが、さすがフジミ一筋縄ではいきませんでした(泣)
                ホイールにはめると真ん中が凹む(笑)どうちゃんさんも途方に暮れていた訳が分かります。そんなわけで、もう定番のタミヤタイヤとコンバート。ブログを色々見周りましたところ、F2001のタイヤがロゴマークも印字されているし良いかなとおもいましたが、ちょっとショルダー形状が丸く感じましたので私はFW24のタイヤをチョイスしました(ミシュランですがブリヂストンとの違いは全くわからないです)。アフターサービスで手に入れるつもりです。


                2009年11月1日追求
                残念ながらアフターサービスにはもう在庫がないとの事(泣)しょうがないのでストックのFW24のを使うことにします。最近生産休止になるとアフターもすぐなくなりますね、126CK用にちょうどよいルノーRE30Bのタイヤもないんですよね、出来れば再生産してほしいです。
                カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 08:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                2009年10月18日 2009年F1第16戦ブラジルGP&ブレーキディスクスミ入れ
                0
                  ワールドチャンピオン決定戦ブラジルGP、前半は荒れましたが、オーバーテイクも凄かったですね!特にカムイとバトン、あんなのを見たかったんです。
                  下手な人だったらあそこでぶつけて総スカンですが、しっかりマシンコントロールしてたし。この先今回乗れたチャンスを、生かしてほしいです。
                  逆にチャンスを生かせなかったのがかずき、すべて上手く行かないとはこの事ですが、ラスト一戦、F1の神様奇跡を起こして上げて下さい!
                  とにかくバトンおめでとう!近年は無冠の帝王的な人がまんべんなくワールドチャンピオンになっているので、終わりがしっくりします。後はNo.2的ポジションのマッサやバリチェロがワールドチャンピオンになった感動的なんですが…そうは上手く行かないでしょう。


                  さて模型製作は1/20フェラーリ248F1ブレーキディスクスミ入れです。
                  スミ入れは、タミヤエナメルのフラットブラックとフラットブラウンをシャビシャビにしたもの、ディスクの穴あき面はフラットブラックとホワイトを混ぜたグレーで塗ってやるとカーボンディスクっぽくなります。
                  シャフト部分は先端をネジ山状に傷つけてから、クレオスの旧クリヤーオレンジとフラットブラックを混ぜたクリヤー茶色を作り筆塗り。キットそのままですが大分リアルになったと思います。
                  カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 08:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  2009年10月17日 裏側黒塗り
                  0

                    サイドのデフレクターは、表に細切れのマスキングテープを貼ってからクレオスのフラットブラックスプレー、カウルの裏側は大まかにクレオスフラットブラック筆塗りした後、残った縁をタミヤエナメルのフラットブラックで塗れば、はみだしてもふき取りできます。同様にカウル両サイドの裏側もタミヤです。
                    カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    2009年10月16日 カウルフィッティング
                    0
                      塗幕と三次曲面のせいか、カウルが浮き上がり始めてしまいました(さんざん仮組みしたのに)
                      解決策として、今までカウル縁断面を、ナイフで削っただけの\_型から、モーターツールで ̄|_型にしました。これで仮組時に近いフィッティングになりました。
                      が…、側面や下側は大分キツいです、ここら辺側をビタッと合わせたいですね。今回はこれ以上するとカウルを壊してしまいそうだったのでやめますが、次回はピンを打っていく方向やってみたいと計画中です。
                      カテゴリ:1/20フェラーリ248F1 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      | 1/5PAGES | >>