16年3月6日-5月22日 ギアボックス周り制作
0

    ギアボックス上のパイピングです。
    今回は、それらしく仕上げる為のコツを書いてみます。

    1/20のパイピングで、自分が基準にしているサイズ(太さ)ですが、
    太いケーブル(オイルライン等)0.7mmのフレキシブルワイヤー
    細いケーブル(プラグコード等)0.26mmのエナメル線
    がメインで、これにさかつうのボルトや、真鍮パイプを組み合わせて形作り始めます。
    ※ワイヤーの自然なしなりも忘れずに

    資料を見て一旦組み込んでから、デジカメ等で写真を撮ります。その後あらためて資料と見比べて
    なんかスカスカしてる場合
    一回り太いワイヤーに交換(例 ダンパーの間に這っているケーブルは1.0mmに変えています)
    太いワイヤーと中ぐらいのワイヤーの2本を這わす…等

    ごちゃつきが足らない場合
    細いワイヤーを追加(例 ダンパーの間に這っているケーブル下に0.3mmのフレキシブルワイヤーを2本配置)
    さかつうのボルトや真鍮パイプで節を追加(例 ダンパー下から出ている黒いラインに真鍮パイプをかます)

    これらを「塗装前」に大体やっておくことですね、塗装前なので何度でもやりなおしがきくし、汚くなっても表面処理をやり直せば済みます。
    這わせたパイピングは、あとから筆で塗り分けても十分見栄えがしますし、取り外し出来そうな所は、外して塗っても形が決まっているので再接着で失敗する確率も低いです。
    塗装後にやろうとすると一発勝負の上、接着剤の跡がついたりや穴あけ失敗したりしてきちゃなく見えます。密度があるのと汚いのはちょっと違います。

    それと模型ならではのテクニックをつかって、リアリティをアップさせています。
    たとえばダンパーの間に這っている太いケーブル、本来はウイング支柱前についているオイルクーラーの下を通るのですが、このキットでは全く隙間がない…。
    こんな場合ケーブルをオイルクーラーの所でスパッと切っているんですが、パッと見、通っている様に見えるでしょう。
    ダンパー下から出ているラインも、実はどこにもつながってません。
    なかなか説明しずらい所ですが、仕上がった時どう見えるかが大切なんです。実車を忠実に再現するのは大切ですが、ちょっと考え方を変えれば模型制作がより楽しくなりますよ。


    ストップランプはクリヤーパーツではないので、タミヤのMP4/5Bから流用しました。
    内側にメタルックやハセガワのフィニッシュシートを貼りこんでから接着すると、キラッと光って良い感じになります。
    カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    15年12月16日-16年5月15日 タイヤ・ブラックボックス周り制作
    0
      昨日今日はお城で舞踏会(ホビーショー)をしているのを横目に、自分は仕事とこども会です。
      ちなみに日本GPの日も、こども会のイベント日になりました(泣)


      ホイールはガイアのつや消しブラックを吹いた後に、クリヤーオレンジを吹きます。エアバルブはさかつうのNo4497番化粧六角ナット。ピレリロゴですが、このテスト仕様の場合まだPZEROはありませんのでカットします。
      ちなみにタミヤの一連のタイヤデカール、トロンのデカール軟化材ではニスが上手く溶けないんですが…?かなり強力なニスですね。


      インナーのエアボックスは塗装までしたのですが、カウル内側に干渉して閉まらないので、泣く泣く削って再塗装。
      カーボン塗装を施します。


      ブラックボックスコネクターはTopスタジオの1/12-1/24エレクトリックコネクターAとBに0.26mmエナメル線組み合わせです。その後塗装ですが、以前ヘッドカバーにほどこしたエナメル筆塗りでは、やや存在感が欠ける気がしたので、メッキシルバーネクストを素地の上にそのまま塗り、ガイアのクリヤーイエローをうっすらとオーバーコートして仕上げました(ここで注意したいのはキンキラキンの金色にしないこと。エンジン周りでコネクターだけが浮いて妙な違和感が出ますので「うっすら」がポイントです)
      ブラックボックス自体はコネクターを付けたせいでエアボックスに干渉するのでダボよりかなり前側にエクセルエポで接着しています。

      左右のコネクター関連は、さかつう0.7mmフレキシブルワイヤーに六角フランジ4453・六角フランジ4455・六角フランジテーパー付き4463・1.0mm真鍮パイプ他を適当に組み合わせて制作(さかつうパーツはミッチャクロンを吹いてからガイアのクリアーブルーをエアブラシで吹いています)
      ブラックボックス横にマスキングテープで仮止め・位置決めしてからモノコックに沿わせ、ケーブルにエポキシ接着剤(エンジンを付けたら見えなくなる所)を付けて固定しました。
       
      カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 19:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      京都模型の匠展 第二章&日本旧車会ミーティングに行く
      0


        プロモデラーのKen-1さんが、参加されている展示会「京都模型の匠展 第二章」を見に京都国際マンガミュージアムへ行って来ました。
        2回目との事で、オート・キャラ・AFV・シップ・エア等ほぼオールジャンルの展示でした。
        展示方法も美術館独特の格調高い感じ、1点1点をじっくり見るには非常によかったです。
        ケースに入っているので、万が一の破損も少ない筈で、制作者も安心ですね!ただ写真撮影出来ないのでちょっと残念でした。
        この京都国際マンガミュージアム、膨大なマンガが収蔵されており、僕の好きな吾妻ひでおもありました。ゴールデンウィーク中もやっていますので、興味ある方は是非行ってみてほしいと思います。

        そして念願のKen-1さんの樹海…もとい模型ファクトリーにおじゃまいたしました。モデラーとしては最高の環境でしたね!模型裏話や、使いやすい機材等を教えてもらいました(帰宅後ネットで検索すると廃盤…おーい(泣)モデルカーズ様には是非模型部屋特集をしてもらいたいですね。


        そしてモデルカーズ掲載の最新作日産R92CPとガゼールシルエットを見せてもらいました。改造でもスクラッチでも、その車個々の印象を一発で再現してしまう事がKen-1さんのストロングポイントですね。
        スクラッチって、寸法が図面通り・細部が正しくても、似てなきゃ意味ないんです。僕は400Sカタナでイヤと言う程味わったんで(笑)
        帰りに、タミヤのポルシェ959を譲ってもらい、近所のうまいラーメン屋でだべり帰宅しました、非常に楽しかったです、またやりましょう!


        ちなみに今日午前中は、以前から行ってみたかった、奈良の日本旧車会ミーティングに行きました(アップはしていませんが、近所の旧車イベントには割と見に行っています)





        やっぱりオートバイは良いですね!

        ちなみに僕のベンリィ50Sは現在こんな感じになっています。うーんカッコいい(自画自賛)
        カテゴリ:個人的な事 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        16年3月30日-4月24日 塗装デカール&ばくおん!!CB400SFモデグラリベンジ
        0
          苦節8年、やっとここまで来ました。

          ブラックはソフト99のT-112(トヨタ用202)です、8年前のをそのまま使いましたがノズルが詰まっていたので、ラッカーシンナー(クレオスの薄め液ではなく、ペンキ用のキツい方です)を垂らしてから、ハリでツンツンしたら復活したでそのまま吹きました。
          ミラーは今はなきZモデルの1/43砲弾型ミラーセットです。
          米粒みたいなミラーに0.4mmの穴を開けてステーをつけるという中々な物ですが、世の中にはステーを翌断面形状にしてしまう方もいるので、1/43の奥の深さを感じます。


          デカールは昔購入したタメオのデカールのストックを貼っています。長く生産されている為か生産ロットで黄土色の色味が違うので、デカール系はスペアを持っていた方が後々役に立ちます。


          ノーズを伸ばしたので、デカールの合いがややシンドく切り貼りですが、かなりイメージに近くなっています。


          名古屋の師匠しょーじさんが、今月のモデルグラフィックス、2016年6月号に掲載されました。
          今回は、ほぼフルスクラッチのCB400SFスペック3でばくおん!!の羽音の愛機を完全再現しています。
          前回と何処がちがうん?と言う方。「モデラーというモノは、違いを知ってしまった以上とことん突き抜けてしまうものなんですよ…。」是非前回のモデルグラフィックス2014年11月号と2016年6月号をそろえてモデラーの真髄を体験してください!

          しかし今月のモデルカーズKen-1さんのガゼールシルエット(前回はニッサンR92CP!)、モデルアートHIGH-GEARedさんの(1/700!)、先日のF1モデリングのブルヌーブさんといい…、凄すぎてゾクゾク来ます!
           
          カテゴリ:1/43ロータス79 | 23:57 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
          F1モデリングVol.64発売&アニメ視聴記
          0
            F1モデリングの模型コンテスト、4月8日発売のF1モデリングVol.64で発表になりました。

            素晴らしい作品が目白押しです、トップの方はビッグスケールが多いですね。
            展示会でも思いましたが、大きなスケールは強い!1/20の中に、ドンと大きなスケールがあると迫力があるし、その中で目を引くアイデアや作り込みがしっかりしていると目立ちますね。
            また、ネットで見たことがあるのが多いのも特徴で、お世話になっている雅ビルヌーブさんもトップ10で候補に!実力ある人がちゃんとその位置にいるという印象です。

            F1はBS放送が終わってしまい有料化、模型を作る方も少なくなってきていて、こういったイベント事で是非とも盛り上げて貰いたいです。作るきっかけさえあれば、制作中をネットにあげたり、展示会に持っていけますからね。
            また模型ファン的には、いつもこのぐらい模型ページがあると良いですね(F1モデリングというぐらいだし)誌面にも出ていた上村先生のレベル1/24FW19なんて当時ものすごく衝撃を受けたし、模型版グッドウッドなんて面白いと思うんですが…。

            あ、ちなみに私のコンテスト結果はというと…、見てみたい方は是非F1モデリングをご購入下さい☆


            アニメ視聴記
            2016冬期視聴ほぼ完了
            ガンダム鉄血のオルフェンズ
            この素晴らしい世界に祝福を!
            亜人
            だがしかし
            僕だけがいない街
            おしえて!ギャル子ちゃん

            オルフェンズ、オルガと三日月の熱い×クールキャラは好きです。作画の重々しい動きは迫力がありますね(CGでも良いんですが、やたらに動き回るのはどうかと…やっぱりロボット系は動きにタメがないと)2期決定ですが、どういう方向になるんでしょうか、今から楽しみです。
            このすば、12話やってほしいぐらい最後まで楽しめました。キャラが立ってる、ギャグが素晴らしい、9話のサキュバスは至高。
            亜人、視聴中ですが、「シドニアの騎士」と同じくポリゴン・ピクチュアズの作風にあっているとおもいます。こういう裏のあるおじさんが出てくるの、大好きです(いわゆる押井作品系)。
            だがしかし、1話は変なパロばかりで微妙だったんですが、見ている内にはまりました。駄菓子も買いに言ってしまったし。サヤ師とほたるさんも良いんですが、ココノツととう君の、ドリフのばか兄弟並みの掛け合いが一番好きかも(笑)
            僕いな、こちらは中盤までものすごく面白かったのに、最後でうーんという感じでした。なんとかいうか全員出てきて内容の答え合わせ的で、きれいサッパリ収まってしまったのが残念でした。
            ギャル子、面白いはおもしろいんですが、やや品がない気がします。

            2016春期、
            ばくおん!!、マクロスΔ 、機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096、ニンジャスレイヤー、宇宙パトロールルル子、キズナイーバーという所でしょうか。TRIGGERが3作品(厳密にはニンジャスレイヤーは期違いだが)ですね。とりあえず1話目あたりを見始めてますが、ばくおん!!は問答無用で視聴です、マクロスΔ、先に書いた(CGでも良いんですが、やたらに動き回るのはどうかと…やっぱりロボット系は動きにタメがないと)ですが、「あいつ踊ってやがるっ!」で「Gooooood!!!」視聴決定です。
            カテゴリ:個人的な事 | 22:52 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
            奈良模型愛好会「第七回 春展」に行く
            0
              久々のバイクでエンジンが掛からず、「とうとうレッカーか!?」と言う危機を乗り越え、行って来ました。
              ちなみに見学後バイクはそのままドック行きです(泣)


              展示場所はいつもの所から奈良県社会福祉総合センターに場所を移しての開催でした。




              豪華オールジャンル。



              ツヤありの飛行機モデルも良いですね。



              Zはいつか作りたいなあ。

              F1モデル関係、展示会では非常に珍しい43モデル!歴代フェラーリからティレル・BAR・ウィリアムズがありました。


              希少なロッソのフェラーリ642、タメオと見比べる事が出来るのが嬉しい。

              HIGH-GEARedさん、先日の新年会のが完成しています。
              巷の完成品ミニカーは沢山ありますが、展示会で見る43はなにか違いますね、制作意欲が湧いてきます。



              1/20では、今年はマットカラーのレッドブル、やっぱりツヤツヤメタリックブルーの方が好きですね。
              ベネトンB192、カウルが外れてエンジンが見えるのがF1好きとしてはたまらない!
              この年代のタミヤキットは、高額になってしまったF1プラモデルの中ではお買い得な上、存在感あるエンジンも再現されている一番良き時代のF1です。
              自分もストックがあるので、1〜2日でサラッと作るのも楽しいかも。



              そして今回の目玉はこれ、激走ルーベンカイザー(!)
              映像もOPEDがyoutubeにあるだけで、本編はビデオにもなっていない今では幻のアニメです。
              制作を始めた所だそうで、会の方々に意見を伺っていましたが…、皆様言いたい事言うコト(笑)奈良模型愛好会恐るべし。
              そこで私も、70年代好き&多輪車専門家(笑)なのでちょっとお手伝いを…。


              写真を撮らせてもらったので、家の1/24のキットの写真と同じ縮尺で合成して並べて見ました。
              大き目の画像にリンクさせたので、プリントして検討などにお使いください。

              現代レベルの完成度で作り上げたいとの事で、やっておきたいのは埋まっている所の開口・薄々、ハセガワやWAVEの1/24F1からのパーツ流用(タイヤのチョイス等、制作者のセンスが重要ですね)という所でしょうか。

              当時のレギュレーションやアニメ設定通りのボディ改造も考慮中との事。
              F1モデラーならではのお知恵もお願いします!との事でしたが…、やりすぎるとプレッシャーが半端なくなりますよー(笑)

              試行錯誤の70年代F1なので、模型制作も試行錯誤で、楽しんで(一般人はこれを変態と言う)制作すると良いのではないでしょうか!

               
              カテゴリ:個人的な事 | 01:40 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
              15年5月-16年2月 シートベルト・ヘッドレスト制作&ドリパス
              0
                シートベルトだけで半年、なかなかの制作ペースです(笑)


                シートは90年代タミヤF1のお約束の非常に良いモールドですが、自分色を出すため彫刻刀で削り、180番のペーパーからはじめて800番ぐらいまで磨いてならします。


                シートベルトはいつものアクステオンの1/24シートベルトセットに釣り用鉛板。
                ちなみにこの釣り用鉛板、色々厚さがありまして1/24〜20スケールなら0.25mmがベストだと思います。


                ここから塗装なんですが、今回はこんなツイートを見かけた(勝手にリンクすみません)ので、塗料を変えてみました、ソフビ用塗料です。
                この鉛シートベルト、くたっとした表現には最適なんですが、鉛なだけにすぐ曲がってしまい塗料にヒビが入ります。なんとかならないかなと思っていたところなんです。
                ソフビ用塗料には東急ハンズで購入したナガシマ製(イリサワ製も裏面みたらナガシマとかいているので多分同じでしょう)を使用してます。
                いつもの通り、ホワイトを筆塗りしてから、ブルー(クレオスのフラットベースを適宜混ぜています)を筆塗りしました。


                結果は…、なかなかの柔軟性!いままでシビアだった取扱がだいぶ楽になりました。
                これ以前アップしたタイヤデカールの保護、ソフビカラーのクリヤーでも行けそうですね。


                ヘッドレストは塗装を楽にする為、おゆまる(最近品薄です…)でかたどってシアノンDWにHGパウダーで複製しました。

                昨日、ドリパスを使って、花の詩女 ゴティックメードを見てきました。
                本公開時に見に行った時と全く印象が違い、「こんなに面白かったったっけ??」でした。
                あらためてファイブスター物語の奥の深さに、うなりました。
                展開はわかっているのに引き込まれる…、さすが永野先生マジック!一生ついてきます(笑)


                 
                カテゴリ:1/20ティレル020テストカラー | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                16年2月28日 タイヤロゴ再度貼り付け&谷左衛門さんティレル003
                0
                  まんべんなく手をつけていきます、今度はF60。
                  タイヤをボディに組み込んでみると、左フロントの失敗がやや気になり出しました。
                  内側ならたいしたことないんですが外側、しかもブリヂストン…、気になり出すととまらない(笑)

                  思い切って、全部剥がしてしまい(ガムテープぺたぺたで剥がしてから、クレオスのうすめ液で綺麗にします)、試してみたかったデカールを使います。
                  エッフェの1/20タイヤデカール(BS)、ニスが無いのが特徴です。
                  フジミのでも良いんですが、サイズやフォントの詰まり具合が気になっていたところ、この商品を発見。


                  さっそく貼ってみたところ、ニスの妙なきらきらもなく非常に良いです。
                  右左や回転の方向を間違えて貼り、2台分出来なくなってしまったのがイタイですが、仕上がりの差は歴然。
                  その後保護用のクリヤーをかけて終了です。

                  ちなみにサイドウォールの保護クリアー、色々試行錯誤しているんですが、私はマイクロスケールのデカールリキッドにクレオスフラットベースなめらかを少量まぜてエアブラシで吹いています(シンナーはソフト99のスプレーシンナー)
                  ポイントはタイヤをしっかりうすめ液等できれいにする事。割と柔軟性と食いつきが良いので、普通のクリアー系で保護して気付いたらサイドウォールにヒビがっ!という方、試してみる価値はあると思います。

                  今月のモデルカーズ紀伊國屋谷左衛門さんの1/12ティレル003が掲載されています。
                  ホビージャパンにも、のもけんさん作例が載っていたし、模型と時間さんもエブロのを製作中と、ティレルが再びアツいですね。
                  記事には、模型店に伝わるこの車の真のよびかた(!?)ティレルブルーの塗装法、無いロゴの意外な流用元など、読みどころが満載です、是非。





                   
                  カテゴリ:1/20フェラーリF60 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  | 1/120PAGES | >>